WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 29日

寝疲れた

いやぁ、よく寝ました。

昨晩10時半ごろ就寝。
普段はテレビなどのタイマーを含め5つの目覚ましをかけるのですが
一つもかけずに眠りにつきました。
夜中1時ごろに一度目が覚める。
朝方7時半ごろにまた目が覚める。
9時半ごろに上司からのハイテンションな電話で起こされる。

「おはようございますー!今お店に来てますー。
明日の分の発注増やしてもいいですかー?」
「・・・・・もう、お任せします。」

私が具合悪いのわかってるでしょ、あんた。
まぁせっかく起こされたので朝ごはんを食べ、薬を飲んでまた横になる。
本を読みかけでまた眠ってしまい、お昼12時過ぎに目が覚める。
お昼を食べ、本の続きを読み、読み終わりでまた眠る。
3時ごろに目が覚め、おもむろにハト世話。
また横になって眠り、6時半ごろに再び上司からの電話で起こされる。
相変わらずすごいテンションで迫ってくるが
テンション最低ラインの今の私では受け止められるはずもなく。

ていうか休みの日に仕事の電話をしてくるな(怒)。

8時ごろに夕ご飯を食べ、ぼんやりTVを見る。
で、今に至る。

嗚呼、素晴らしき病人生活。
あと3日ぐらいこの生活したいなぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-29 23:03 | 今日ノ出来事
2006年 03月 28日

お願い間違えないで

風邪が治らなくってねぇ。ごほごほ。
いよいよ男になれそうです、声だけ。
良い声してるよー。

というわけで今日のテーマは「男になれそう」です。
(あれ、そういう作風だったっけ?)

ここ2年ほど、髪の毛をすごく短くしています。
3週間前に切ったときは、いつもと違う男性のスタイリストさんに切ってもらったので
かなり男っぽいカットになりました。
自分としてはかなり気に入っているのですが、
最近聞いたところ、仕事先では実は不評らしい・・・。
今回切る前は少し長めでパーマをかけていたのですが、
「前のほうが良かったのにー」と何人かに言われた。

だって耐えられなくなったんだもん、伸びきったえりあしに。

「急に短くしたからびっくりしましたよ。何かあったのかと思うじゃないですか」
とは上司とそのまた上司の感想。

何かあったから髪の毛を切る女なんて、今時いないでしょ・・・。

で、今の髪型になってからというもの。
「おんなのひとですかぁー?」とレジ接客中に子供に聞かれるし、
トイレから出ると「え?」て顔で見られたり、
女性用の看板を確認する人も(←すごく多い、本当に!)。
仕事中はワイシャツネクタイだからさらに男率アップ。
さらにさらにここ数日は、かすれた声のせいで
子供から不思議な目で見られる度合いが急上昇♪
「おんなのひとですかぁー?」には、その子供のお母さんが慌ててたね。
「ごめんなさいね」と謝られたが
「いいえぇ、こんなんですからよく言われますー」と笑っといた。

もし私が身長160とか170あったら、完璧に男だったな。
150センチに助けられている気がする。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-28 21:55 | 雑言タハゴト
2006年 03月 26日

それでも仕事は休めない

先週頭に徹夜で飲み、久しぶりに朝帰り→昼出社しまして、
その直後から風邪っぽい兆候があったのですが
週中一回治りかけて「よっしゃぁ」と思っていたら
週末にかけて一気に悪化しまして、最悪の週末を迎えました。

喉が痛いよー。
声が出ないよー。
関節が痛いよー。
眠いよー。

やれやれ。ホント最悪ですわ。
仕事は忙しいし、残業はさせられるし(×2日)、
新規採用のアルバイト2人に連続ブッチされ、
何度も同じ説教をさせる副店長にマジ切れし、
腹いせにロッカーを蹴ったら右足親指を負傷。
ちなみにロッカーも負傷。

ね、最悪でしょ♪

お願い。もっと私を労ってぇ。
(誰に対して言ってるわけでもないけど・・・)
完全武装にて本日早めに就寝。

おやすみなさい。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-26 22:12 | 雑言タハゴト
2006年 03月 24日

春のかたみ

元ちとせの曲です。
松任谷夫妻がプロデュースしたことでちょっと話題になりました。
木曜深夜にやっている準オムニバスアニメ「怪ayakashi」のエンディング。

 「怪ayakashi」は「四谷怪談」「天守物語」と来て、
 最後に「化猫」というのを今やっています。
 来週あたり最終回かな。めちゃくちゃおもしろい。
 久しぶりにアニメを見ながらドキドキした気分を味わっています。
 作画がまた特殊で面白い。
 シリーズでDVD買うね、たぶん。

その「春のかたみ」の中で、ちょっと気になった言葉がありました。

いつか 春の 夕まぐれ
初めて くちづけ した

「夕まぐれ」という言葉、初めて聞いて、いい言葉だなぁと思いました。 
何となく意味は想像できますね、「夕暮れ時」みたいな。
こういう言葉は古語辞典のほうがちゃんと載っているような気がして
古語辞典を引いてみました。

 ゆふ・まぐれ(夕間暮れ)
 「まぐれ」は「目暗」の意。
 夕方の薄暗いこと、また、その時分。夕暮れ。
 「ゆふまぐれ ほのかに花の色を見て」(源氏物語・若紫)

この曲の字数では、別に「夕まぐれ」じゃなくてもいいんですよ。
「夕暮れに」とかね。
そこにあえて「夕まぐれ」という古めかしい言葉を持ってきたユーミンはさすがです。
この曲はユーミンの偉作「春よ、来い」に並ぶくらい、
日本的な春を感じさせてくれます。

「春よ、来い」が、陽の下の満開の桜なら
「春のかたみ」は、ゆふまぐれの、散りかけの桜。


 
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-24 00:14 | 言の葉コトダマ
2006年 03月 22日

"classic"

先週末→今週頭にかけてちょいご多忙でして、
そしてとどめに風邪をひきました。
今まで、風邪をひくとだらだらと長引くことが多かったのですが、
今回は朝起きた時は「うぁー、今日は一日寝てるかー・・・」
というくらい具合が悪かったのに、
午後には普通に踊りのお稽古に行けちゃうくらい回復して、
自分の自然治癒力に驚くばかり。

以上近況報告。

しかしWBC、良かったですね。
と、ここで実に月並みな話題を出すのも珍しいことで、
しかも野球に興味があるわけでもないのに。

たぶん私だけじゃないと思うんですけど、
「優勝したときより、韓国に勝ったときのほうが嬉しいと思った」。
もちろん、優勝と聞いたときは「すげー!」と思いましたが、
韓国に勝ったと聞いたときは「見たか日本の実力!」と、誇らしく思いました。
(ちなみに韓国に勝ったと聞いたときにその場にいたのは
職場の在日韓国人二世の2人・・・なんか喜びがたい雰囲気がw)

サッカーでも、今回の野球でも
「対韓国」とか「対北朝鮮」となると、日本は過敏ですね。
「そこには負けるわけにはいけない」「そこには勝たなければならない」
みたいな雰囲気がニュースや新聞の言葉に表れる気がします。
「日本はアジアで1番でなければならない」というのと、
何か過去の征服欲の名残のようなものが・・・いろいろ。
60年前に植えつけられた思想が、
すでに日本人のDNAの一部になっているんだと思います。

そういう過去があったせいで、相手が挑発的で、
日本としてはそれに対する反感もありますよね。
今回のWBCの韓国戦、韓国が勝ったときは
「日本に勝てて嬉しい」という韓国人のコメントが流れ、
日本が勝ったときは「日本に負けて悔しい」というコメントがたくさん流れました。
「勝つこと」そのもの以上に「日本に勝つこと」が、
彼らには大きな意味があるのだと思います。

私としては「何でいつまでも日本しか見てないんだ?」という感じですが。
いつまでも隣ばかり見てたって、仕方ないでしょうに。
もっともっと、遠くにある、肌の色も髪の色も体形も違う人種と
戦うことに闘争心を燃やすべきだと思います。
スポーツだけじゃなくて、たくさんの分野に関してね。
だって日本はそうやっているわけで、韓国の方を向いてはいないのだよ。
アメリカに勝てるつもりでいる北朝鮮の方がある意味潔いとも思えちゃう。

あ、ちょっと危険思想気味。
この辺でやめときます。

world baseball classicって、良い名前ですね。
なぜ「大会」とか、そういう意味の単語が使われなくて
classicなのか、何か意味があるんでしょうが、
このclassicに野球というスポーツの持つ歴史や威厳を感じます。
私の好きな言葉でもありますし。

野球が盛り上がると、世間が明るくなる気がします。
阪神優勝とかいうと、すごい盛り上がるみたいに。
だから今年はいい年になるような予感。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-22 22:51 | 今日ノ出来事
2006年 03月 16日

手品関係者なら笑える、と思う。

ある朝のこと。
開店準備のために、前の晩閉めたレジのセッティングをしようと、
レジを開けました。

普段、お釣りとして出すにはしのびないお金を
(汚い、削れてる、曲がっている、見た目が似た外貨も結構多い)
レジ内の開いたスペースに避けて置いておくのですが、
その朝、そこには10円玉が1枚入っていました。 

 ん?見た目綺麗だけど?
 なんでこれが避けてあるの?

と思って、その10円玉を手に取りました。

こ、これはっ! 


シェル!


そう、それは10円のシェル。珍しい。
かなりよくできてます。

そいつがシェルだとわかった時、いろんなことを考えました。

①誰だよ!?
①これは私に対する挑戦かよ?(←それはないって)
②これが財布からなくなったことに気がついた「ユーザー」は
さぞかしがっかりしていることだろう。
④私だからシェルだって気がついたけど
これを避けたスタッフは、これを見てなんとおもったのだろう。
「偽造硬貨」と思ったんだろうね、きっと。

とりあえず没収!(←店長権限)
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-16 00:40 | 雑言タハゴト
2006年 03月 13日

超体育会系上司

3月から上司が変わったわけですが、
気がついたらまだその話題が一回もでてなかったわ。
というわけで、今日は新しい上司を紹介します。

て、タイトルのままなんですがね。
もともとこの会社自体が体育会体質で、
さらに私の部署は輪をかけて体育会体質なので
揃ってみんな「中身が強い」。
見ていて気持ちいいくらいに。

それに加えて新上司は本物の体育会系出身らしいです。
らしいです、っていうか見た目からして本物。

典型的ラガーマン体型。
実際はボクシング、格闘技あたりが専門らしく、
高校生の時にボクシングで海外留学したとか、
まだK1がそんなにメジャーではなかった頃に、
ファイターズしていたそうです。

そんな勝負の世界に生きてきた上司ですが、
顔と性格はかなりお茶目ですw。愛嬌があるというのか。
そして超、高所恐怖症。
「外人ボクサーと闘うとかだとめちゃくちゃ楽しみなんですけど、
高いところは絶対無理です。
あ、ジェットコースターも。」

人は見掛けによらぬもの也、の典型。
このタイプはたぶんホラー、スリル系もダメと見た。
今度聞いてみよう。

この上司、困った点が一つ。
私の名前を間違った読み方プラスちゃん付で呼ぶこと。
仕事人としてちょっとどうかと思うが。
ま、悪い気はしないのだけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-13 23:47 | 今日ノ出来事
2006年 03月 12日

血は争えないのね

以前、ヨーグルトを家で作っていたことがありました。
カスピ海とかじゃなくて、普通のプレーンヨーグルトから作るの。

・・・ま、どうでもいいですがhow to make.
牛乳を人肌よりちょい温かめ、38-40度に温めます。
そこに牛乳の1割の量のプレーンヨーグルトを加えて、混ぜます。
それを約6時間、温めたままの温度一定になるように保存すると、
ヨーグルトができるのですよ。
ちょっとゆるいですが、酸っぱさのおさえられた食べやすいものができます。
温めたままの温度を保つのは、私は小さなマホービンを使いました。
冬場なら混ぜた容器ごとコタツに入れとくと良い、らしいです。夏はどうすんだ?

その手作りヨーグルトとタイトルと何の関係があるかというとですね。

あるとき、冷蔵庫のヨーグルトを食べたら、必要以上に酸っぱかったんですよ。
ちょっととろみもついたりなんかしてて。
えぇ、明らかに「ヤバイ」感じで。

当時中学生の私は思いました。
「このヨーグルトはもう食べられそうにないけど、
菌は菌だから、このヨーグルトで新しいヨーグルトを作ったら
それは普通に食べられるものになるんじゃないか?」

で、実際に作ってみました。
できたヨーグルトを混ぜてみたら、なんかね、とろみが・・・。
食べてみたら、「・・・酸っぱい」。

「腐ったヨーグルトで作ったヨーグルトは
新しくても、腐っている」

それが最後の自家製ヨーグルトでした・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-12 00:10 | 雑言タハゴト
2006年 03月 10日

新築一戸建

b0024051_18182674.jpg

新宿のキワモノ雑貨屋の店頭で。

そりゃそうかもしれんけど、
かなりいけてるコピーですこと。
考えた人尊敬します、まじで。

でも街中のこのテの一戸建は中古物件だし
なかなか新築は難しいかと・・・

って、そもそも用途が違うから。

やはり子どもは、自分の体のサイズに合った空間を
心地よいと感じるものなのかな?
自分のもの!という空間を欲しがるのかな?

私も子どもの頃は小さな家を作ったものです。
座布団でね。

母親の実家では夏になると、畳地の座布団を出すのですが
それが堅くて、結構大きなものだったので
よく立方体に組んで、遊んでました。
当たり前ですが、そやつはあくまでも座布団であって、
貼り合わせたりできないんで、すぐ倒壊します。
でも片付けは楽よ。重ねて収納できる家。

子どもの頃にこんな新築一戸建キットの存在を知っていたら
駄々をこねても寝転がって泣きわめいても
買ってもらおうとしたと思うよ。

だって今でも欲しいもの。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-10 18:18 | 今日ノ出来事
2006年 03月 07日

おしごとおしごと

今日、職場関連で大きな集会があったので、
ほとんどご飯目当てで行ってきました。
会いたい人もいたので、それが第2の目的かな。

時々思うのは。
「この仕事って、どうなのよ」。

確かに現場での経営とか、数字の動きを管理をするのが好きな人には
これ以上に面白く、やりがいのある仕事は他にあまり無いかもしれません。
どうもね、私はそういう感覚が無いもので、
商売っ気が無いというのかな。
決して仕事に対して無気力、ということではないのです。
仕事をしているのは好きですし、現場で人と接しているのも好きです。

でもねー、数字に興味がない!

それではいかんことはよぉく分かっているんですよ。
でも興味が持てないことには理解も薄い、が、分かってるフリをしているw
そんなこんなんで早1年。
もうね、お腹いっぱいよ。かなり。
この業界、長い人はン十年とやっている人が多いのですが、
「何が楽しくてそんなにこの仕事できるのかなぁ」
とか思っちまいます。

仲の良い同業者君(同い年だが妻子持ち)は、かなり仕事熱心な人で、
いい数字を叩き出すこと、対外的に評価してもらうことに一生懸命。
もちろん、本来の社会人としてあるべき姿ですが。
私はどうしてもそうはなれない、なりたいと思えない。
だから、彼のことは仕事面ですごいとは思うが、同じ世界には住めないと思う。
そういう人が結構たくさんいる業界なもので、
「自分、違うなぁ」と思って落ち込む日がたまーにあります。

趣味の手品の世界では、コンテストに出て賞を取ったり
結構貪欲にやってきたわけですが、仕事になると勝負欲が湧かない。
(ま、手品のコンテストも勝負欲というよりは目立ち欲、だな)

・・・なんででしょ。

やっぱり「数字」とか「¥」ってものになじめないのかな。
感性派ですね、根っからの。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-03-07 23:55 | 今日ノ出来事