WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 13日

たけかんむりにいぬ

仕事上、名刺交換をすることが多い。
たまに相手に「ほぉ、良いお名前ですね」と言ってもらえるのがとっても嬉しい。
コンビニ店長時代、実店舗での研修初日、初めてレジで接客したお客様に
いきなり「素敵な名前ねぇ!研修中?がんばってね」と言われた時は
驚きもし、緊張も多少ほぐれた。
自分の名前に救われた貴重な瞬間。
手品の場では「芸名ですか?」と聞かれる。
そんなに芸名っぽくはないと思うけど・・・。お笑い芸人なら別だが。

下の名前の「漢字」について言っているのだと思う。
中学高校ぐらいのときは、自分の名前があまり好きではなかったのです。
私の年代は、ちょうど「~子」と、子のつかない名前が切り替わる時期で、
子のつかない名前にずいぶんと憧れたものです。
一番憧れたのは「みき」でした。「みお」とか「あや」「さおり」などなど。
私の母親は子のつかない名前なので、
なぜ娘の私には「子」をつけたのか、同じような感じで良かったのになぁ
などと思ったものでした。

今のハンドルネームというか、ニックネームは中学生の時に
同級生の男子がつけたもので、よく付けたものだと感心してます。
ドライな学生生活の高校時代は一切使われず、
大学生になり、またこのニックネームで呼ばれるようになって、
今は本名のようにポピュラーになっています。
その過程で、自分の本来の名前も好きになりました。
親はよくぞこの名前にしてくれたものだ、しかもこの字で。
そんな風に思えるようになりました。
正確には、音は母親がつけ、漢字は伯母が充てたらしい。

漢字にはいちいち意味があるから面白い。
私は、字に沿った生き方をしていれば、ずっと楽しく過ごせそうな気がする。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-13 01:10 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 大丈夫じゃないけど生きてますよ      無理なものは無理 >>