2008年 05月 18日

探し物は

見つからないことが多い。

大学時代の資料を引っ張り出そうと思って、
「ここにしまったはずだ!」と自信のある場所を探したのに
関連したものも一つも出てこない。
結構物持ちいいはずなんだけどなぁ・・・。
卒業してから2回引越しをしているので
その過程で捨ててしまったものや実家に送ったものもあるんだろう。

欲しい物は見つからないのに、今は必要じゃない物珍しいものがたくさんあった。
多いのがお芝居やショーのパンフレットとチラシ。
11年前から年に数冊ずつたまっているはずの歌舞伎座のパンフレット。
(ちなみに歌舞伎座のパンフは月の前半と後半とで違っていて、
後半のパンフにはその月の公演写真が載るので、大体後半に行っている)
スーパー歌舞伎やその他猿之助の絡んだ演劇のパンフ、
シルクドソレイユやリバーダンス、京劇、たまに見に行くミュージカルのパンフ。
さらにたまに行く博物館や美術館の図録。
本はほとんどないが、パンフは多いね、この本棚は。という感じ。

パンフレットには大体、チラシも一緒にはさんである。
公演やコンサートに行くと束で渡される予告チラシはすぐに捨ててしまうのだけど、
その時見た公演のチラシは必ずもらって、取っておく癖がある。
これは治らない収集癖。だって1枚じゃなくて5枚ぐらいずつはさんである。
たまにチラシがものすごく(デザインや紙質が)凝っているものとかもあるし。
もちろんチケットの半券もはさんであるか、別保管している。
父親か母親か、どちらがやっていたかは知らないが、
家族で遊びに行ったときの遊園地や博物館の半券がアルバムにはさんであって、
子供心に半券は取っておくものだ、と思い込んだのかもしれない。

12年前のチラシが見つかって、9年前の大事な資料が見つからない有様・・・。
ちゃんと資料整理しなきゃだめだな。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-18 01:29 | 雑言タハゴト


<< お酢習慣その後      今日のおやつ >>