<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

長い付き合い

この前まで右側の写真欄に載せていた「愛用のハサミ」

b0024051_2361674.jpg


この子についてはもっと、ちゃんと書いてあげたい。

小学校入学式の日、机の上にお道具箱が乗っていて、
その真新しい黄色い箱の中には、真新しい文房具が入っていて、
書き方鉛筆とクレヨンとクーピー(懐かしい!)と糊と・・・あと何だろ。
その他にも何か入っていて、ハサミが入っていた。
最初は確かビニールのケースが付いていた気がする。
今思うと、子供が使うには大きくて重いハサミだなぁ。
ようやく今なら、ちょうどいいけど。

それらお道具箱の中身の中での唯一の生き残りがハサミ。
他のものは、使い切ったり、なくなったり、捨てたものもあるかもね。
お道具箱の「箱」自体は・・・どうしたのかなぁ、覚えていない。

このハサミには、ずいぶんと無理をさせた気がする。
ハサミはダンボールや細い針金なんか切ると、
当たり前だけど、てき面に痛む。切れなくなる。
でも私は何でもお構いなしで、ハサミで切れそうなものは、それで切る。
でもこのハサミの刃は、ほとんど欠けていない。
一度も研いだことないけど、今でもよく切れる。

生活や勉強?の中で、他にもハサミは使ってきた。
でも、他のハサミはいつもどこかに行ってしまう。なくしてしまう。
結構気に入って買ったはずの、スケルトンの持ち手のハサミとか
外国風?のクラシカルな細身のハサミとか、
さび止め加工がしてある黒い刃のハサミとか、
記憶にはあるけど、今、手許には無い。

この愛用のハサミも、何度かなくしたことはある。
でもその度に、物の隙間から、別な部屋から、
部室の床から発見されていつも手許に帰ってくる。
「不思議だなぁ」と気が付いた時から、縁を感じるようになった。

だから、とりあえず手の届くところに置いておく。

いつまでも私に使われていてほしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-31 23:34 | 窓際写真展
2006年 08月 30日

今日ノ出来事

もう10年近く聴いているICEというアーチストが
今年、3年ぶりにアルバムを出しました。

その中の「Morning Dew」という曲にこんな歌詞があって、
なんだかなんだか、気にかかる。

  25歳の僕らは18歳を羨むだけで
  25歳を羨む時が来る事には気付かずに

私は、これにちょうどプラス2歳です。
27歳になった私は、20歳を羨むばかりです。

そしていずれ、27歳を羨む時が来るのでしょう。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-30 00:32 | 今日ノ出来事
2006年 08月 28日

三面記事

  書き終わってから前書きしますが、
  今日の記事は結構逝っちゃってるので、
  読むならかるーく、かるーく読んでください。
  
3日ぐらい前、
「青森の高校1年生の男女が静岡のホテルで心中を図り
男だけ死に切れずに助けられる」
というニュースを1度だけテレビで見た。
それが青森の地方ニュースだったか、全国ニュースだったかはよくわからない。
ただ、ほとんど話題にならなかったことだけは確か。
いわゆる「三面記事」事件。

2人で睡眠薬を大量に飲んだが、
男には睡眠薬が足りなかったのか、目覚めたところ、
女は既に死んでいて、自分も後を追おうとカッターを持ち出したが
死に切れず、従業員に発見される・・・
という顛末らしい。

大学の卒業論文で心中について取り上げた関係で、
私は心中というものに関してちょっとうるさい。
ちなみに今回の場合は心中として成立していないので「心中未遂」。

 心中は英訳でdouble suiside from love
 loveゆえのdoubleでの自殺
 (確かこれ前にも書いたなぁ・・・)

心中未遂で生き残るのはたいていの場合、男。
投身とか入水とか、2人同じ条件下の場合はともかく、
古くからの「男が女を殺してから、男が自殺する」パターンでは、
女が死ぬ際の「断末魔」に耐え切れず、自殺し損なう、ということが多い、らしい。

 かの有名な近松門左衛門の「曽根崎心中」にも
 お初の死に行く姿に数分後の自分の姿を重ねて
 自分に刃を立てるのを恐ろしがる徳兵衛の心情が描かれています。
 ま、これはお芝居の台本ですが。

江戸時代に八代目将軍・吉宗が制定した「相対死(心中)」を禁止した法律では
心中をしたものは屍であろうと、片方が生きていようと、両方が生きていようと、
見せしめに全裸で晒しに出されたそうな。
その事例を調べたことがあるのですが、やはり生き残るのは、男。

 ちなみにこの晒し刑はわりと早い段階で取りやめになったそうです。
 というのは、あるとき晒しに出した女がひどくギャランドゥ(死語?)だったそうで、
 見物人があまりにも多く出てしまったから・・・だそうで。
 江戸時代の法令関係調べていると必ず出てくる逸話。

 ちょっと話題ずれるけど。
 かの映画評論家・淀川長治が「失楽園」について
 「不倫をしている2人が心中前夜にSEXを重ねるのだが
 愛とか愛の美しさがそこに皆目見当たらなくて、ひどく呆れた」
 という批評を雑誌に寄せていた。

しかしこの高校生の男女、なぜ心中しようとしたのか、ちょっと気になる。
若いんだから、いくらでも恋愛のし様があろうに。
こんなに自由恋愛の、今のご時勢に。
なんで心中という古臭い恋愛の結末を選んだのか。
心中は添うに添えない事情のある男女(とも限らないか)が
最後の最後の最後の手段として、選ぶものであって、
死ぬことへの勇気があれば、他のことに勇気を使ってほしい。

他のたくさんのニュースに埋もれる形で、
事件の顛末だけしか分かっていない。

論文書く前に、現代の心中の本も読もうと思って手に取ったけど
そらもうグロくて・・・読めず!
実際心中はそういうものらしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-28 23:53 | 雑言タハゴト
2006年 08月 26日

ブーム再び

実に2年半ぶりぐらいにラーメンズのマイブームが来ています。
職場の仲間に最新作(といっても去年のライブのだけど)
「ALICE」を借りたら・・・毎日2回は見てるね、ってくらい見てます。
(ていうかほぼBGMです。かなり台詞覚えたw)
この15作目「ALICE」は、かなりラーメンズの真髄行ってます。
濃いです。かなり。

 ラーメンズについて知りたい人は適当に調べてください。
 テレビ出ないから、マイナーなようで、超メジャー。
 約2年半前に友達の勧めで見て超はまり、
 (当時は手品仲間全員がラーメンズマニアだった・・・)
 ライブも見に行ったりしてたのですが、しばらくご無沙汰気味でした。

 頭良いのよ、彼らは。
 だから好き。

 結構古典的な笑いが多い。
 落語的な笑いの伏線の張り方とか、タイムラグとか、言葉遊びが多い。
 だから好き。

 時に笑いに手品的なトリックがある。
 物事の二つ前を思い出させる「ワン アヘッド」の手法。 
 (落語にも確かこういう手法があったのだけど、名前忘れた・・・)
 いつもうっかり騙される。

ラーメンズ系のお笑いが出てきそうなもんだけど、これが出てこない。
不思議なくらい、出てこない。
陣内智則は、ちょっと惜しい・・・。わりかし近い気はする。

おすすめは
8作目「椿」(特に「日本語学校アメリカン」)
11作目「鯨」(特に「カウント」)
13作目「CLASSIC」(特に「帝王閣ホテルのテーマ」)
15作目「ALICE」(特に「モーフィング」)
前2作は笑いすぎて死ぬかと思ったぐらい、笑いました。
初期の作品は半分くらいしか見てませんが、
後の作品の元ネタがあったりするので、見ておくといろいろ楽しめます。

誕生日プレゼントにDVDボックス買っちまおうかな・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-26 23:39 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 08月 25日

遠い世界のお話だけど

冥王星が惑星じゃなくなったってさぁ、別にそんなにたいしたことないでしょ?
とか、思っていたわけですが、
実は結構たいしたことなんじゃないかと、今更思ったりしてます。

確かに、実生活には何にも影響ないと思うけど、
「すいきんちかもく どってんかいめい」と言えば
「いい国作ろう鎌倉幕府」
と同じくらい教科書太字だし出題頻度高いし、
「ひとよひとよにひとみごろ」
「すいへいりーべ ぼくのふね」
よりも先に覚えさせられるし、何しろ日本語的な語呂がいい。
「すいきんちかもく どってんかいめい」は英語版もあると言う話を
報道ステーションでしていた。
「賢い僕のお母さんが ピザを9枚に分けてくれた」みたいな文で
目的語であるPizzaはPluto(冥王星)のP。
ってことは冥王星がなくなったらお母さんは何を9枚に分けたの?ってことらしい。

ん。これって結構大事件だよ。

ちょっと興味を持ったのでネットで調べようと思ったら
惑星関係のページはどこも陥落気味の様子。仕方ないね。
子供向けに分かりやすく解説したページにたどり着きました。

改めて見ると、惑星の名前って素敵ですね。
こればっかりは日本名は普通だなぁ・・・。

日本名  英名      ギリシア名(神話上の役割)
水星    Mercury  ヘルメス(商業の神)
金星    Venus     アフロディーテ(愛と美の神)
地球    Earth     ガイア(大地の女神)
火星    Mars      アレス(戦いの神)
木星    Jupiter    ゼウス(全知全能の神)
土星    Saturn    クロノス(農耕の神)
天王星   Uranus    ウラノス(天空の神) 
海王星   Neptune   ポセイドン(水の神)
冥王星   Pluto      ハデス(地下の神)

古くからあるギリシア神話に、1930年に発見された冥王星が
うっかり入っちゃっているのがちょっと不思議なのですが・・・。
しかも地下の神ハデスはゼウスの兄という設定なのです。
ハデスは人間の生き死にを掌るという、とても重要な神様です。
冥王星の冥は冥土の冥ですからね。

生き死にを掌る神を表す惑星が無くなってしまって、
これまた神話的にも大問題。

原子力エネルギーを作り出す原材料プルトニウムの語源は
Pluto。漫画のタイトルにもなってるし。
言語学でも、漫画界でもPlutoの説明が今後面倒くさくなるのか? 

これからの惑星学がちょっと面白そうですね。
科学博物館が明日からどういう説明文を掲げるのか、興味津々。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-25 00:36 | 雑言タハゴト
2006年 08月 22日

ちゃんと治したいのよ

いい加減、10日前の捻挫が後を引くので病院に行きました。
なんだろ、捻挫の場所はもうそんなに痛くないのだけど、
かばって歩いていたからなのか?足の甲の奥?が痛い。

地元で評判のいい整形外科を教えてもらって行ったら、
確かにすごく混んでいた。
「あの・・・初診なんですけども」
「どこを診てもらいますか?」
「足の捻挫です」
「今ねぇ、足の先生混んでるから1時間ぐらい待ちますよ」

「足の先生」って、場所ごとに先生がいるわけ!?
今まで行った整形外科にはそういうくくりは無かったよ。
(ちなみに「足の先生」はここの院長さんでした)

くるぶしと足の甲を繋いでいるじん帯が痛んでいるようで、
「まぁ、ちゃんと治るまで3週間ぐらいだね」
う。そんなにかかるの?
しばらくの間、病人宣言しておとなしくしてようかしら。
だって2週間後には「ぶらり途中下車の旅」だから(またかい)。
それまでには痛み無く歩けるようになりたいよ。

ちなみにこの捻挫は仕事場の事務所でコケたことによるもので 
「それって労災ですよ」って、スタッフに言われたけど、

実は。

仕事終了後に猛烈な睡魔から机で寝てしまい、
30分後にはっと目が覚めて、意識がぼんやりしたまま
「帰らなきゃ!」と焦って立ち上がったところ、
足がしびれていて、立てず。

あえなく撃沈。

・・・によるものなので、自己診断により非、労災。

しかし事務には向かない座っていられない私。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-22 23:19 | 今日ノ出来事
2006年 08月 21日

代表取締役

今日、某食玩メーカーK社の代表取締役という肩書きを持った人に会いました。
半プライベートで、ご家族を連れて美術館に来ていたのを
役員が案内して回っていて、その一環で挨拶をしにいったのですが。

すげ、この人、発しているものが違う!

という感じで、ほとんど口がきけませんでした。
周りが結構接待モードだった、ってのもありますが。
ここ1年ぐらいでだいぶ渡世術を習得したつもりでいましたが
いやぁ、まだまだ修行不足ですなぁ・・・。

別に私は人のオーラの色が見えるわけではないですが、
ぱっと見、少ししゃべれば
「平凡か、非凡か」「感性派か、理論派か」
いうなれば「自分の味方か、自分の敵か」ぐらいはわかります。
あの人は、しゃべる前に明らかに一般人と雰囲気が違って、
その、目に見えない勢いに負けてしまいました。

しばらくお話を聞きましたが、やはり(なんて偉そうに私が言っていいのか)
考えていることが先を進んでいて、関心。
食玩はホビーとして、マーケットをずいぶん拡大してきた、
でも決して今の状況に満足しない。
今まで綺麗に並べて売るのが当たり前になっていたような商品を
「食玩的に」売ることでの拡販を狙っているらしい。ふむ。

「まぁ何か一緒に仕事が出来るようなあればぜひ」
一般的な社交辞令で退却してきちゃいました。
私自身が食玩趣味が無いもんでなぁ・・・
それさえあればもうちょっと何とかなったかもしれないけど。

思いました。
「世の中に平凡な偉人は居ない」
って。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-21 23:37 | 今日ノ出来事
2006年 08月 19日

雷が鳴る前に

昨日は青森では早朝と夕方に大雨が降りました。
本当にバケツをひっくり返したかのような雷雨でした。
遠くにある台風の影響だとか。

「雷が鳴る前に」

槇原敬之の、これもかなり前の曲です。
「遠く遠く」と同じアルバムじゃないかな。
当時中学生だったと思いますが、
とても印象深く、歌詞も鮮明に覚えてました。

突然の雨に降られた彼は、想いを寄せる女の子に
公衆電話から電話をかけようとする。
「おぼえたての君の番号 もう そらで言えるかな」

 次の雷が鳴るまでに 数を数えたあの頃は
 まだ 君を好きになるなんて思わなかった
 雷鳴が記憶の邪魔をするけど なんとか思い出すよ
 こういう気持ち セツナイ というのだろう 
 
 「そっちも雨が降ってるの?
 ほら、また今、空が光った」
 ごめん いざとなると急に照れてしまう

 「次の雷が鳴る前に言って」と君が笑う

 例えば紙くずを投げ入れたり 横断歩道を渡るときに
 何かひとつルールを決めて 願いをかけたりしてる

 だから 雷が鳴る前に僕の想いを全部言うよ
 雨をよける傘よりも君が大切なんだ
 こんなにびしょぬれだけど 雨宿りしている気分だよ
 もう少しだけ 僕と話していて

雷が光ってから、音が鳴るまでの秒数に何かの数字をかけると、
それが現在地と雷の位置との距離だと、子供の頃に聞きました。
その式があってるのかはよくわかりませんが、
子供の頃は深く信じ、「雷が鳴るまで、数を数えて」いました。

そういう思い出があって、この歌詞に親近感を持ったんだろうと思います。

雷が光ってから鳴るまで、じっと耳を済ますという緊張感。
長くなったり、短くなったり。
その度にドキドキしたり、ホッとしたり。

そんな特殊な時間を、場所の離れた2人が電話越しに共有する。

彼女の「次の雷が鳴る前に 言って」というのが、一番好き。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-19 23:36 | 言の葉コトダマ
2006年 08月 17日

やはり夕日は日本海

昨日の「日本海日帰り行脚」詳細です(漢字多いな・・・)。
言っとくけど、今日は長いよ。

本当は、仙台のちょっと北にあるひまわり畑を見に行こうと思っていたのですが、
仙台行きの高速バスのチケットが取れなかったので諦め、
じゃぁどこに行こう?と考えたときに
そか、青森には日本海も太平洋もあるんだね。
じゃぁ、日本海の夕日を見るべきでしょ。

11時過ぎに昼ごはんと暇つぶしの本を用意して青森駅から出発。
途中1時間の乗り換え待ち(地方じゃ当たり前です!)があり、
午後3時前に目的地、千畳敷のひとつ手前の北金ヶ沢で降りました。
たぶん歩けるんじゃないかと。

・・・ちょっと甘かった。

じりじりと暑い中、歩くこと1時間!千畳敷に着きました。
持っていたペットボトルのお茶が明らかに体温以上に温まってました。

千畳敷は日本海有数の景勝地だそうです。
名前の通り、畳を敷いたような平ったい岩場が続いていて、
たまに変な形の岩があります。

一番有名らしい。「兜(カブト)岩」。
b0024051_2226662.jpg


兜岩の近くの車寄せ場に「ちりんちりんアイス」のおじさんがいたので一個買う。

 ちりんちりんアイスというのは青森独特の流しのアイス売りです。
 市内では自転車の二台にリアカーをつけて、そこにアイスを乗せて
 小さい鐘を鳴らしながら流しています。夏の風物詩ですね。
  値段は大体150円で、私が食べたのは、ややバナナ味?でした。
 他に味があるかは今後調査しますw
 秋田にも「ばばへらアイス」というのがあって、
 それは「ばば(お婆さん)がヘラでアイスを盛る」からばばへらなんだよ
 って、ばばへらアイスのおばあさんが言ってたので、たぶん本当。
 こっちはへらで盛るので、ジェラートに近い。

閑話休題。
その「ちりんちりんアイス」と兜岩の夢の競演です。
b0024051_22383956.jpg


千畳敷の南端には「ライオン岩」というのがあって、これ結構すごい。
b0024051_2241971.jpg


残念ながら遠目でしか見ることが出来ないので、携帯では限界。
本当にライオンが「がおー」って感じなのよ。

千畳敷で約1時間半滞在。
そうそう、人面岩見つからなかったよ・・・。

JR五能線・千畳敷駅の時刻表です。素敵~。
b0024051_22453740.jpg


何気に全国各地ローカル線乗ってますが、
こんなに文字の少ない時刻表は初めてです。

千畳敷を後に、鯵ヶ沢まで戻る。
ここで夕日を見るぞ♪と思いきや、鯵ヶ沢では海に沈む夕日が見られない!
時期的なものだろうけど・・・千畳敷ならよく見えたなぁ。
まぁそれでもしばらくの間、浜辺で海の夕まぐれを見てました。
b0024051_2249522.jpg


じゃぁ何で千畳敷で夕日を見なかったのよ、って話ですが、
夕日見てるとね、終電逃すのよw
青森まで戻ろうと思ったら、終電17時39分だで。

夜8時に鯵ヶ沢から弘前行きの1両編成に乗って
(1両だから編成も何もないけど・・・)
途中乗り換えて、青森帰還夜10時。ただいま。

1日で結構焼けました。健康的♪
実は先週軽く右足捻挫をしまして、だいぶよくなっていて、
特に痛みはなかったのですが、1日歩いたら悪化しました・・・。
筋が痛いの、筋が。
はい、自業自得。

懲りずに来月もまた大掛かりな遠足を計画中だったりする。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-17 22:56 | 今日ノ出来事
2006年 08月 16日

日本海だ!

b0024051_161247.jpg

休みの日に1日家に居るのは楽なのですが、
腐ってしまいそうなので
日本海を見に行くことにしました。

遠かったぁ。

片道四時間くらいかかったよ。
千畳敷という岩場の景色が良いということなので、
せっかくなので、一駅手前から歩くことにしました。
一時間くらいかな、海辺を歩きまして、到着。
新潟の日本海はあまりキレイじゃないのですが、
こっちは結構キレイですね。

というわけで、潮の香りに包まれながら記事書いてます。

このあと岩場探検をして、人面岩とか探します。あるんだって。
そのあと鰺ヶ沢というところまで行って、
夕陽見て帰ります。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-08-16 16:01 | 今日ノ出来事