2004年 10月 25日

LOVE,じろー

土曜日→吉祥寺。
発表会前の後輩の練習を見に行く・・・のが、まぁ1番の理由で。
2番目の理由、じろーを食べるため。

 解説
  S大生、KO生なら誰もが知っている「じろー」とは、
  都内を中心にチェーン展開しているラーメン屋のことでアルヨ。
  一応食べ物のカテゴリーとしては「ラーメン」なのだが、
  その実態はまさしく「じろーという食べ物」としか言いようがないとかナントカ。
  特に吉祥寺店が異常らしいが・・・。
  ちなみに吉祥寺店は正式には「ラーメン郎」といい
  オヤジ的には「うちはラーメン二郎から独立したんだ」なのかもしれないが、 
  依然として「じろー」の愛称で親しまれている次第。
  
実際どんなもんかというと。探したよ!
b0024051_1495955.jpg


吉祥寺じろーの標準(小)は肉が5枚、野菜(キャベツとモヤシ)
そこに唐辛子がたっぷりと振り掛けられる感じです。
(浮世絵の「赤富士」を想像してもらうと分かりやすいかと。)
この写真のはチャーシュー(通称ブタ)が倍入ってるから
「ダブル」「ダブ」だね。
じろーの麺は・・・5ミリ角くらい、前はあったね。見た目讃岐うどん。
今はゆで時間を短縮するためとかでちょっと細くなった。
スープは超こってり、というか、油っぽくて、しょっぱい、辛い。

吉祥寺じろーをおいしく食べるためには、訓練が必要。
まず注文の仕方を覚えないと、恥をかくことになるのです・・・。

  (じろー好きな人のことを「ジロリアン」と呼ぶのは共通項らしい。)
  ジロリアンはそれぞれ「レシピ」を持っています。
  ちなみに私のレシピは結構普通。
  「こぶた からから 唐辛子少なめ あとは全部普通」
  がっつり食べたいときは・・・
  「こぶた 唐辛子にんにく普通 あと全増し」
  
  *こぶた=小さいどんぶりのチャーシュー5枚入り
  *からから=スープの味を濃くすること
  *あとは全部=野菜、油、にんにく
  *全増し=たっくさん入れてもらうこと

  つまりトッピングである
  肉 野菜 スープの濃さ 油 にんにく 唐辛子  
  の分量をそれぞれ呪文を唱えるようにおやじに指示すればよいのです。

  「唐辛子ファイヤードラゴン」というオーダー方法がある。読んで字のゴトク。
  今まで3人ぐらいそのオーダーをしてる人を見た・・・痔になるぜ、おい、って感じ。

店をやっているのは「じろーおやじ」(推定60)と「じろーおばちゃん」(推定65)の2人。
夫婦ではないらしい。おばちゃんはパートなのか。
おばちゃんはいつも不自然に顔が白い。それも名物な気がしてならない・・・。

前は1時間待ちが当たり前だったけど
最近はそんなに待たなくなった気が。麺が細くなったからなのか?
あ、前は肉が6枚だったと思うんだけど、記憶違いかなぁ?

土曜日のじろー。まぁなかなか。もちろん完食!
たまにそういうことがあるんだけど、唐辛子の味が違ったな・・・。
マニアックな感想だが・・・一緒に食べた後輩もそう言ってたから間違いないはず。
[PR]

by pocket-xiao | 2004-10-25 01:36 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 気をつけろ!      無事です! >>