WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 28日

気をつけてよね

取引先の下請けのデザイン会社に電話。
住所から見て、マンションの1室でやっている小さな会社と思われる。
何度か電話をしたことがあるが、いつも会社名を名乗らない。

「はい、もしもし」
「あの、ワタクシ●●の**と申しますが、△△さんは・・・」
「ごめんなさいねー、今会議中なので・・・ガチャ」

つーつーつー・・・。

「・・・えぇっ!?」
おもわず受話器に向かって突っ込んでしまいました。
そんな対応ってあり?
いや、無しでしょう。

ていうか、頭にくるなぁ。なんじゃそりゃ。
早速担当者に用件と一緒にメール。
「電話口で名乗らないばかりか、一方的に切られたのですが
どーいうことですか、これ?電話対応なってなさすぎますけど?」

30分後、その会社代表から電話がかかってきた。
どうやらその日は邪魔な営業電話が相次いでいたらしく
私からの電話も、そういう営業電話だと思ったらしい。
とにかく平謝り。につぐ平謝り。

確かにね、営業電話はうざいですよ。
その気持ちは、よく分かる。
でも、私、ちゃんと会社名も自分の名前も名乗り、
呼び出し相手の名前も具体的に呼んでいる。
私は代表とも面識がある。会社名、私の名前も知っているはず。
それを指摘すると、電話が鳴ったことにイライラして名前をよく聞かなかった、とのこと。

まぁ、いいよ。もう。
私だって、そんなにとてつもなく腹を立ているわけではないのだ。
ただ、同じ対応をされて、とてつもなく腹を立てる人もいるでしょう。
これから気をつけてほしい。いち企業として。
一度謝ったことですから、もうこれでおしまいにしましょう。

心の広いところを見せて、電話を切る。
その後メールでも侘びが来ていた。

電話は顔が見えない分、楽でもあるが、気も遣う。
というか、顔も姿も見えない分、気ぐらい遣え、というところかな。
仕事の電話なんか、特にだ。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-07-28 01:52 | 今日ノ出来事


<< 吾亦紅      求む、名医。 >>