<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 30日

そんな日もあるよ

青森に戻りました。
完全プライベートで東京に向かったつもりなのですが、
結局のところ、諸々のアリバイ工作?のため
本社で半日仕事をしてしまいました。
それにしてもまた社長の親族が社員として増えていてびびりました。
アタマかたそーなんだよなぁー。
人生ふらふら楽しんで、そのついでに仕事しちゃってるくらいの人がいてもいいと思うけど。
たまには。

4日更新しないとずいぶん長いことさぼっていたような気がしてしまうもので。
それにしても。
不思議なんだけどね、
今日は上手く文章が書けない。

書くことはいっぱいあると思うんだけどね、
何だか上手くまとまらない。

4つぐらい記事を書きかけて、
それぞれ結構書き上がったところで、納得いかなくて消しちゃった。

・・・ま、もともとそんなたいそうなもんじゃないけど。
自分がいい気分で書かないと、ノっていかないものでね。
気分が乗っている日は、すごいテンションで書き上げるくせに・・・。

なので今日は言い訳を書いて〆ます。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-30 23:56 | 雑言タハゴト
2006年 10月 26日

野球って素敵だ

普段あまり野球は見ませんが、今日の日本シリーズは
ワールドベースボールクラシックの決勝戦と同じくらい感動しました。

野球って素敵だなぁ。

一人のスター選手が、仲間を、チームを、ファンを、地域を変え、
野球をぐっと深く、おもしろく、素晴らしいものにしたと思う。
いろいろと批判はあったかもしれないけど、
何にも変えがたい結果が出た。
文句言えないよね。

大好きなことを、楽しんでやる。
日ハムの数人の選手が、あまりにもきらきら輝いているから、
チーム全体がものすごく明るく見える。
相手チームのベンチがものすごく暗ーく見えてしまうのは、そのせい。

大好きなことならば、楽しんでやりたいもの。
楽しんでいる人は、きらきらして見える。

私が唯一見に行ったプロ野球の試合は、4年前に見た
千葉ロッテVS日ハムでした。(当時千葉県民だったもので)
4年前の日ハムはまだホームグラウンドを東京ドームに持ち、
新庄も居ない、リーグでも地味なチームでした。
しかもその頃は日ハム本体に不祥事があったりして。
マリーンスタジアムでの試合、夏休み平日のデイゲーム、
日ハム側のスタンドにはほとんど応援団は居ませんでした。
その試合は、確かロッテが勝ったと思います。

今日、満員の札幌ドームを見て、あの人の多さに感動しました。
もちろん日本シリーズだから、そりゃ満員は当たり前なんだけど、
いつの間にこんなにたくさんのファンを抱え込んだんだろう・・・?
すごいなぁ。すごいなぁ。
札幌にホームグラウンドを置く、となったときは
反対した地元人も結構多かったと思うけど、今はどうよ。
これも、もう文句言えないよね。

来年以降も、素敵なスポーツであってほしい、
そんなことを、野球に望みます。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-26 23:40 | 今日ノ出来事
2006年 10月 25日

ブームが来るのかどうなのか

せんべい汁。
青森県八戸地方の郷土料理だそうです。
最近どうやらなにやら、せんべい汁ブームを作ろうとしているらしい。
町おこしなのか、何なのかはよく分かりませんが。

せんべい汁自体を説明しないといけないのね。
青森でいうところの「せんべい」というのは米菓のことじゃなくて、
いわゆる「南部せんべい」と言われる、小麦粉で作ったものです。
青森のスーパーに行くと、南部せんべいコーナーの広さに驚く。
種類がものすごく多い。かたちも様々。

 私は青森に来るまでは南部せんべい、あまり好きではなかったのですが
 青森に来ていろんな種類を食べたら、好きになりました。
 とくに「いか」と「かぼちゃ」と「チョコレート」、うまーい。

で、黒ゴマを入れたせんべいを鍋に入れたのがせんべい汁、なわけです。
きりたんぽ鍋のきりたんぽをせんべいに代えたもの、としてください。
最近はこんなカップのものも出ています。

b0024051_23104340.jpg


これ、青森に来てわりと早い時期に八戸に行った時に買ったのですが、
ほぼ4ヶ月放置してまして、いよいよ賞味期限が切れたので、
ようやく食べました。

b0024051_23384478.jpg


せんべいがふやけたら「お麩」みたいでした。
新潟に「車麩」というのがありますが、それを煮たのと似た感じ。
だから麩を煮たのが苦手な人にはお勧めしません。

このカップのスープがあまり美味しくなかったので(はっきり言っちゃったけど)すが
たぶんちゃんとしたものはもっと美味しいと思いますw

最近「せんべい汁の歌」が出てるらしいよ・・・。
全国デビューしたとか。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-25 23:47 | 雑言タハゴト
2006年 10月 23日

夜のご挨拶

*今日の内容は至って健全です*

おととい辺りから青森市内には選挙カーが走り回ってます。
今週末に市議会議員選挙があるんだって。
住所を動かしていない私には関係の無いことですがね。

その選挙カーってば、たいそう御丁寧に窓を開けて走ってらっしゃる。
今日の青森の気温はたぶん1ケタを出なかったんじゃないか?というくらい
冬みたいな寒さだったのですが、それでも窓全開。偉い。
しかしウグイス嬢のテンションは低い・・・↓↓↓
千葉とか東京の選挙のウグイス嬢は結構声に華のある人が多い。
・・・多分に、そうじゃないと雇ってもらえないんだろうね。派遣らしいし。

閑話休題。

何台かの選挙カーに遭遇しましたが、夜走っているときの挨拶が

「おばんでございます」

であることに和みを感じてしまいました。
おそらく関東圏では「こんばんは」だと思うのです。
そもそも選挙カーの挨拶なんてちゃんと聞いてないからわからないけど・・・。

「おばんでございます」

なんかご近所同士の挨拶みたいで、良い。あったかい。
この挨拶はどの地域でも通じるのかな、よくわからないけど、
新潟では「こんばんは」以上にポピュラーな夜の挨拶です。
うちの実家の地域では

「おばんなります」

が最も一般的でした。(ちなみにアクセントは「ま」に付きます)
丁寧さの度合いとしては
「おばんです」<「おばんなります」<「おばんでございます」
という感じですか。
もっとも、若い人はあまり使わなくなったとは思います。
私だって、親戚の家に行くときぐらいしか使わないもの。
ただ、言葉の響きがとても好き。

しかし公示から選挙まで1週間て、短くないか?そんなもん?
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-23 23:18 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 10月 22日

(仮)

仮免受かったよぉぉぉぉ。
1回で。

最初は全然!カーブがうまく曲がれなくってねぇ(←かなりのダメっぷりでした)。
そのくせクランクS字は意外と落ちなかったんだけど。
後半奇跡的な飛躍を遂げ(←自画自賛)、
予定と予想よりも早く、最短時限で仮免試験にこぎつけました。

試験で一緒に車に乗った人の運転がすさまじくて、ですね・・・。
50歳ぐらいの女性なのですが、
いわゆる「急発進と急ブレーキの繰り返し」で、がくがくがくがく・・・。
しかもウィンカーの出し忘れ2回、ミラー確認ほぼゼロ、など
やぁ・・・みきわめのハンコ押した教官の判断基準がちょっと疑わしい。

どうやらこのおばはん、みきわめ取るまでに3ヶ月近くかかっているらしい。
AT車は最短12時限のところ、40時間ぐらい乗っているらしい。
・・・厳しいことを言えば、おばはん、免許取らない方がいいと思う。
危ないよ、危ないって。本人も、周りも。

というか、このおばはん、合格したことが一番謎だ・・・。

そんな具合の今日の仮免試験をうけてみて、
車学の教官ってすごいなぁ、と思いました。
ド素人の運転に付き合わなければならないし(それが仕事だし)、
どんな危険な運転の隣にも、常にいなければならないわけだし、
後ろに乗っていたって十分怖かったもんなぁ・・・。
きっと良い保険に入っているんだろうなぁ。

そんなわけで、来週から二段階です。
雪が降る前に、何とか!
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-22 00:00 | 今日ノ出来事
2006年 10月 20日

後輩たちへ

年に1度の発表会が1週間後に迫って。

今年は本州最北端より何もできず何もせず、
当日本番のみを見ることになりました。

今、演者全員が煮詰まっていることと思います。
演技でうまく行かないこと、演出でうまく行かないこと、
度重なる練習、リハ、OBOGからの批評、などなど
たくさんのストレスに晒されていることと思います。

そういうものです。
それと如何に上手く付き合うか、解決するか、または諦めるのか、
これから1週間の皆さんの課題です。

私も2,3年生のときは、1週間前といえばかなり病んでいた時期でした。
ビデオで客観的に見た自分の演技にヘコみ、OBOGの批評でへコみ、
特に3年生のときはOBと大喧嘩、後輩とも大喧嘩、という、ひどい状況でした。
不安?ありまくり。
自信?そんなの無い。
じゃぁどうしよう?

練習して練習して、練習して、それで失敗したら、仕方ない。
練習せずに後悔はしたくない。

そう思って、1週間ひたすら練習しました。
結果的に、2年間そこそこのものが出来たみたいです。

そういうものだと思います。
努力した人は、そうじゃない人との違いが明確にある。

学外で何が良いかって、終わった後の達成感が良い。
努力せずに達成感は無い。泣ける位の達成感なんて、生きていてそうそう、無い。
今思うと、あんなにひとつのことに打ち込めることもそんなに無いし、
何十人がひとつのことに打ち込むことも、そんなに無い。
たとえいろんな確執があったとしても、
部活やってて良かったなぁと思うし、
このメンバーとショーが出来てよかったなぁと、思う。
私はそう思った。

みんなにも、そう思ってほしい。

・・・・・・・・・・・・

今、いちOGとしては、みんなが楽しくやってくれるだけでいいと思ってます。
OGなりたての頃は、いろんな体面を気にして、
「OBの顔に泥を塗るな」なんて発言もしたことがありますが、
今はそんなことは思いません。

部活に毎年新入部員が来てくれて、部活として存続できて、
毎年ちゃんと大きな発表会が開ける。
それがどれだけ素晴らしく、ありがたいことか。

そう思うようになったのは。
去年仕事でお世話になった方に、某大学のヨット部員OBという方がいました。
その方が卒業して5年ほどで、ヨット部は廃部になったそうです。
「自分が居た部活がなくなるって、すごく寂しいものですよ。
名前だけでも残してほしかったけど、それも出来なかったみたいで。
だから部活が残っているって、とてもうらやましいです」

・・・・・・・・・・・・

これから1週間、苦しんで、努力して、泣いてもいいし、
とにかく後悔の無いように。

そして、終わったら美味しいビールが飲めますように。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-20 01:06 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 10月 18日

ちょっとだけベジタリアン

ここ1年ほど、体重はあまり変わっていないのですが、
食生活を見直そう!と急に思い立ち、
最近、夕食にはご飯と野菜のみを食べています。

去年の今頃はコンビニ食事まみれの毎日でしたが、
その分動いていたので、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていました。
ただ、たまにものすごい食欲不振に陥ったり、
お腹が空くのに食べると気持ち悪くなる、なんてこともありました。
コンビニをやめてからはそんなことも無くなりました。

そして今!
なんたって温野菜with塩コショウが美味しいのだよ。

朝ごはんは従来どおり、ご飯。時に納豆付き。
仕事の日の昼ごはんは自前弁当。
半分は野菜、あと半分はお肉とか卵とかチーズとか。
休みの日は、最近は車学の昼休みに近くのスーパーの弁当かパン。
おやつは必ず食べる!
おやつを抜くとストレスがたまる、ような気がするので、
糖分は欠かさず。
で、夜はご飯と温野菜か、あまりご飯の雑炊。
早めに歯を磨いて、夜のおやつは食べない。

1週間ほどこの生活を続けまして、
体重はほぼ変わりませんが、なんだか体が軽く感じられて、調子がとても良いです。
しかも肉や余計なお菓子をほとんど買わなくなったので、
お財布的にも優しい生活が出来ています。

これからお鍋の時期なので、
今度は葉物中心の生活になりそうです。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-18 01:01 | 雑言タハゴト
2006年 10月 14日

大好きだ

ラビオリ!

b0024051_2342376.jpg


「それなに?」って聞かれることが多いのですが、
一番解り易くいうと「イタリアンな餃子」。
パスタ生地の中にチーズとか、ちょっとした具が入ってる。

3年前にオランダで食べたラビオリがちょー美味しくてですね、
それでラビオリファンになったのですが、
レストランでもメニューをくまなく見ても、なかなか無くて・・・。
カルディとか輸入食品屋さんにいくと、半生のものが売っているので
見つけると買うようにしていたのですが、
今までなかなか美味しく仕上がらなかったのです。

いつもは「お召し上がり方」どおりに
お湯を切って、そのままソースを絡めていたのですが、
今日はお湯を切った後にひと手間かけて
フライパンでチーズソースとともにもう一度火にかけてみたら、
水っぽさが飛んで、ソースが上手く絡んで、うまー♪
一緒に茹でた野菜も美味しく食べられました。
感動的だったので、思わず写真を撮った次第。

今日で3回に分けて食べた1箱が無くなったので、
また買いに行かなきゃ。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-14 23:59 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 10月 13日

一目惚れ

3年ぶりか4年ぶりくらいに映画館に映画を見に行きました。
以前書いたことがあるように、「影にお金は払えねぇ」という思想のもと、
ほとんど映画館には足を運ばないのですが、
今日はどうしても3時間ほどの時間をつぶさなければならなくて
たまたま近くに映画館があったので、入りました。

見る映画には、迷いませんでした。

  LADY IN THE WATER

シックスセンスやビレッジの監督、ナイト・シャマランの新作ですね。
(・・・とかいってー、実はーどっちもー見たこと無いー)
何でこれを選んだかというとですね、
公開前CMの映像に一目惚れしたからなんですよ。
ポスターにもなっている、この絵です↓。
(チラシを写メで撮っているので、色合いが上手く出ないけども・・・)

b0024051_23424516.jpg


この目の深さにぐーっと吸い込まれる感じ。
タイトルから
「きっとこの少女は水の中にいて、
この世の中の何かを見つめているんだなぁ」
という感じで、ものすごく深いものを感じたわけですよ。

で、まぁ実際の映画は、どうやら結構叩かれているみたいですが・・・。
それも分かる気もしますね。なんか、あまり内容が無かったもんな。
内容が無い、というか、はしょり過ぎてぼやけている感じ。
2時間の映画だったのだけど、3時間ぐらいにして
もっとよく人物や物事について書き込んでほしかった。
映像とかカメラワークとかってのは、結構ツボだったんだけど。

この写真の「レディ」(ブライス・ダラス・ハワード)の
妖精っぽい雰囲気がとても良かった。
彼女は水の妖精ゆえに、ずっとシャワールームに座り込んで
水を浴びているんだけど、その日常(シャワールーム)の中にある
非日常(女の子が座り込んでいる)の光景が、とても綺麗だった。

一枚の絵に惹かれることなんて普段無いから、
映画自体どうの、というよりも、
この妖精に出会えたことが、とても嬉しかった。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-13 00:33 | 今日ノ出来事
2006年 10月 10日

縁起かつぎみたいな

b0024051_2246418.jpg


日本的な縁起かつぎが大好き。
というか、趣味なのかもしれない。

このカエルは、必ず東京に帰る!という思いで、
家にあった小物コレクションの中からピックアップして青森に持ってきたもの。
表情はかなりやる気ないけどねぇw

他にも「ふくろう」がいる。
送別会で知り合いがくれたものなので、持ってきている。
ふくろうは「不苦労」につながる。持っているといいことがあるかもよ。
しかもふくろうは学問の神様らしい。
これはギリシア神話とかの設定だったかもしれないけど。

私の手品用テーブルの、お客さんから見えないところには
かわいい小さな達磨が住んでいる。
テーブルに戻るだびに癒されるように、
4年ぐらい前に住まわせてみたら、その後すっかり定着。 

単なる和雑貨趣味といえばそうかもしれないけど、
一応縁起かつぎの「つもり」で身近においてみる。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-10-10 23:15 | 雑言タハゴト