WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 30日

ことしのさくら

b0024051_1591285.jpg


今年はだいぶ寒かったので、さくらの時期も押すのかなと思っていましたが、
ほぼ通常通りの満開時期になりました。

  といっても、私のさくらカレンダーは時々新潟基準のことがあり、
  「満開は4月中旬」と思い込んでいるときがあります。
  あぁそういえばここは東京だったな、と。

会社の近くに、とても立派なさくらの木が1本あります。
枝ぶりがよく、花の付きもよく、見応えのあるさくら。
誰の厚意か、毎年咲きはじめから葉桜になるまで、ライトアップされています。
さらに小さな木のベンチまで置かれていて、ちょっとした憩いの場。

今年も春歌、さくらソングといわれる曲がいくつか出されたようですが、
一番は中島美嘉の「花霞」です。
彼女はそんなに日本人顔でもないし、かなり薄い色のカラコンをして、
感情の分かりにくいアーチスト、という印象があります。
3年前に出した「桜色舞うころ」という曲が、じぃんと心にしみて、
「この人はきれいな日本語の歌がぴったりだなぁ」と思いました。
その後映画NANAで女性ロッカーに扮しましたが、
それは全く興味がなく(漫画も読んだことないし)、
やはり「日本語の日本的な歌を歌う」中島美嘉を待っていました。

花霞、とは。
たくさん咲き誇ったさくらの花が、
遠くから見るとぼんやりと白く霞のように見える様、という意味のようです。

   花霞 いま 伝えて
   私の心
   心配ないと 伝えて
   愛する人に

和歌で歌われるように、花に言葉や心を託す日本人。
その花の代表ががほんのひと時だけ咲き誇る「さくら」というのが、
深い意味は無いけど「日本人だなぁ」と思います。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-30 01:59 | 今日ノ出来事


<< 家電の寿命って      こりゃ美味い >>