2008年 01月 15日

変わりゆく、変わらないもの

先日、大学時代のサークルのOB飲みがありました。
「大学時代のサークル」といっても、1大学じゃなくて、
いくつかの大学の、同じことをやっているサークルの面子が集まっているので
なかなか幅広い学歴(質というか)と、年齢層。
最近全く顔を出していない世界だったので、
若い世代はもう、全くと言っていいほど分からないわけですが・・・。

2,3ヶ月前に会った人もいれば、3,4年会ってなかった人も。
現役時代、大勢で飲んで仲良くしていることはあっても
その後個人的に交友を持っている人が少なかったので、
久しぶりに会った人は、「あわわ、名前が、何だっけ?」ということもあり、
話しながら思い出したりしてました(←失礼)。

同期と1コ下が10人ぐらいいて、
ふと気が付くと、そういえばみんな社会に出て5,6年も経っていて、
転職をした人、結婚した人ももちろんいる。
そこそこ社会人な顔をして、会社の名刺を持っていて、
でもこうやって集まれば、いつのまにか何年か前と同じようにしゃべって、
飲んで、その結果酔いつぶれている。
そうそう、こいつはこういう酔い方をするんだったな、変わらないなぁ。

なんかみんな、変わっていっているようで、あまり変わらないものらしい。

30歳が前方にわりと近く見えてきたというのに、
学生時代とあまり変わらない人が多い。みんな若い。精神的にも。
例えば家庭を持って、家族が増えたりしたら、変わっていくのだろうか?
変わってもいいけど、たまにはこうして遊ぶのにも付き合ってほしいかな。

サークルっていうと、軽くてたかが知れているかもしれないけど、
私がそこで出会った人たちは、一生もの、な気がします。
また、飲もう。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-01-15 00:23 | いとし、しほらし、かはいらし


<< コーヒーがおいしくなるお年頃      ネイティブは抜けない >>