2008年 05月 02日

人のせいにしない

仕事場の愚痴。

3月から、物事の決定権を持っている「マネージャー」という役職の人が常駐している。
それまでは現場に決定権を持っている人がいなかったので、
埼玉の現場で受けた話を大手町にあげて、そこでの判断をゆだねるという
実に話の流れの良くない状況にあった。
それが無くなって現場で判断できるようになるなら、いいことじゃないか!と思っていた、
の、だが。

このマネージャー(通称「西日本」)が、呆れるくらい仕事ができない。
見た目や口ぶりは、やり手ビジネスマン。
ここ1年ほど、打ち合わせなどで度々顔を合わせていたが、
それぐらいの付き合いでは、その偶像はなかなか崩れなかった、
の、だが。

ここ最近の西日本の仕事はかなりひどい。
「お願いします」と頼んだ手続きを逐一やってくれていない。
「前に資料お渡ししましたが」といっても「もらったかな」「どこいったんかな」。
このところは、その責を本部や別部所のせいにするようになった。
「あいつらがやってくれないから、俺も困ってるんだ」と言い張る。
「あいつら馬鹿やから何にも話が進まん」と。

そりゃ誰でも知ってる大きい会社だから、いろんな壁があることはわかる。
でも、その誰でも知ってる会社の中で勤続30年以上、
その本部の中でナンバー3の役職を持っている人が、そんな程度の仕事では、
西日本の人格もそうだけど、会社のあり方もどうかと思ってしまう。
そしてそういう会社の都合や体質を、自分を擁護する目的で
出入りの業者に言ってはいけないと思う。恥ずかしくないのか?と思う。
「あの手続きどうなりました?」という問に対して私が欲しい答えは
「YES」か「NO」(およびその理由と対策)か、いつ返事が来るか、だけであって、
「あいつら馬鹿だから・・・文句ブツブツ」ではないのだ。

そんなこんなで、結局3月以前よりも仕事が遅くてやりにくくなっていたりする。
なんだかなぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-02 00:23 | 嫌いだったり、苦手だったり


<< じんわり      幸せ電車寝 >>