2008年 03月 18日

社会人っぽい

バレンタインのお返しが来た。
人並みにバレンタインに会社の男性陣にちょっとしたものをあげたら、
(正確には2月14日はインフルエンザで休んでいたため、後日)
明らかに数倍の値段のものが返ってきた。
うむ・・・嬉しいがなんだか申し訳ない・・・。

  本社には4人の男性社員がいる。
  3人の営業マンと1人のデザイナー。
  ここ半年以上、私自身が本社にいないので、
  顔を合わせることも少なく、電話で業務上のやり取りをしているだけ。
  でもどうやら皆さん私の心身を心配してくれているらしく、
  なにやら色々と気を遣ってくれている。ありがたい。
  しかしたまに私の仕事に「過信しすぎじゃ?」というような節があるので
  ちょっと怖くなることも。
  私はうちの営業マンほど仕事好きじゃないし、できないし、やらないしw
  そんなに過信されてもねぇ・・・という感じで。
  信頼されているのは嬉しいのですが。

しかし会社でバレンタイン、というのもこっぱずかしいものですな。
私の場合は現場の勤務が終わった後、誰もいない本社に行って
男性人のデスクの椅子にこっそり置いてきたので、
面と向かって渡すほどのこっぱずかしさはないにしろ、やはりどうも。

こういう、イベントに乗っかったプレゼントのやり取りはとても好きです。
普段、声か文字でしか「ありがとうございます」を伝えられない相手に
何か物を贈ることで感謝を伝える。
ただ、「社交辞令上、あげますよ。お返しくださいよね」みたいな感じが嫌かな。
義理という言葉が良くないのか、「義理チョコ」というのが安っぽい響きなのか。
でも皆さん、ちゃんと返してくれるんですよね。ありがたいことに。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-18 02:20 | 雑言タハゴト


<< はしご病院      穢れ、の考察 >>