<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 28日

全て私のせい・・・なのかな

青森に来る前に店長を務めていたコンビニが、
この9月末をもって、フランチャイズ契約を打ち切ることになったらしいです。

 この辺のシステム(フランチャイズ)は、意外と一般的に理解されていないようで
 「どういうこと?」って結構聞かれてしまうのですが。
 簡潔に言うと。
 要は私のいる会社がコンビニ会社と契約を結んで
 店舗様式やシステム、物流を借りて経営をするわけです。
 その売り上げのうちのいくらかの%を、その代償としてコンビニ会社に払うわけです。

 フランチャイズの形態はうちみたいな法人契約もあれば
 個人契約(夫婦経営とか、家族経営とか)もあれば、
 それぞれの出資金額によっても、いろいろ複雑に分かれています。

 やってみて思いましたが、コンビニビジネスはあまり儲からないものです。
 売れる店を何軒も抱えているオーナーならば、利益も上がるでしょうが、
 私のお店は売り上げが安定しなかったので
 経営状況はは良いものではありませんでした。
 うちのオーナーは「店での売り上げ→即利益!」じゃないと安心しない人なので
 きっちりきっちりシステム化されたコンビニビジネスには向かない・・・。

そういうオーナー側の強い意向がありまして、
かなり異例のフランチャイズ解約となったようです。

あともうひとつの大きな理由が、店長・マネージャーの力不足。
私のあとに店長になった25歳の男が、
どえらく仕事が出来ないやつだったようで、
一時期は毎晩毎晩、本部の人から愚痴電話やメールが来てました。
そしてもう1年以上もお店にいるマネージャーも
これがまたどえらく仕事が出来ない男でして、
おかげで店の事務所のロッカーは私の腹いせ鉄拳でぼろぼろになりました。

 7月だったか、8月だったか、本部の人と電話で話したときに
 「あの店は店長(私のこと)じゃなきゃ回せないんだって、よくわかった」
 と言われたときは 「気付くの遅いですよー。」ってかえしといた。

その25歳のダメ店長は解雇になりました。
(うちの会社で解雇になった人は初めて聞いた・・・)
マネージャーについてはどういう処遇になるのか分かりません。

こういった一連の顛末について、実は全くちゃんと説明を受けることもなく、
断片的な情報を拾ってきて、昨日ようやく全貌が見えました。
それもどうかと思うわけです。
一応まだ登録上は私が店長なのにもかかわらず、
本部も、オーナーも、現場も、私に対して報告をくれませんでした。

だから、あえて無視しようかとも思ったわけです。
私は何も知らされていません♪みたいな顔していようと思いました。
ただ、本部とオーナーの仲がこじれていても、
現場にいた私は本部とは仲良くやっていたので、
オーナの本部への対応の悪さや現場責任者の不出来に対して
何の侘びもない、今までの感謝もないのではあまりにも不人情だと。

誰もそうは言いませんが、
私は、店をダメにしたのは自分だと思っています。
私が残っていれば、こんなゴタゴタはならなかっただろうし、
私が後任の店長をもっとよく選んでいれば、
少なくとも私よりは良い経営状態に持っていけたかもしれない。
私は、転勤を名目に、店を見捨てたようなもの。

・・・・・。

とりあえず、もう二度と仕事を共にすることはない
コンビニ本部の方々に挨拶をしに、急遽上京決定。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-28 01:08 | 雑言タハゴト
2006年 09月 25日

定番ってやつは

昨日、Tenyo Magic Festivalに行ってきました。

そうよ、青森から!
だって主催者から「何が何でも見に来い」なんてメールが来るから。

青森からわざわざ行って、見て、結構、満足した。
ベテランが多いことでの安定感、もあり。
パワフルな高校生ジャグラーの超絶!テクニカル、とか。
FISM入賞者を出すことで、タイムリーな話題もありつつ。
ここ数年の間では、1番いいショーだったと思います。

しかし「定番ネタ」がこれだけ愛されるマジシャンは
世界中眺めても、なかなか居ないんじゃないだろうか。
ナポレオンズ。
の、「頭ぐるぐる」(正確には「あったまぐるぐる」かな)といえば
ほんと、言わずと知れたアレですが。

今回のショーでその「あったまぐるぐる」が出てきたときの拍手の大きさは
ナポレオンズが紹介されたときよりも大きかったぞ。
これはマジシャンやマジック愛好者が多いこの会場だから、この反応なのか、
例えば営業に出た先でのこのネタの反応はどうなんだろうか、とか
いらんことを考えてしまいました。
テレビでもよくやっているから、「あ、テレビで見たやつ!」
という反応なのだろうか。
それにしても関係者が多い中でなぜあんなに歓迎されているのか、
やっぱり不思議だ。
私も「おー出た出たー」って感じで喜んだけどね。
つまり・・・みんなそういう感じなのかな。

ここ2年ほど、あまりマジックのイベントに顔を出さなくなったせいか、
それ以前からの顔見知りに「久しぶりー」とあいさつをするくらいで、
そんなに気を遣わなくてもよくなった。
逆に、たまにしか会わないから「覚えてもらってるかな・・・?」
という不安に駆られたりする。

本来メインになるはずの話が、オマケっぽくなっちゃってますが
今回のショーで特に印象に残ったのは
渚晴彦氏のハト(綺麗!不思議!鮮やか!やっぱり不思議!)と
桔梗ブラザーズのクラブジャグ(ほぼノーミス)でした。
落とさないジャグリングって、こんなにもすごいもんなんだと、感心。
ベテラン日本人マジシャン勢と、高校生ジャグラー君たちの活躍のおかげで
FISM入賞者のアメリカ人のにーちゃんも、私の中では存在薄っ・・・。

そうそう、主催者によると
「walacoが東京にいたらなぁ、ステージハンドで使いたかったんだけど」だそうですが。

ちなみに今回のショーのステージハンドの衣装は「メイド服」だったからね♪
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-25 22:50 | 今日ノ出来事
2006年 09月 24日

お互い年くったものだね

コンサートの話。

例えば東京を100とした場合、
札幌は70くらい、仙台は60くらい、新潟は50くらい、
山形秋田岩手は20くらい、だとしたら
青森は10くらい、だと思う。

とにかく公演が少ない。
そして来るのは「ベテラン歌手」が多い(印象)。
今回はそれに助けられ、実に11年ぶりに
STARDUST REVUE(以下スタレビ)のコンサートに行った。

 中学校3年から高校1年生にかけて超はまってまして(渋いね・・・)
 何度かコンサートや野外イベントに行ったものです。
 それからずっと、細々と聞いてはいたのですが、
 昔のを掘り起こして聞いてばかりいたので、
 ここ数年の曲のことも、5年前にキーボードが代わったことも、
 サポートメンバーが増えていたことも全く知らなかった。

そんな状態でコンサートに行こうと思ったのは、
青森で娯楽に飢えていたからに他ならないわけでw
東京にずっといたら、今更スタレビのコンサートに行こうなんて、
たぶん思わなかったんだと思う。

とてつもなくいい意味で、「変わってなくて」嬉しかった、というのが感想。
(あー・・・でも外見はみんなそれぞれ、年をとった感じはする。
当たり前のことだけど。)
スタレビのコンサートはとてつもなく楽しい。
曲も陽気なものが多い上に、ボーカルの根本要のトークがお笑い芸人より面白い。
しかも昔よりさらによくしゃべるようになったw
本当にそろそろ転向した方がいいんじゃないかと思うくらい。

しかも歌がスペシャルに上手くなった。
正確に言えば、言葉ひとつをすごく丁寧に歌うようになった、という印象。

もともと、根本要の歌の上手さには定評があったし、
数多のボーカリストの中でもトップクラスなのは確か。
でもどこか乱暴に歌う部分もあって、バラード聞いててもしっくり来ないことが
あったりしたのだけど、今回は良かった。本当に良かった。
じぃぃぃんと胸に沁みたぁ・・・「木蘭の涙」「追憶」「トワイライトアベニュー」。
アーチストとしての年齢的なものなのかな、
それとも私が年をくって、聞き方が変わっただけなのかな。

25曲とアンコール3曲という、長ーいプログラムが終わったら、10時近くでした。
3時間半もコンサートをやるあのおじさんたちは全くすごい。
しかも来年は6時間のコンサートをやるらしい(おやつ付きだってさ)。
うわー、それ行きたい。めっちゃ楽しそう。
今度はちゃんと、新しいアルバムも聞こう。
改めてまた昔のから掘り返して聞くのも、いいかもしれない。

今回気になったことを挙げるとしたら、
となりのねーちゃん、結構老舗のファンだと思うけど、はしゃぎすぎだよっ。
いやー、なんかすごかったw
・・・としか言いようがないくらい、なんかすごかったw
あ、あと2階の一番前の席だったから、落ちそうで怖かったw

しかしなぁ、青森に誰かコンサートに来ないものかね。

 *オマケ*今までスタレビについてはこんな記事かいてます
「夕日のはなし

「木蘭の涙」
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-24 00:08 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 09月 21日

赤ですか・・・?

髪が伸び伸びでいい加減うざくなったので、
今日の休みは髪を切りに街へ出ました。
前はオシャレのかけらも感じられないにーちゃんに切られたので
その店は当然やめて、店頭真っ赤なバラ(もちろん造花だけど)
に埋め尽くされた(ちょっと好きそうでしょ?)、美容室に入ってみました。

今回はわりとオシャレなにーちゃんだったけど、タバコくさっ・・・。
それってどーよ・・・。
別にタバコ吸うのはいいけどさ、お客さんにそれを感じさせては
いけないと思うのですが?嫌煙家もいるだろうに。

でもにーちゃん結構ウデ良かったし、サービスも良かった。
大好きな頭皮マッサージもたっぷり、手の角質を取ってもらえたり、
足マッサージ器あったり、お茶出してもらえたり。

ちなみににーちゃんに勧められて、
はじめて美容室でカラーリングしてもらいました。
「顔色から行くと、赤入れると似合うと思いますよ」
「・・・?赤ですか・・・?」

黒髪に赤を入れると、「漆色」っぽくなるらしいです。ほぉ。
実際色見本を見せてもらったら、結構素敵だったので、
「じゃあ赤で」

もともと髪の色素がちょっと薄めなので、明かりの下だと結構赤いです。
しかもにーちゃんの見立てで紫もちょっと入っているらしく、
よーく見るとちょっとだけ紫っぽくもある。
まぁ仕事上問題ない程度ですけど。

家で風呂上りに髪の毛を拭いたら、タオルが赤くなってちょいびびるw
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-21 00:50 | 今日ノ出来事
2006年 09月 18日

くだらないこと箇条書き

最近MTV漬けです。
音楽のことでいろいろ思ったので、箇条書き。

・SEAMOは絶対「マタアイマショウ」より「ルパン・ザ・ファイヤー」の方が
いいのに、なぜ前者ばかりが流行る!?

・工藤静香ってまだ歌ってたんだ!?
ていうか、前の「がむしゃら歌い」の方が上手く聞こえるなぁ・・・。

・TOKIOの「宙船」を聴いたとき
「あー、アルフィーの新曲かぁ」と思った。
というか、結構長い間思ってた。
「お前が消えて喜ぶ者に お前のオールを預けるな」
という歌詞はかっこいいなぁ。

・YUIとか沢尻エリカに飽きている。

・(沢尻エリカつながりで)「SALA」のCMの曲が気になって調べたら
販売予定がないオリジナル作品らしい。
歌っているのはFreedom for KINGKONGというフランスのバンドらしい。

・GLAYの「夏音」のPVがちょー素敵。
切り絵?のアニメーション。ハッピーエンドじゃないのが残念。

・スガシカオのピンクのシャツはどうかと思う・・・。
似合わないわけじゃないけどさ。キャラ的に・・・?
でも「午後のパレード」は好き。アルバム買おうかな。

・スキマスイッチ「ガラナ」のPV、曲の一番いいところでピアノマン常田が
演奏の勢いで椅子を吹っ飛ばすところを見ると、とてもすっきりする。
ていうかスキマスイッチ、かなり熱い。好き好き。

・普通に疑問。「楽器弾くのに邪魔じゃない?」→ビークル

・YUKIが最近とっても好き。かわいい。

・ちなみに最近一番最後に買ったCDは
笹川美和という、同郷のシンガーソングライターの。
結構前に印象強くCMに使われてたから、聞いたら分かる、かも。
男性にはあまり聴かせたくない曲のオンパレードです。
恋愛の過程で女性が抱く想いが、かーなーり強烈に描かれています。
そ、強烈に。

・「たらこ・たらこ」がふと「わらこ・わらこ」に似てるなぁと思ったら
それ以後私の中で「わらこ・わらこ」という曲に改変されました。

わ~らこ~ わ~らこ~ た~っぷ~り~ わ~らこ~
わ~らこ~ わ~らこ~ た~っぷり わ~らこがやってくる~

わ~らこ~ わ~らこ~ 
endelss♪

ていうか今日はこれが書きたかっただけなんだけどね。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-18 23:59 | 雑言タハゴト
2006年 09月 17日

スポーツの採点

今日、別に何というわけでもなくシンクロの選手権の中継を見ていたのですが、
あれほど素人目に採点基準の分からないスポーツはないですな。
例えばフィギュアスケートだったら、ジャンプの失敗とか、
姿勢の崩れとかでミスが分かったり、
器械体操も新体操も、「あぁ、ミスったな」と視聴者には分かりやすい。

シンクロの採点は・・・なんかよく分からない。
今日のデュエットの演技を見ていても、
1位のロシアは次元違いぐらいに素晴らしかったのはよく分かったけど、
2位のスペインと3位の日本の差もよく分からないし、
中国のペアはロシアの次くらいに良かったと思ったけど、5位だった。
「ロシアの次くらい」に、と表現したのは、
少なくともスペインや日本よりも良かったと、私の目には見えたからなのだけど。
審判は一体どこを見て、何をマイナス点としたのだろうと、
・・・うーん、よく分からない。

中継の解説員(おそらく元シンクロ選手なんだろうな)も
日本以外の演技に関しては粗探しをするような解説?
というか感想ばかりで、純粋に素晴らしい演技を認めない姿勢が
元アスリートとしても、解説員としても・・・ちょっと疑問符。
フィギュアスケートみたいに、聞いたって分からないけど
技の説明だけをしてくれた方が、まだナンボかましかもしれない。

私も手品のコンテストにいくつか出てきて、
数字で審査をされる立場に立ってきたので、
演技を数字で審査をすることの難しさとか、
演技者として、または観客として理解できない点は体験してきたところです。

手品のコンテストなのに、本来手品において一番重要であるはずの
「不思議さ」というのが軽んじられているケースが、結構あるのです。
ガツンとネタを落としたり、ガン見えしてたりする人が1位とか取っちゃうわけよw
手品の審査は、フィギュアスケートの審査みたいに
ルーティーンや技術etcいろいろ分かれているので
ミスがあっても、他の採点基準で補えちゃうようになっている。
ただ、フィギュアスケートだったら1回のジャンプの失敗で
メダルが取れなくなってしまうけど、
手品はネタを1個落としたって、1位になれちゃうのです。

ちなみに私はあるコンテストで
「不思議さ、という点でこの人に賞をあげないわけにはいかない」
と審査員に言ってもらえたことがあります。嬉しかったなぁ。

話がずれましたが。
確かに日本人として、日本人選手に良い得点が出るのは嬉しいけど、
同じ苦労をしている世界中のアスリートのことも、
たくさん褒めてあげてほしいわけ。
美しさが選手だけじゃなく、それを伝える人の心にあって、
伝えられる人の心に届いてほしいと思うのです。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-17 00:40 | 雑言タハゴト
2006年 09月 15日

3年目の~♪

「三年目の浮気」って歌は改めて考えるとすごい曲ですね。
浮気そのものが堂々と歌詞になっていて、
しかも男は悪びれもせず、女も一歩も引かないあたりが。
歌謡曲の女って、総じて弱く仕立てられてるものだから。

 三年目の浮気ぐらい大目に見てよ
   開き直るその態度が気に食わないのよ
 三年目の浮気ぐらい大目に見ろよ
   両手をついて謝ったって許してあげない

なぜ「三年目の浮気」は「大目に見」なきゃいけないんですかね。
この男の言い分が一番分からんです。

・・・ってね、今日の主眼は三年目の浮気でも浮気そのものでもなんでもなくて。
気が付けば、当WALATTE!WALATTE!はめでたく?3年目を迎えました。
「おぉ~、3年目かぁ、3年目だぁ~」 とか思ってたら
「三年目の浮気」が浮かんできたまでです。

この2年間、人生が激しく揺さぶられて振り回されました。
それが仕事が原因なんだから、いまいち面白くもないなぁw
まぁ、大手ではないからこそいろんなところに行けて、
行った先々で自由気ままに仕事できているので
性に合っているといえば合っているのかもしれません。

ただ、最近思うことは、今私は仕事上の悩みやちょっとしたトラブルを
ぶつける特定の相手に欠いてしまっているということです。
コンビニに居たときは、週に何日か巡回に来る本部のお兄さん(通称上司)に
いろんな話を聞いてもらっていました。
仕事の話だけではなく、プライベートな話もたくさんしました。
今は、もちろん、仕事場の人とはうまくやっているし
コンビニ時代に常に持っていたような、立場や仕事内容、
一般的な店長意識への不適応に対する辛さは、無くなった。
でも、何か足りないんだよなぁ・・・と考えたときに、
それが「常に傍にいる上司の不在」だということに気が付いた。

前、博物館にいたときも、コンビニにいたときも、
仕事上で私のことをとてもうまく扱ってくれる上司がいて、
ビジネスでも、それ以外でもたくさんの話を聞いてくれた。
今は、私がその「上司」の立場、役割になっていた。
スタッフの質問に答え、意見を聞いて、本社とのパイプをする。
でもまだまだ、自分の上にいた上司のように、
私はみんなの上司足り得ないなぁと、日々反省しきり。

ちなみに。
はっきり言って、本社の人はあまりアテにしていないw
まず事務所と現場じゃ状況違うし、
本社の人とは仕事に対する感性が違いすぎるのも分かってるし。

WALATTE!WALATTE!は、今の私には、話し相手みたいなものです。
とりあえず、自分の言いたいことを書いてみる。
ふぅっと思ったこととか、感動したこととか、身の回りのこと・ものについて。

でも、話をするときと一緒でね、
真剣に考えていることとか、真剣に悩んでいることって人に話せないんだな。
いわゆる「自分のこと話下手」。

「シャイなあんちくしょう」なのよw
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-15 00:53 | 雑言タハゴト
2006年 09月 12日

そりゃ年くえば嗜好も変わる

L'arc~en~cielが15枚もシングルを出したおかげで
チャート番組の上位がラルクだらけになってますけども。

ラルク全盛期は私が大学2年生のときだったかと思います。
当時は結構好きで聴いていた覚えがあります。
それから7年ぐらい経ったわけですが・・・
時間の流れか、私の経験値の積み重ねか(←・・・?)
前は「良いなぁ、好きだなぁ」と思っていた曲が
「うーん・・・?」という受け止め方になっていました。

私はラルクの暗ーい感じの歌が結構好きでした。
「花葬」「forbidden lover」「finale」など。
こういうぬめーっとした、ひんやりとした曲を
好んで良く聴いていた時期がありました。
今も、確かにいいとは思いますが・・・好んでは聴かないな、という感じ。
どっちかというと、まさに一般受けした
「HONEY」や「DIVE TO BLUE」の方が今は良いと感じます。
特に「HONEY」は改めて聴くと、かなりいい曲ですな。

この頃のPVをまとめて見ましたが、
メンバー全員「何食ってるんだよ?」ってぐらい病的。
特にhydeは女の生き血でも吸ってるんじゃないかと思うくらい。
PV自体、同じ演出家の趣味だと思うけど暗いの多いし。
「人気の少ない北欧の田舎の風景にたたずむ一人の女」
がいろんなところに出てきている気がする。

7年前、「piecies」が一番好きでした。

  ねぇ 遠い日に恋をしたあの人も
  うららかなこの季節
  愛する人と 今 感じているかな

今はごく普通に、何も思わずに聴く程度、ですね。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-12 00:16 | 雑言タハゴト
2006年 09月 09日

最近どうも

肋間神経痛が痛みます(泣)。
左側、息を吸うのがつらいほど痛むときもあります。

以前は寒いとき、冷たい空気を急に大量に吸ったときなんかに
たまになる程度だったのですが、
最近は、まだ暖かいのに!痛みます。
原因とかよく分かりませんが、
漢方や鍼灸の治療が良いそうです。
今度鍼打ってこようかな・・・。

ちなみにそういうのに遺伝が関わるかはよく分かりませんが、
私の母方は神経系の病気持ちが多いです。
おばあさんと次女は、顔面神経痛。
三女である私の母も、一昨年辺り右手親指の神経を切る手術をしている。
そうなると私もかなぁ・・・という気はしてます。

ま、素人判断ですけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-09 23:12 | 雑言タハゴト
2006年 09月 06日

ただいま、そして・・・

「ただいま!」
旅行していたのは3日間だけですが、
なんだか1週間ぐらい放浪していた気分です。

今回は移動の多い旅でした。
しかもほとんどが長距離移動なので
交通費がバカにかかりました。
地方に行くと細かい移動には私鉄に乗りますが、
地方の私鉄はあったかくてとても好きです。
今回も出雲で一畑電鉄というのに乗りましたが、
おそらく委託駅員のおばあちゃんが切符に鋏を入れてくれて
「寒いからもう乗っていいよ」と
始発待ちの電車のドアを開けてくれました。

私鉄は好きですが、やはりバスは苦手です。
地方によって乗り方がまちまちですからねぇ・・・。
時間も時刻表通りに行かないから、不安になるし。

今回の旅の顛末は、またいずれちゃんとアップします。

「そして」
明日夜から出張で東京ですw
って仕事場の人に言ったら
「?walacoさんは出張で青森に来てるんですよね??」
「あ、そうか。じゃぁ逆出張?」
まぁよく分かりませんが、とりあえずまた明日も飛行機に乗ります。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-09-06 23:09 | 今日ノ出来事