WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 04日

じんわり

休みの日を利用して、VHSをDVDにダビングする作業を進めています。
基本的にはダビング中は見ていないことが多いのに、
懐かしいものなんかは他の作業の手を止めて見入ってしまうこともあったり。

昨日、大学2年生の時(99年)の学外発表会をダビングしました。
自分のとこも含めて、学生の発表会はたくさん見てきましたが、
この99年学外が1番好き。
(2番は00年学外・・・つまり自分が出ている発表会が好き。思い入れあるし)

発表会の本編自体は、実は今回のダビングではほとんど見なかったのです。
発表会が終わって、その後にメイキングシーンがだらだらと収録されていて、
その中に、発表会直前の円陣シーンがあって、そこをずっと見てしまいました。
お客さんを入れる直前、着替えやメイクを済ませて舞台上に集合し、
演者、裏方全員で円陣を組んで気合を入れるという、実に学生的な習慣。
それを客席にいるOBOGが拍手をして送りだす。

なんか、じんわり感動しちゃってね。
自分が頑張ったという証がそこにある。
その発表会の一員として、部員の輪に加わっていたという証がそこにある。
ひとつのものを作るのに、こんなに大勢で作ったことはなかったし
ひとつのものを作るのに、こんなに時間と労力をかけたこともなかった。
手品どうこう、じゃなくて、こういうの、いいなぁ、好きだなぁ、と心から思うわけで。

今からそこに戻ろうったって、仕事や生活を抱えている身では難しいし、
「無理は承知」のがむしゃらな気持ちや学生的な変な体力も無い。
年相応に増えていく、いろんなしがらみを纏い続けているような気がします。
「昔はよかったなぁ」と、年寄りみたいなことを言ってしまうけど、
まぁそれもいいんじゃないかと思います。
実際、昔は良かったのだから。

でも、その昔があっての今だから、今も十分に楽しいです。
10年後に今の自分を振りかえった時に「昔は良かった」と言いたいので、
今も年相応にいろんなことを楽しんで頑張りたいものですな。

・・・とか、9年前のビデオからそんなことを思いました。
9年前の自分、なんか、ひどいものでした・・・いろいろ。

ちなみに昨日は、小学生の時から後生大事にしてあるとあるビデオを
17年の時を経てDVD化しました。1991年放送のもの。
17年間もよく持ちこたえたよ。TDK偉い。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-04 00:58 | いとし、しほらし、かはいらし


<< ひとりじゃ怖くて      人のせいにしない >>