2008年 11月 03日

検定終了

受けてきました江戸文化歴史検定。
3級と2級併願で、2回試験を受けてきたわけですが、
自己採点の結果、3級は取れてるみたいです。
2級は9問正解足りず、撃沈しました。
まぁまた来年受けまさぁ・・・。

言い訳がましくも、今回は完全に準備不足。勉強不足。
公式テキストを買わず(←これが一番の敗因のような気がする・・・)、
身の回りの資料だけで何とかしようとか思ったのが甘かったですなぁ。
やるぞやるぞと言いながら、勉強したの実質1週間ぐらいで、
江戸時代260年間のおおまかな流れすら、大学受験の記憶が戻らないままだった。

 ていうか自分の、大学受験前の日本史の暗記っぷりが凄まじかったことを
 10年の歳月を経て再認識。
 当時の問題集、書き込みも印もほとんどついていなくて、
 自分流の使い方でのそれは「覚えている、分かっている」ということなので、
 実に多くの歴史上の単語・人名を覚えていたことになる。
 ・・・自分やるねぇ。

来年はもうちょっとまじめに、時間を取ってやります。

ネックとしては、私、非常に幕末が苦手でして。

そもそもなぜ江戸時代に興味があるかというと、
リアルと虚像がいい感じに混ざり合っている加減が好きだからなのです。
まだ写真がない時代、記録も誇張や栄華や差別などに左右され、
本当かどうかも分からないけど妙に事細かだったりするのが良い。
「ホントかよ!?」って思わず突っ込みたくなる加減。
そこいくと幕末は、もう記録もばっちり、写真もばっちりの時代で、
しかも複雑で、外国人も絡んできたりするから、もう訳が分からん。
想像の余地が狭い、というのか。

なので、今年は幕末は平然とパスしてしまった結果、
2級の後半に連続出題された幕末に関する問題が全滅に近い状態でした。
サービス問題的なのも2,3問あったのにねー・・・それすら分からないという。

来年は幕末も含めて。しかしこの苦手意識をどうしたらいいもんか・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-11-03 17:09 | 今日ノ出来事


<< 行楽の秋でしょ      健康増進キャンペーン >>