カテゴリ:雑言タハゴト( 348 )


2011年 01月 30日

そういう意味じゃない

カフェ(いわゆるプロント的なやつ)でお昼を食べていた時のこと。
隣のテーブルに就活生2人と、20代後半くらいの男性が来た。
どうやらOB訪問、のような雰囲気。

年上の男性が2人に向かって、
「何飲みます?何でも好きなものいいですよ」
と言った。
この場合、ちょいと常識をわきまえている若者であれば、
「コーヒー(=一番安い飲み物)で」
と言うはずである。

1人は「ホットコーヒー」
もう1人はしばらく考えて「アイス抹茶ラテ」とオーダー。

隣で聴いていて思わず固まる。
「好きなものいいですよ」は社会ではそういう意味じゃないぞ。
就職難で大学は就活生の指導を一生懸命やっていると聞いていたけど、
こういうことは教えないのかしら。
OB訪問だから油断した?
いや、でもOB訪問が直接就職に結びつくこともあるというし、
油断なんかしちゃいけないよな。

もちろんそのお兄さんはアイス抹茶ラテを持ってきてくれたけど、
本当に「好きなもの」は自分のお金で飲みなさいね。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-30 22:14 | 雑言タハゴト
2011年 01月 25日

あらこのおいしいもの。

名古屋の家の近所にケーキ屋さんがありまして、
毎朝そのケーキ屋さんの前で信号待ちをするのが、ちょっとした幸せ。
スポンジを焼く良い香りがするのです。
夜はフルーツケーキか何かを焼いているのか、洋酒のいい香りがします。

21時閉店までにたどり着いたら、必ず外からシュークリームの有無をチェック。
あったら2個買う。もしくはシュークリームとプリンを1個ずつ買う。
ここのシュークリーム(ちなみに名前は「あらこシュー」)が美味しいのですよ。
ハードシュー(シュー生地が固いもの)に、注文してからクリームを詰めてくれます。
シュー生地が売切れたら、その日はおしまい。
閉店近くまでシュークリームがある日は珍しい。
だから、20時以降に覗いて、残っている日は迷わず買っちゃう。

たまにケーキも買うのですが、この前、季節の商品で苺のミルフィーユが
ショーケースの一番上に並んでいて、シュークリームだけ買うつもりが、
ミルフィーユも買ってみる。

 ちなみに、私の人生の目標の一つに、
 「人前でミルフィーユをきれいに食べられる人になる」
 というのがあります。
 ミルフィーユは本当に難しい。
 たまにナイフを添えてくれるお店もあるけど、それでも難しい。。。
 あれをボロボロさせずにきれいに食べられたら、素敵な大人、って感じがします。

そんなこともあり、果敢に挑んでみる。
・・・・・!
このミルフィーユがびっくりするくらい美味しかったのです。
なんだろ、パイ生地もクリームもすんごい美味しいのはもちろんなんだけど、
両側クリームに挟まれている真ん中のパイ生地だけ、層を厚めにしてあるのか、
全然へなってなくて、ザクザクした食感がたまらんく素敵。
しかも、わりと食べやすかった。
それだけ美味しくて400円くらいでした。

ここのシュークリームやケーキばかりを食べているので、
&たまにおつかいものにも買ったりするので、
デパ地下に全く足を運ばなくなりました。
まぁ、デパ地下は東京とほとんど変わらないしね。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-25 00:52 | 雑言タハゴト
2011年 01月 19日

這々の体

先週末、私事で東京に出ていた、その帰り。
夕方新宿を出る高速バスで名古屋に向かったのですが、
浜松の手前から、外は雪模様。
ほぉ、静岡のこの辺でも雪って降るんだねぇ、
なんて吞気に思っていたら、バスが進むにつれ、吹雪状態に。
高速道路は当然速度規制がかかり、渋滞。

のろのろ進むうち、ようやく愛知県には入った。が。
「この先、名古屋高速は雪のため全面通行止めです。下道を行きます」
といことで、岡崎で下される。その先さらに渋滞の国道。

本来22時半に名古屋に着く予定が、2時間遅れの24時半着。
(JRなら特急料金を返してくれるのに・・・)
家まで帰る電車は終電もなく、しょうがないなぁ、タクシー・・・、
と思ったらタクシープールが空っぽ。
いつもあんなにたくさん車があるのに。
しかも5分に1台くらいしか回ってこない。

だいぶ待って、ようやく乗車。
待ち始めてから乗るまで、あえて1度も時計を見なかったけど、
乗った時にメーターの時計を見たら、1時間待っていたことが判明。
しかも財布の中をよく見ずに乗ったら、ものすごいぎりぎりの精算。
あと2メーター上がってたら、払えなかった。。。

アパートの周りは除雪なんてしてあるはずもなく、
10cmくらい積もった雪の中を普通のスニーカーで歩き、家到着。
午前2時近く。
這々の体、ってこれだよね、としみじみしちゃいました。

そういや、雪に慣れていないせいか、駐車場の多くの車のワイパーが下がったままでした。
あれじゃ、凍みて翌朝動かんぜ。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-19 01:04 | 雑言タハゴト
2011年 01月 12日

理由は、窓じゃないですか?

レオパレス(=名古屋アネックス)が寒いったらありゃしない。
何でこんなに寒いのよー。
風邪ばっかり引くのはこの寒さのせいもあるに違いない。

エアコンはあるけど、ぬるめ。
お部屋が暖かくなってきたかな?と思うと、勝手に止まりケツカル。
おかしいなぁ、青森の時もレオパレスでエアコンだけで暮らしてたのに。

と、思ったら、これは窓だ。
名古屋レオパレスにはベランダが付いているため、
高さ200の窓が付いているのだ。
しかも、一重窓だ!
(青森は腰高の窓に2重サッシだった)
ここから熱が逃げている気がする。。。
カーテンを全部閉めて寝るのが好きではないので(朝になっても暗いのが苦手)、
半分開けて寝るのだけど、これも部屋を冷やしているんだろうな。。。

今日はあまりにも寒くて寝巻にセーター重ね着しちゃいました。
なので、今はちょっとぬくい感じ。

しかしエアコンは乾くなぁ。カサカサする。
でも、寒いよかましだ。

追:
すっかり忘れてましたが、年末にTRAVEL~更新しました。
まだ去年のネタが何件か未掲載です。じきにやります。。。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-12 23:38 | 雑言タハゴト
2011年 01月 11日

来年読んで苦笑いするに違いない

今年やること。やったほうがいいこと。やんなきゃいけないこと。

自分
・本厄のお祓い。6月頃かな。
・4月までに体重と体形を3年前の状態まで戻す。
・大人ニキビを何とかしたい。最近また酷い。
・気まぐれであちこち、カメラ持って出掛けたい。
・2月に北海道再訪!今度こそタウシュベツ川橋梁に会いに行くのだっ。
・若づくり。
・たくさん歩く。
・無駄遣いをしない。間違いなくすると思うけど。
・コンビニのものより冷蔵庫の中のものを食べる。
・舞台を、古典の舞台をたくさん見たくなったから、そうする。
・軽めの花の演技をもう一つ作りたいけど、時間的にどうかな。
・赤いバラを黒い衣装で、ということ以外は何も考えていない。
・何故って、SK大学の学園祭ステージに返り咲きたいから。
・江戸歴史文化検定・・・今年こそ2級受験したい。
・もうちょっと葬祭儀式に詳しくなりたいな。
・ふるさとを大事に思う。
・私をめぐる大事な人達のことを、大事に思う。

仕事
・3月~8月は忙しいよ。というか忙しくならなきゃ困る。
・そんで見返してやる、奴を。偉い人を。
・10月から東京に戻れるはず。
・惜しまれつつ、出向復帰したい。
・ビジネス喧嘩上手になる。
・春になったら新しいスーツ買お。3ピースが欲しい。
・良い仕事仲間は手放さない。
・媚を売るではなく、天然状態で気に入られる。
・そろそろ鉄道以外の仕事がしたいよ。

全部
・上手く無理をし、下手に無理をしない。
・信用すべき人をもっと信用する。
・何事にも「幸」と「楽」を。で、それが周囲に伝播するといいな。
・人生たいしたことはない、心配することもない。

書いたとて、それがどうであれ達成感に浸ったり反省もしないのですが。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-01-11 01:08 | 雑言タハゴト
2010年 12月 26日

心が広いのか・・・?

JR東日本の構内で、いま頻りに映画「アンストッパブル」の広告を見る。
宣伝見ただけですけど、この映画は、
危険物を大量に載せた貨物列車が大暴走してもう大変!という内容らしい。

そんな鉄道事故映画の広告を駅張りするのを、
よく鉄道会社が許したよね・・・ということをふと思ってしまった。
(正確にはJR東のグループ会社が広告枠売ってんのだけど)
たぶん、「鉄道は安全な乗り物である」を重視する東海はNGだろうし、
ましてや事故に敏感なはずの西もNGだろうし。
東は心が広いのか、それとも偉い人が気が付いていないだけかもしれない。

Suicaみたいな鉄道系電子マネーの広報担当者とお話をした時のこと。
東~九州の電子マネーキャラクターはペンギンやら飛べない鳥だったり、
カエル(九州のSUGOCA)だったりするのに対し、
北海道のキャラクターは空を飛ぶ「エゾモモンガ」で、
改札の上を飛び越えていたりするようなイラストのポスターがあるらしい。
しかも尻尾でつり革にぶら下がっているイラストもあるらしい。
担当者いわく。
「そういうイラストが広報用に存在するなんて、
うちじゃ考えられませんよ。」

なるほどね、と思った。
鉄道のマナーや倫理に反するものはNG、そりゃそうよね。
この話を聞いた直後だったから、
「アンストッパブル」のポスターに対して「おぉ?」と思ったのです。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-12-26 00:32 | 雑言タハゴト
2010年 12月 20日

なんだろ、これ。

今年もあと10日ばかりだというに、全くそんな気がしていない。
こんなに節目を感じられないのは初めてだ。
住所が変わったから、本当はお知らせ出さなきゃいけないのに、出せていない。
しかも年賀状を用意する気すら今のところ、無い。
クリスマス前は毎年もっとうきうきしてたけど、
今年はケーキ屋さんのショーケースを見ても、実感なし。
うきうきしない。

なんだろうなぁ、これは。
歳かな。バイオリズムかな。
別に生活に疲れ果てているわけではないし、
仕事に追われてはいるけど、追われているということはカレンダーを見ているわけで、
日付も曜日も、ちゃんと感覚はある。
そのカレンダーに後が無い、ってことがよくわからない。

毎年、この時期になると、1年振り返り企画をやっていますが、
年末という気がしないので、振り返る気がしてない。
もう少し日が迫ったら、実感がわくのだろうか。
まぁ、ぼんやりと思うのは、
1年前はついこの前に始まったようでもあるし、
1年前は果てしなく遠くに行ってしまったような気もする、ってことぐらい。

ここ3カ月は名古屋と東京で2つの住居で生活をしているからか、
それぞれがパラレルワールドみたいな気がしている。
しかもその2つがさらに仕事と私事にそれぞれ分かれるので、
4つの自分が4つの世界それぞれに生きているみたいで、
それが感覚を狂わせているのかもしれない。

週末東京に居ると、
「あれ?自分はおとついまで名古屋にいたよね。明日は名古屋で仕事だよね」
名古屋に居ると、
「あれ?私は昨日の今頃は新宿にいたよね」
って、それぞれ思ってしまう。
ふと、自分の位置確認をしてしまう自分がいる。

年末の休みに入れば、テレビの特番が増えれば、
もっと年末を実感できるのだろうか。
それとも実家に帰って、パラレルワールドが増えることで、さらに混乱するか。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-12-20 00:50 | 雑言タハゴト
2010年 11月 30日

そんなふうに呼ばないで

ローソンのおにぎりのCMですよ。
新潟県産コシヒカリを「ニイコシ」だなんて。
そんなふうに略さないで、って思っちゃう。
半年かけて一生懸命に育っているお米と、
厳しい環境の中がんばる農家への愛とか敬意とか、感じない。
呼びやすさ、だけでしょ?
まったく、失礼しちゃう。

お米はお米。
コシヒカリはコシヒカリ。
新潟は新潟。

真逆。
ユニクロのダウンのCMが良い。
高村光太郎の「冬の詩」。
ずいぶん昔に読んだ覚えがあるのだけど、あの間で、あの掛け合いは、ずるい。
ああいう「印象」がメインのCMって外国のブランドのCMっぽいけど、
そこに日本の詩が乗るとあんなふうに見えるんだー、という新発見。
すごい、何か、日本的な「行間」っぽい。

ユニクロのCMはあまり好きじゃないものが多いのだけど、
(無音がちだから放送事故じゃないかと思ってしまう)
あのダウンのCMは秀逸。

や。別に広告代理店にいるからってわけじゃないよ。
感覚的なもの。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-11-30 23:18 | 雑言タハゴト
2010年 11月 20日

情操教育とやら

先日友人のブログで
「1本でもニンジン~」の数え歌について書かれていたのですが、
それを見て、「そういや私、この後を知らない・・・」と思いまして。

1本でもニンジン
2足でも・・・

2足でも・・・?

わらじ?

いや、違う。2足でもわらじ、って、意味分かんないし。続かんし。
ていうか「1本でも日本刀~」のほうが印象深いのは何故だ。

で、職場の人に聞いてみたところ、みんな知ってるって。
逆に、なぜ知らないの?子供の頃こういうの普通に歌うもんじゃないの?
と言われる始末。

「カラスなぜ鳴くの~、の後は知ってる?」
「カラスは山に、ですよね」
「その後は?」
「その後なんかありました?」
「カラスは山に何しに行くのか分んないじゃん」
「あー・・・・。」
「かわいい七つの子があるからよ、だよ。
ほんとに童謡知らないんだねぇ。」
「むしろ私の家では、
カラスなぜ鳴くの~カラスの勝手でしょ、カァカァ。でしたよ」
「それ間違ってるから」

こういうやりとりが何曲かにわたって行われました。
お恥ずかしながら、知らな過ぎるわ、私。
「情操教育が足りなんだよ」だそうで。

NHKの「みんなのうた」なら、わりと聞いていたのですがね。
純粋な「童謡」とか、おとぎ話とか、確かに聞いてないかも。
どっちかってーと、いつもNHKラジオ第一がかかっていたからなぁ。
ニュースと気象情報を心地よく感じる子供でした。
(思えば当時からそういう変な子なのですね・・・)

数え歌知らんでも数は数えられるようになったし、
割合情緒豊かな人間に育ったと思っているので、
いいと思うのですよ、これで。

知らないことをネタにこれからも生きてきます。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-11-20 23:41 | 雑言タハゴト
2010年 09月 11日

行商

夜家に帰って窓を開けていたら、
何かの行商が車で近づいてきた音が聞こえた。

焼き芋にはまだ早いよね。
スイカとかメロンとか桃とかトラックで売りに来る、あれかしら。
と思ってよく聞いたら、

「わらびーもちー、つめたーい、わらびーもちー」

ええっ?
この地域はわらびもちをトラックで売りに来るの・・・?
青森ではリヤカーをひいてアイスを売っている人がいて、
麦わら帽子をかぶったおじいさんが鐘を鳴らしながらリアカーをひいて・・・
という、風情のあるものだったけど、
ワゴン車でスピ―カーで「わらびーもちー」というのは、ねぇ。

もしかして珍百景的なものなのか。

これを書いて思い出したけど、
子供の頃、夏になると風鈴屋さんが行商に来ていました。
担げる屋台みたいな櫓みたいなものに、ガラスや鉄の風鈴をいっぱいぶら下げて、
チリチリ鳴らしながら街を流していました。
ひと夏に2回ぐらいまわってくる。
今考えるとものすごく貴重な光景だったのだなぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-09-11 00:35 | 雑言タハゴト