<   2006年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

ひらがな、ことば。

劇作家の木下順二氏が先月末に亡くなられていたことが
今日になって公表されました。

氏の代表作に「夕鶴」という作品があります。
昔話の「鶴の恩返し」を基にした、とても美しいお芝居です。

私がこのお芝居に出会ったのは、高校の現文(現国)の授業中に読んだ、
現文の資料集でした。
「夕鶴」の一文が数行載っていて、
その数行がとても印象に残って、
すぐに図書館で木下順二全集を手に取りました。

  青年・与ひょうはある日、傷ついた鶴を一羽助けた。
  その後、「つう」と名乗る女性が与ひょうの家を訪れる。
  つうは「織っているところを覗かないように」という約束で
  美しい織物を織り上げ、与ひょうはそれを売って、二人は幸せに暮らしていた。
  やがてつうの織物に目をつけた与ひょうの仲間が、
  高値で買い上げるから織物を作ってほしい、と与ひょうに要求をする。
  与ひょうは儲け話に喜び、さっそくつうにそのことを話す。

  布を織るんだ、高く売れるぞ。たくさんお金がもらえるんだ。
  宝物だって、たくさん手に入る。
  そう興奮して話す与ひょうにつうは戸惑い、問い質す。
  
  「わからない、あんたの言っていることがまったくわからない。
  おかねってなぁに?
  たからってなぁに?
  あたしのほかに必要なものがあるの?
  あたしはあんたがいれば、ほかに何もいらないのに・・・」

  それでもつうは布を織り始め、与ひょうはそれを覗いてしまう。
  そこにいるのは、自分の羽を抜いて、
  弱っていきながら機織機の前で織り続ける、一羽の鶴だった。
  出来上がった布を置いて、つうは去っていく。
  布を抱きしめながら、与ひょうはひとり涙に暮れた。

国語の資料集に載っていたのが、かぎ括弧で囲んだ部分。
だいぶ年月が経ったので、記憶も曖昧になっているが、
8割方、表記も含めて合っていると思う。

つうのことばには、おかね、たから、漢字でもいいものを、ひらがなが多い。
(他も、全体的につうのことばにはひらがなが多い)
それがつうというキャラクターすべてなんだろうな、という気がした。
このフレーズが、とにかく強烈に心に響いた。
そしておそらく「夕鶴」全体で、最も強烈な一文なんだと思う。

後に2度見に行った坂東玉三郎と渡辺徹による「夕鶴」でも、
私はやっぱりこの一文が気になって仕方なかった。
玉三郎の人間離れした美しさと渡辺徹のあったかい与ひょうは
キャスティングとしてはこの上なく、とても素晴らしかったが、
残念ながら、台詞があまり心に残らなかった。
女形の口調では、限界があったのか、
原文に対する私の思いが強すぎたか。

氏が亡くなったことで、「夕鶴」は多くの人が演じるようになるのだろうか。
(今までは氏が認めた2人だけが、公につうを演じることを許されていた。
ひとりは山本安英(故人)、もうひとりが坂東玉三郎)
氏がひらがなに込めたつうのことばに、
誰かが命を吹き込んであげてほしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-30 23:41 | 言の葉コトダマ
2006年 11月 29日

今後のワタシ

お知らせをひとつ。

今年いっぱいで青森より撤収することになりました。
年末に東京に戻ります。

理由はオフィシャルなものと、非オフィシャルなものがありまして、
オフィシャルな理由としては、青森の業務がひと区切りついたから、
そして東京本社で人手が足りてない(らしい)から。
青森の業務は10月中旬ぐらいまでに現地スタッフにほとんど振ってしまい、
それ以降、毎日やることなくってねぇ。手持ち無沙汰。
暇しているのが嫌いなのです。暇が苦痛。

10月末に本社に行ったときに、思い切って社長に言ってみました。
「今年いっぱいで東京に帰ってきてもいいですか?
それから次の現場が決まるまで、お休みを頂きたいのですが」
  前にもちょっと書いたかもしれませんが、
  私はこの会社の体質とかビジネスのやり方が嫌いなので、
  日常的に本社の人間の目の届かない、現場にいました。
社長がちょっと焦った。
いかんせん、うちの会社、休むといって、そのまま消える社員が多いw
一応「辞められたら困る人」扱いらしい。
・・・まぁそれはそれで評価されているのは嬉しいけど。
話し合った結果、希望の現場が出来たら優先的に行かせてもらうことで、
年明けからの本社勤務が決定。

・・・できれば本社勤務だけは避けたかった・・・。
だって社長一家は勢力拡大してるし、揃いも揃って理不尽なこというし
無駄に残業してるし、社内不倫カップルはいるし(爆弾発言)。

非オフィシャルの理由、それは簡単に言えば地理的な問題です。
何かしようと思ったときに、東京に出るには時間やお金がかかりすぎる。
手品がらみで東京でタスクを抱えることが多いので、
その度に東京に出ていると、交通費がバカにならない。
来年からは新しい展開がいろいろとありそうなので、
東京にいたほうが動きやすい。

というわけで、半年強の長期出張となりました。
東京の空家賃がもったいなかったなぁ・・・。

あ、そうそう。
本社勤務になって良いことがひとつ。
通勤時間が、チャリで3分。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-29 22:33 | 雑言タハゴト
2006年 11月 27日

こんな親では困ります

初めて青森東京間の夜行バスに乗りました。
片道4500円だよ、安い!
ちなみに新幹線だと片道1万6000円、
飛行機はディスカウントで平均1万5000円てとこ。

安いの分かっているのに今まで使わなかったのは、
夜行バスが嫌いだからです。
眠れた試しがない。
どれだけちゃんとリクライニングシートであっても、
3列タイプのゆったりシートであっても、
眠れない!
新潟東京間の昼便はがーがー眠れるのに。

今回は幸い、東京に着いてから自宅で3時間くらい
寝る時間がとれそうなスケジュールだったので、夜行バスにしたようなわけ。
&節約。

いやぁ、今回は過去最大の大惨事でした。

弘前で3歳~5歳くらいの子供を2人連れた母親が乗ってきました。
昼夜含めて、高速バスにこういう客層の方が乗ってくるのを、
私は初めて見ました。
長距離高速バスを使ったことのある方なら、
あのヘビーな環境を想像できるかと思います。
しかもこれは国内の高速バス路線の中でもトップクラスの長距離。
さらに!冬の車内は暖房でかなり乾燥します。

そんな中、この親子は2人分のシートに3人がけ。
確かに安くあがりますか、自分が親なら絶対にこんなことしない。
あの環境は子供にはかわいそうすぎる。

3人は私の真後ろの席に座りました。
1時間くらい経ってから、お兄ちゃんの方がひどい咳をしはじめました。
子供の風邪によく聞く、痰がからむような咳です。

別に子供の咳は仕方ないですよ、出るものは。
「え?」と思ったのは、お母さんがそれに対して何もしてあげていないこと。
大丈夫?と声をかけて背中をさするとか、
飲み物を飲ませてあげるとか。
母親が動いている気配が全くしなかった。
明らかに今、急に風邪をひいて咳が出始めたとは思えないような様子だったから、
のどあめや咳止めを持ち合わせいないのも変だし。
まずマスクをかけてあげるとか。

その内、咳が枯れたようになってきて、聞いていてかわいそうになってきた。
お兄ちゃんは眠っては咳をし、の繰り返しだった。
そのうち、妹の方が、お兄ちゃんが咳をする度に泣き叫ぶようになった。
これにも母親はなだめるとか、何も無し。
・・・唖然。

深夜2時半頃、バスは福島辺りでパーキングエリアに入った。
子供が寝入っていると思ったのか、母親はひとりでバスを降りていった。
人の乗り降りのざわざわ、子供は目を覚ましたらしい。
起きたら母親がいなくて、狭い薄暗い車の中で、見知らぬ人ばかりで。
子供はしきりに母親のことを呼びはじめた。

子供2人の身の安全をこの母親は少しでも考えただろうか。
連れ去りやら物騒なことの多いこの時勢に。
バスという密室ではあるけど、止まってドアが開いている間は、
誰でも入ってこれてしまう。

私なら「トイレ行くでしょ?!」と叩き起こしてでも連れてくなぁ。

そんなわけで、咳と泣き声が時間おきに繰り返され、東京に着きました。

眠れるわけがないじゃん。
母親の行動や態度に腹が煮えくり返って、もう!

自分はあぁはなるまい。
そしてやっぱり高速バスはもう懲り懲り・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-27 21:37 | 今日ノ出来事
2006年 11月 24日

本当に美味しいチョコレート

桑田圭祐が出ているCMに惹かれて、
Meiji(明治製菓)のChocolife(ショコライフ)を初めて食べました。
これは本当に美味しいです。

あのCMはお洒落で良いですね。好きです。
だってチョコレートでレコード買っちゃうんだよ。
あのおじいさんの心意気と、美味しそうに食べる顔が印象的。

チョコレートは食べた後の後味が重要だと思うのですが、
ほとんどの量販チョコだと、後味がすっぱいというか、いやーな感じが残るので
チョコ菓子(スナック系の)は好きなのですが、
チョコ単体を食べることは、普段ほとんどありません。
で、まぁchocolifeはパッケージも紅茶のパッケージみたいでかわいかったし、
よく考えれば高いけど、買いやすさを感じさせる値段(4枚入り100円)だったので、
リッチミルクを買ってみました。

嫌な後味が無くて、純粋に「おいしい!」
さすが明治製菓さんですねー。
そりゃおじいさんもレコード売っちゃうよ。

今度は別な味も買ってみよう。

ちなみに、この他に最近(というほど最近じゃないけど)
「これはうまーい」と思ったチョコレートは、
東京タワーの近くにある、オランダ人パティシエのお店のもの。
小ぶりなマカダミアかなぁ?歯ごたえのいい豆が入っていて、
ミルクとビターとホワイトがあるんだけど、断然ホワイト。
100グラムも入っていないと思うけど、¥700位するから高め。
でも美味しいので、東京タワー時代にはよく買っていた。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-24 23:35 | いとし、しほらし、かはいらし
2006年 11月 23日

蛍の光、窓の雪

めでたく自動車学校を卒業しました♪
(そうそう、東京では「しゃがく」で通じますが、
青森では「じしゃこう」というのが大半のようです。)
「運動神経が悪いと苦労するよ」と
前の仕事場の上司に散々に言われた、超運動オンチな私ですが、
最短時限で受かったよ、ふふん。

地元では「あそこは厳しいよ」という評価のマツダ付属の車学でしたが、
そんなに厳しい!という印象ではなかったです。
ただ、教官や事務のおじさんがこぞってツワモノ揃いで・・・
変な人・・・おっと。
個性的な人ばっかりでした。
私は住所が東京のままで通っていたので珍しがられて、
いろいろ構われてました。

  今日は2ヶ月近くお世話になった車学に愛を込めて、
  微妙なイニシャルトークでお礼です。

一番最初に運転を教えてくれたI藤先生、
初めて運転するっちゅうのに、関係ない話ばっかりで気が散りまくりでしたが
おかげさまで楽しいスタートが出来ました。
それにしてもスキンヘッドは怖いよ・・・。ガタイもいいし。

一番乗る回数の多かったK川先生、なぜかいつも雨が降る・・・雨男か?
高速教習(という名の心中未遂?)、お疲れ様でした。

「東京の学校の先生だったら、芸能人とか教えられるのかなぁ」
とぼやいていたY田先生。その他やや夢見がち。
持ち物にプーさんが多いのが微妙・・・。

車種の話でいつも授業終わりが駆け込み気味のKM田先生、
「この人は本当に車が好きなんだなぁ」と思う。
仮免受験のみきわめをくれた恩人。めがねがやくざ風。

王監督激似のK田先生。無口。ひたすら無口・・・。
なんだかんだ、結構乗った回数多いな。

「この人は偉いなぁ」と思わせたK内先生。
救護の授業でごね始めた女子高生にも気丈に対応し、課題をこなさせた。
廊下でよく話しかけてくれて、でも教習は厳しかった。

1度しか乗ったこと無いのに、なぜか仲良しのY岡先生。
何度も廊下でわざとぶつかられた。
白い手袋の意味は
「運転補助のときに素手で生徒の手を取ると、セクハラだと訴える人がいる」
からだって。

車学紹介のテレビで「無理に滑稽さを演じていたのがバレバレな」M田先生。
一緒に乗ったときはがっつり無精ひげで、
「・・・それでいいのか身だしなみ」と突っ込みたくなったような。

卒検前日のみきわめで「これで明日受けるつもりなの?」と
ダメ出しの連続で、どん底に突き落としてくれたY口先生。
「俺さぁ、ずっとこうだから、だいぶ恨まれてると思うんだよね・・・」
でも、おかげで視界が広くなりました。
一番感謝しなければならないのは、この人かもしれない。

いつもからかってくる配車係のN尾さん。
そしていつもリアクションに困る私。
進み具合から適切な教習プランを勧めてくれて、
無理なく無駄なく教習が出来たのはこの人のおかげかな。

卒検の合格をくれたM上先生。
最初の印象は「ふけた不良工業高校生」・・・。
だって、ちょっと太っていて髪の毛微妙に長くて、金に近い茶メッシュなんだもん。
卒業のハンコくれたから生涯恩人だ。

  そんなわけで、本当にお世話になりました。

卒業式で「校長」をちゃんと認識した。
「あれー、この人、誰かに似てるけど・・・誰だっけ?誰だっけ?」
今思い出した。
東京タワーのとある部署のお偉いさんに似てるんだ。

半年を過ごした青森で、一生に残るもの(たぶん・・・残すよ)を得ました。
あの車学を選んで良かった。
本当に良かった。
車を買うことになったら、マツダの車を選びたいな。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-23 00:14 | 今日ノ出来事
2006年 11月 20日

「頂だい」

新潟県出身で笹川美和というアーチストがいます。
いわゆるシンガーソングライター、って肩書きがつく人です。
たぶん、同年代だと思います。

彼女の存在を知ったのは、NHKの「トップランナー」という番組でした。
普段はほとんど見ない番組なのですが、
(なんでって、同年代で活躍しているって、嫉妬しちゃうんだなぁ・・・)
一生懸命歌っている女の子がふと気になって、
ちょっと聴いたことある声だったし、そのまま見てた。

どうやら同郷人らしい、ふむ(その時点で3割増しぐらい)。
その「ちょっと聴いたことある」というのが、
ジュースのCMで流れていた曲で、
後々知ったことだけど、そのタイトルは「笑」だったりした。
(この時点でさらに2割増し)

番組の後半では「金木犀」という歌について、話がされていた。
細かくは覚えていないんだけど、司会者の女の人が

「歌詞は全体的に、女性の強い強い恋愛の気持ちを描いているんだけど、
そこに出てくる”頂だい”という言葉が、
そこだけがとっても子供っぽくて、かわいらしい」

というような感想を言っていた。
最近なってCDを買って、読んでみたら、確かにそんな感じ。
強くて、重くて、でも「頂だい」なんて甘えてみたりする。

  金木犀の香りに 
  あなたの香りを重ねて  
  二度と戻らぬと承知で
  涙し恋 焦がれる

  あなたがため あなたが好き
  池ができるほどの涙
  あなたがため あなたが好き
  星の紅を口に塗った

  あぁ 頂だい
  愛 頂だい
  頂だい 
 
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-20 00:08 | 言の葉コトダマ
2006年 11月 19日

幸せを感じました

b0024051_049078.jpg
ケンタッキーフライドチキンの冬限定メニュー。
「チキンポットパイ」


ちょー、うめぇぇぇぇぇぇー(感涙)。

パイがサクサクで、そりゃもう感動ものでした。
ミミが特に美味しかった。
(写真内にあまり意味の無い注釈あり)

シチューもちゃんとKFC的なチキンが入っていておいしかったし。
(強いて言えば、もっと量が食べたい。
パイを崩しながら食べると明らかにシチューが足りなくなるのだ・・・)
久しぶりに「おいしい!」と思える外食でした。
それが¥480だから、私ってば安上がりな女♪

来週も食べよう。
明日も食べたいくらいだもん。
ていうか毎年やってるんだから、もっと早く食べておけばよかった。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-19 00:44 | 雑言タハゴト
2006年 11月 16日

改修工事

来週末、大学の学園祭のOBステージに出るために目下練習中。
着替えの都合なんかで、燕尾服バージョンです。
手順はいつもと同じですが、曲を軽くしてみました。

ん?「くどくしてみました」かな?

まぁまぁ、いつもとあまり変わらないよ。
「お決まり」の時間と、その2時間前ぐらいに1度、
2回立てればいいかな、と思ってます。

気が付いたらテーブルの天板がべこべこになっていました。
今のテーブルはこの手順を作り始めてから3代目で最長老。
改造に改造を重ねた結果、天板の強度はかなり落ちてます・・・。
穴だらけだもんね。
改修のため、昨日夜遅くになってから、やおら外でのこぎりを引きはじめ、
はたから見ればかなりの不審者っぷり。

ていうか、出張滞在先になんでのこぎりや木材やニスやハケが
コンプリートされているかを疑問に思うべきだな・・・。

塗装もちょこちょことはげていたので、
とりあえずニスを塗ってごまかしてみました。
どうやら今まではつや消しのニスを何重に重ね塗りていたらしく、
今回、家にあったつや出しのニスを塗ったら
見慣れないテカリを発するようになりました。まぁいいけど。
どの塗料を使ってたかぐらい、ちゃんと覚えておくべきだね。

学園祭は2年ぶりなので楽しみです。
純粋な一般客が多いと反応が面白くて、
やっててこっちも楽しくなってしまうのです。
しかもOBOG現役も揃っているので、盛り上げてくれるし。
きっと今年も最終回は熱いと思うよー。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-16 23:40 | 雑言タハゴト
2006年 11月 15日

自力でやれ!

最近ようやく、真っ当な社会人になったうちの兄貴ですが、
相変わらず変わった趣味をしておられるらしく、
ちょっと前に変なお願いをされた。

変なお願い、というか、お願いの行為自体は普通なのだけど、
お願いの内容が、おかしい。

それは「ミュージカルのチケットをぴあのプレリザーブで取ってほしい」
というもので、ここまでは、まぁ、普通。
何のミュージカルか、が、問題。

「テニスの王子様」ぁぁぁ?

あ”?

あんた幾つよ?

いや、別に30歳の男がテニプリにはまるのが悪いって言っているわけではないけど、
(うーん・・・、でも、やっぱりそれ自体もちょっとなぁ・・・イタイよなぁ・・・)
それを身内とはいえ公言して、恥ずかしくないのかね、と言いたいのだよ。

用件を引き受けるのは別に構わないので、OKすると、
いかにテニプリ・ミュージカルのチケット入手が困難であるかについて
長々と説教をされ、今までの苦労話を聞かされ、
どの若手役者が良くて、どのTVに出ているだとかCMに出ているだとか、
前の公演が云々かんぬん・・・ぐだぐだ。
いい加減いらいらしたのでw
「ごめん、今家で持ち帰りの仕事中だから」(←大うそ)。

ワタシッテエライ。
ちゃんとチケット取ってやったわよ。2公演分も。

そもそも、兄貴の家にはネット環境が無く、
しかも今時珍しく、携帯でもメールやネットをしない(機能はついているらしい)ので
(時代錯誤はなはだしいほど、そのへんはアナログ人間らしい)
私のところに仕事?が回って来たようなわけです。

・・・つーかさ、東京大阪2公演見るくらいそんなにチケット欲しかったら、
まずその環境を自分で作れ!と言いたいわけよ。
私はどんなにごく一般的な興行のチケットだって、
恥ずかしくて人には頼めないヮ・・・。

今日は愚痴のみ。
やれやれ・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-15 00:56 | 嫌いだったり、苦手だったり
2006年 11月 12日

ハツユキ2006

青森の平野部にも、今日、雪が降りました。
といっても、みぞれっぽい雪が時々降っただけなので、
積もるような雪ではないです。
それでもさっきはちょっと吹雪いていたようです。

それにしても寒いぃぃぃ・・・。
寒いというか、冷える。冷え込む。
本格的に雪が降るとなると、もっと寒くなるからなぁ。
エアコンしかないけど、生きていけるかどうか。

雪が降ると、雪を見ると
Merry Christmas Mr.Lawrence
を思い出します。坂本龍一センセの名曲。

ここ何年かの間に、演技のBGMとしてこの曲を使っている人を
何人か見ました(マジックとか、スケートとか、いろいろ)。
なのに誰一人として、「使いこなせている」人が居ません。
この曲は、冬の曲です。
たぶん、雪の曲です。
だから、この曲を使った演技をする以上、
その人の周りに本当に雪が降っているような、
そんな錯覚をさせちゃうくらいのものにしてほしいのです。

旋律の美しさで選んでしまう気持ちは、まぁ分かりますが、
あの曲には、背景に雪が降っていてほしいのです。

「雪が降っているような錯覚」。
去年、平井堅のコンサートに行ったときに聞いた
「白い恋人たち」(桑田圭祐の名曲をカバー)。
特殊効果は無かったと思いますが、
聞いていて、雪が降ってる風景が頭に浮かんで、感激したものです。

あとは、古いですが玉置浩二の「氷点」。
これも、真っ白な雪原に深々と降り続く雪のイメージ。
そういえば「氷点」(ドラマの方ね)はリメイクされるそうですね。

明日には、天気が回復するそうです。良かった・・・。
なぜって、高速道路の教習なもんで。
[PR]

by pocket-xiao | 2006-11-12 23:42 | 今日ノ出来事