WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 04日

逃げるものは追わない、けど

仕事上で人を使う立場になると、
使われる立場の頃には考えたこともなかった状況に陥ったり
いろんなことに一喜一憂したり、思い悩んだりする。
ここ最近、バタバタと何件か続いた。

「けじめをつけてくれぃ」と思う。
自分と仕事の相性、それはあって当然だと思う。
合わなかったら、仕事をやめても、それは構わないと思う。
合わない仕事を不機嫌そうにやられた日には、不健全な職場になってしまうから。
「この仕事はどうも自分に合いません、辞めさせてください」
そう、一言、一言だけ伝えてくれればいいのに。

私は基本的には、「辞めたい」という人を引き止めたことがない。
一度心が離れた人を、引き止めることほど骨折りなことは無いし、
当人にだって迷惑だろう。
私だったら、引き止められたくない。
ただ、「今日1日最後まで仕事しよう」とか「今週末までいてくれる?」
「自分で勤務希望出したんだから、今月いっぱいは居てよね」と、
キリのいいところまでは居るように促す。
稀ではあるが、「来週末まで居てくれる?」とお願いしたスタッフが
「やっぱりもう少し仕事続けたいんですけど・・・」と言ってきたことがあった。
これは、嬉しかった。
「もちろんいいよ。いつまでも居なよ。思うことがあったら、何でも言うんだよ」
とそっけなく答えてしまったけど、ちょっと、泣きそうだった。

「今月末で辞めたいんですけど」と月末近づいた29日に言ってこられても困るのだ。
規定では退職希望は1ヶ月以上前に申し出ることと、そうなっている。
「先月末で退職させていただきます」と1日に一方的に連絡をよこされても、
誰がそれを許したのか?そんな後出し規定がどこにあったか?と問いたくなる。

会社員じゃないかもしれないけど、アルバイトも社会人なのだ。
仕事で責務を果たせないのなら、せめて誠実な対応をしてほしい。
責任を持って、説明責任を果たしてほしい。
そうしてくれないと、日数の長短は様々だけども、
その人を信じて仕事を預けた自分自身が情けなくなるから。
それに、もう二度と会うことはないかもしれないけど
「あの人は結局、ああいう人なんだよ」と誤解したままになってしまうから。
私はそう誤解されたくないから、これまでどの仕事も、円満退社してきた。

そしてこう、居なくなった人に対して腹立たしくなるのも、また虚しい。

今の仕事を始めて、まだ「使われる身」だった頃に
当時「使う身」の上司から言われ、忘れられないのが
「店は明日の朝も開く。
明日朝、アルバイトさんが一人も来なかったとしても
たとえ自分独りだとしても、お店は開けなきゃいけない。
そういう気持ちで毎日仕事するもんだよ」
5年前にはよく分からなかったことが、今は身にしみて感じる。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-02-04 02:29 | 雑言タハゴト


<< 手近にあるもの      観光地のうらおもて >>