2008年 11月 30日

おつかれさまでした

仕事がらみっぽい話。

11月30日で0系新幹線が定期運転から引退しました。
ネットで動画ニュースを見ながら、ちょっとほろっとしちゃいました。
誕生して44年間、日本の高速輸送の土台を支えてきた、
あの丸鼻の可愛い顔の車両が、ついに一線を退いたのです。
おつかれさまでした、と心から思います。
同時に、時代の移り変わりを感じざるを得ない出来事でした。

新幹線は今でこそ、スピード重視の流線型のものが主流で、
西も東も、ぬめっとしたデザインの車両に変わってきていますが、
やはり新幹線、といえばあの丸い先頭車両が印象としては強いです。
(ちなみに、あの丸鼻は飛行機の頭部分を参考に作られたらしい)
仕事柄、写真や実物で車両をたくさん見ていますが、
やはりあの可愛らしさは特別です。日本らしいとも言えるのでは。

0系の新幹線のことは、デビュー当時「夢の超特急」と呼ばれていたそうです。
新幹線が旅行にもビジネスにも一般的になった今、
「夢の超特急」なんていかにも昭和のフレーズだけど、
当時いかに期待を背負わされていたかが分かります。

仕事場にも、頭部分だけ(後ろが切断されている)の0系があります。
随分古くから、この状態で展示保存されてるらしい。
私はこの頭だけの車両からものすごく強い念を感じてしまい、近寄れないのです。
胴体を半分以上切られた状態で、展示室の端っこにいるもんで、
切ない上に目立たなくて、なんだかかわいそうに思ってしまうのです。
今度は丸々1両を展示するとかしないとか、という噂もありますけど。

さすがにそこまでの鉄ヲタではないので、来月の記念運転を見に行ったりはしませんが、
(ちょっと行きたいとは思ったけどね・・・)
感謝と慰労の思いでラストランを見守りたいと思います。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-11-30 23:55 | いとし、しほらし、かはいらし


<< 新橋飲み      思い出し話 >>