WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 25日

TODAY

アンジェラ・アキの2枚目のアルバムを買った。
CDを発売日に買うなんて、何年ぶりだろう。
発売日を待ち望んで買ったCDなんて、何枚ぶりだろう。

アンジェラ・アキが好きなの人には気の弱い夢見がちなOLが多い、
みたいな下馬評?をよく聞くが、それもわからんでもない。
恋愛の歌も、失恋の歌も、いかにも女性好み。
でも、彼女の歌は結構辛辣だと思う。受け止め方の違いだけど。
20代後半の、あまりにも素直すぎる歌詞に
「そうそう!わかる、それ!」と共感するのか、
心の奥底を覗かれ、晒されたような感覚に陥るのか。

私は、どのアーチストに対しても後者の感情を持って迎えることが多い。
だから、何人かの女性アーチストに関しては
「好きだけど、聞いてて気恥ずかしい」ということがある。
自分と似たような想いが、他人が歌詞として書き、
歌として歌われて多くの人が聴いているということに。
たまに、「こんなの他の誰も共感できるはずが無い」というような
自分独特な、特殊、ともいえるような想いまで現れてくることがあるから、驚く。

で、アンジェラ・アキに話を戻す。
このアルバムに「Again」という曲があって(シングルでも出てるけど)、
ひとことで言えば「かわいい」曲。
安っぽい言葉かもしれませんが、ときめいちゃう、そんな感じ。
(↓かなりはしょってます。はしょりすぎなくらい)

  泣き笑い喜ぶあなたの顔をもっと見ていたい
  近くじゃなく すぐとなりで

  晴れも雨も嵐の中もあなたと歩いていたい
  後ろじゃなく すぐとなりで

  願いを叶えたい叶えたい叶えたい
  あなたと恋したい恋したい恋したい

  泣き笑い喜ぶ私の顔をもっと見てほしい
  晴れも雨も嵐の中も私と歩いてほしい いつまでも すぐとなりで

自分は「気の弱い夢見がちなOL」ではないと信じていますが
こういうまっすぐな気持ちを歌う彼女が大好きです。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-09-25 02:17 | いとし、しほらし、かはいらし


<< ステージハンズ      大丈夫ですよ生きてますよ >>