2007年 12月 29日

終わっちゃったけど

深夜アニメの「もやしもん」が絶品でした。
原作の存在すら知らず、結構有名な漫画だということも
ずいぶん後になってから知ったのですが。

身の回りの菌が見えるという特殊能力をもった農大生と仲間たちの日常、
みたいな内容で、別になんてこともないのだけど、
その、デフォルメされた菌達がかわいいのだ。
いかにもクレーンゲームのぬいぐるみになりそうな感じで、
でも、これが結構本物の菌の特徴をとらえていて絶妙。
毎回本編の後のショートコーナー「菌劇場」でもその比較が紹介されていたりした。

脇役のとある菌の声優をムーディー勝山が務めていた。
週にひとことふたことしか発しない、まさにちょい役ではあるが、
菌という他にないキャラにはぴったりで、かなり当たり役。
芸人としては面白くないと思うが、声優としてはなかなか良いと思う。

ちなみにこのアニメのオープニング映像が
マニアックな部分で高い評価を受けている模様。
現実の風景の中を、デフォルメの菌達がはしゃいでいる様子の映像なのだが、
菌ひとつひとつの影や金属への映り込みがちゃんと合成されている。
なんとなく「おぉ、すごいねぇ」と思っていたら、
同じ話題で3人と盛り上がることができた。

フジテレビ木曜深夜のアニメはあなどれない。
来年はどんなのがあるだろ。

ちなみにもやしもんの前の「怪~2」は最後の2話が素晴らしく面白かったですな。
船旅のはなしと、地下鉄のはなしが。
このシリーズは来年も続編あるんじゃないか?
[PR]

by pocket-xiao | 2007-12-29 01:52 | いとし、しほらし、かはいらし


<< どうも      ひさびさ休日 >>