2007年 12月 15日

凛とする

12月14日の外の空気がとても心地良かった。
天気予報は「北風が冷たいでしょう」と報じ、前日の冷たい雨とあわせて
「本格的な冬の始まり」と天気予報士は伝えていた。
風速が1メートル増すごとに、体感温度が1度下がる。そんな豆知識も。

つまり、「とても寒い日」とされていた。
確かに、風は冷たかった。
でも、空気が澄んでいた気がした。
「凛とする」という表現が、まさにぴったりのような。
前日の重苦しい冷たい雨があがって、
ひんやりとした湿気が残る中に、新鮮な乾いた風が吹き込んできたような、
そんな感じ。
久しぶりに「空気がおいしい」と思った。
風が冷たくても、しばらくはマフラーなしで首筋に風を感じたい気分。
新潟や短い間でも青森では、こういうことは結構あった気がするけど、
東京では、珍しい。
たまには、わざと寒さを身に染みさせるのもいいかもしれない。

空気が澄んでいると思ったのは、仕事中にちらりと見えた夕やけがきれいだったことと、
その後の月が妙に綺麗だったこともある。
絵にかいたような大袈裟な弧の三日月が明るく見えて、
「あぁ今日の夜は冷え込むな」と思った。

きっと明日の朝も、寒いのだろう。
寒くて布団から出られないようなことは、東京にいてはまずないが、
たまにはそういう気分も味わいたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-12-15 01:08 | いとし、しほらし、かはいらし


<< what's your...      PC入院 >>