2008年 01月 21日

察してよね

仕事場のエレベーター。

今メインで働いている仕事場は3階建て。
事務所と倉庫が2階、売り場が1階と2階。
1日に数えきれないほど、1階と2階を往復している。
従業員エレベーターは1基しかないため、いつもフル稼働。
弁当屋やコカコーラのデリバリーや警備員や清掃員や
すべてのスタッフが使用するため、なかなか思うようにやってこない。
故に、基本的に階段を上り下りしている。

階段といっても、普通の1階2階の距離ではないのだ。
ほとんどの場合1階と2階の間に踊り場は1か所のはず。
ところが、そこには、1階と2階の間に踊り場が3か所ある。
スタッフが口々に「痩せた!」というのは、この階段のおかげ(せい?)なんだろう。

で、その、なかなかやってこないエレベーター。
2階で「↓」ボタンを押して、来たところで乗り込む。
うっかり、「1」を押すのを忘れてしまった。
そうしたら「行先ボタンを押してください」と機械的な声。

押すのはいいけど、2階で↓押したら、行く先は1階しかないじゃないのよ

と、ふと思った。
地下があるわけじゃないんだから。
単純な部分で気が利かないエレベーター。

でも、長いこと待たされると、乗った時に
「大変お待たせいたしました」と言ってくれる、
ちょっとした親切設計。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-01-21 01:55 | 雑言タハゴト


<< おかえりなさい、新橋へ      コーヒーがおいしくなるお年頃 >>