WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

偽装されてた!

アパホテルで耐震偽装発覚。
去年の今頃、今回発覚した京都駅の近くのアパに泊まったよ・・・。
ビジネスホテルなのに大浴場と露天風呂まで付いてて、
朝のバイキングも豪華で、良かったのになぁ。

 男性用の大浴場はあっても、
 女性用の大浴場があるビジネスホテルは少ないのです(怒!)
 カプセルホテルも男性専用が多い。
 理由は推して知るべし、ではあるけれども、
 女性が気軽に安く泊まれるところがもっとあってもいいんじゃない?
 という気がします。
 最近はカプセルホテルでも「女性専用フロア」があるところも見掛けますが。
 
アパホテルはフロントであの女社長?が微笑んだ写真があったりして
「ここ新興宗教かマルチ商法か?」と思ってしまう以外は
結構いい感じなので、あちこちで使ってました。
駅チカで安いし。

まぁ、別に何事もなかったし、今更不快な思いもしないのですが、
(むしろ「ビジネスホテルでこんなにサービス充実してるの!?」って
感激したぐらいだもの・・・。コンビニが遠かったぐらいなもので。)
こういうので強請ったりする人もいるのかね。
東横インは偽装の問題やらなにやらあった後は
やたらとサービスが良くなったものですが・・・。

ネットで見た写真と違うじゃん!というビジネスホテルが多い中w
京都駅近くのアパは良かったので、がんばってほしいトコロです。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-31 00:26 | 雑言タハゴト
2007年 01月 30日

どろどろ・・・な。

平井堅の「哀歌(エレジー)」がいい。
歌もテーマもすっごい暗いんだけど、PVもちょー暗いんだけど、いい。
なんたって「アイルケ」のテーマ曲だもんね・・・そりゃ暗いよ。

 って、「愛の流刑地」よく知りません。
 不倫→殺人の話だってことぐらいしか、知りません。
 ・・・それが全てなのか?

 寺島しのぶは「脱いでくれる女優」みたいなイメージが着いてしまったような。
 他にも舞台とか、映画もたくさんいい役で出てる(らしい)けど、
 クローズアップされるのは「そういう作品」ばかり。
 「ヌード?あぁ、寺島しのぶならやるんじゃない?」
 みたいな役回りにはなってほしくないものです。
 ちなみに「R30」(深夜のトーク番組。国分君とか出てるやつ)で本人が言ってましたが、
 各作品劇中のベッドシーンは、本人の意思で、本当にやっているらしいです。
 それを女優魂と呼ぶのかは、何とも言えないところ。

「哀歌」ね。
映画のテーマにあわせて書いた曲らしい。
「救いようのない、どん底のような曲」と本人が語るように、
本当に救いようのない、というか「どーでもいい・・・(呆)」という内容w
だって、

  その手で
  その手で
  その手で
  私を汚して
  何度も
  何度も
  私を 壊して
  いつか滅びゆくこの体ならば
  蝕まれたい あなたの愛で

だよ?

平井堅は最近「どーしちゃったの?」というような明るい曲が多かったけど、
で、まぁ、それももちろんいいのだけど、
「miracle」(←一番好き)みたいな、地を這うような、じわーっとくる曲もやっぱりいい。

本人的には
「汚してぇぇぇぇぇ」の絶唱は相当疲れるらしいw
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-30 00:16 | 雑言タハゴト
2007年 01月 28日

ホンモノの”鉄”に会う

金曜日、某鉄道会社に打ち合わせに出かける。
商品開発のための列車写真のライセンスやら、いろいろ。
たぶんね、鉄(鉄道マニア)さんには聖地ですよ、ここ。
鉄な兄貴に話したら、えらく羨ましがられた。

そ。
うちの兄貴が鉄なもので、プラレールやらNゲージやら、
鉄道専門誌やら、というものに関しては見慣れている。
自分も、「プチ乗り鉄」を自負している(←どっちかというと地方の私鉄好き)。

しかし!
本場の人はやっぱり違うね。
商品企画書を見て、超嬉しそう。
そこに載せた車両写真の、ある新幹線の写真を見て
「あぁ、これ上毛高原のあたりですねー」って。
(↑上越新幹線の超マイナーな駅。めったに新幹線止まらない。)

  この人、ホンモノだ・・・。
  タモリ倶楽部出たことあるんじゃないのか?
  というか、オープン後に取材がきたら、間違いなく出るんじゃないのか?

本当に鉄道が好きで仕事やっているんだなーと思うと
なんか、うらやましい。
とても太刀打ちはできないけど、
少しは楽しく話が出来るように、私も勉強しないといけないような。

ちなみに私がデザイン原案を出した商品が実現化しそうです・・・!
おおむね好評でした。

だからこの仕事はがんばる。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-28 02:24 | 雑言タハゴト
2007年 01月 26日

理不尽ってやつがいちばん嫌いだ

今日は仕事の愚痴です。あしからず。

「会社の体質が嫌い」というのを10月頭ぐらいの記事で散々書きました。
時間がたったことで、だいぶ浄化されてきていたのですが、
今日はまたふつふつ、ぐつぐつと湧き上がってきました。

自分のミスや勝手な判断を咎められることは、至極当然だと思っています。
でも、社長自身「忘れている」または「思い違い」についての非を
こっちに押し付け、説明も聞かず怒鳴り散らしてくるのは、
あまりにも理不尽だと思うのです。
その「理不尽」があまりにも多い、この会社。

ワンマンなんです、とびきり上等な。
ワンマンだからこそ成り立ってきたような部分も、確かにあります。
ワンマンだからこそ、下が安心して仕事が出来る部分も、確かにあるんです。
でも、私が仕事をするのは、やっぱりこの人の下じゃない。

サシではないですが、1時間ぐらいけんけんがくがくと、
もう解決したはずの話を蒸し返して、ひっくり返して、
言った聞いてないでもめて、非生産的この上ない。

その間、去年10月の頃の不信感がぶわーっとぶりかえしてきた。
この人はこうやって、コンビニ本部と喧嘩したんだな、
この人はこうやって、私が大切に築いた人間関係を崩したんだな・・・
そんなことを考えたら、ひどく腹が立った。
店舗引渡しのとき、
コンビニ本部の上の人は「穏便に解決しましたよ」とは言っていたけど、
穏便に解決するはずがないことは、よく分かってる。
きっと今日みたいに同じように、説明も聞かずに怒鳴り散らしたに違いない。
だって、「お前の社長、わけがわからん!」と言われ
ビジネス上でとてもよく分かり合え、仲の良かったコンビニ本部の人に、
私は絶縁を言い渡されたから。
「あの社長の会社の社員とは、もう仲良くは出来ないよ・・・。
お前が悪くないのはもちろん分かるけど、こっちの気分として、な。」
そう、はっきり言われたから。
「分かってます。そう言われても仕方がないです。」
そう、答えるしかなかった。

・・・・・

とりあえず今年10月の新規の店だけは、私はこの手で開けたい。
それが終わったら・・・どうしようか。考えたいね、ちゃんと。
この仕事は好きなんだ。でも、会社を好きになれない。
もう6年にもなるのにね。

唯一救われることと言えば、「会社一、仕事のできる営業マン」
(何日か前の日記での「社長の長女の旦那」のこと)が
会社の体質を疑問視していることがわかった。
「本当は全然来る気はなかった。今だって属しているつもりはないよ。」
親族経営への危機感、社員の意識の低さ、他いろいろ、
危惧していることが多いらしい。
私は「この仕事マシーンは会社を乗っ取りに来たのか?」
と思って、実はかなり敬遠していたのだけど、どうもそのつもりは全く無いらしい。
ま、仕事マシーンの本心は分からないけど。
「外回りしていた方が楽なんだよ。余計なこと聞かなくてもいいし。
自分のスタイルで仕事するだけ。要は営業成績が良ければいいんだから」

今週はあちこち連れまわされる?ことが多く、そんな話もしてます。
「先行投資だよ」ってお昼ごはんをおごってもらっている。
「仕事で返してもらえば、お昼ごはんなんて安いもんだよ」って。
それに十分応えるほど、私はこの会社に長くいるとは思えない。
そう思うと、申し訳ない気持ちにもなる。

・・・・・

それにしても、私は、社長が理不尽に怒鳴るたびに、
例え対象が自分じゃないとしても、
極度の不信感に陥り、何かの後遺症のように、こんなに哀しくなるのだろうか。

今日は、こころの古傷がひどく痛んだ日。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-26 01:46 | 今日ノ出来事
2007年 01月 24日

続・夜遊び復活

青森にいた半年間は結構早寝だったのですが、
東京に戻ったら、やっぱりまた深夜テレビ族に戻りました。
なんだろ、青森の民放はフジテレビがないという都合もあり、
フジの番組を各局で買って深夜枠で放映することもあるので、
しかも微妙なローカル深夜番組もあったりして、
深夜テレビがあまりね、いまいちね、ぱっとしないわけですよ。
それに外が真っ暗で静かなもんだから、
寝なきゃいけないような気になるんだよね・・・。

週始めの深夜枠はおもしろくなくなったなぁ。
週中の深夜アニメもなぁ・・・。
「のだめ」ははじめから見てないから、見てない。
大好きだった金曜深夜「虎の門」は時間が短くなったからか
コーナーが面白くなくなって、いまいち。

という中で、珍しく日曜夜の番組にはまってます。
今まで日曜夜といえば、プロレスかノアかF1か、っていう勢いでしたがね。
・・・ノアの試合を見てて、お腹の肉がプルプルしているようなおじさんが
ぴっちりなカラフルタイツをはいて戦っている、
という光景がなんとも可笑しくて、何試合も見てしまったことがあった。
花道への相手の引きずり出し方とか、
客席に投げたおしてみたりといった、
完璧にシナリオ化されたような演出(いわゆる「クラシック」だ)。
明らかに「技かけられるの待っているでしょ?」という構えとか間とか、
素人目に可笑しくて、違和感!というところは数々ありましたが、
「プルプルお肉とカラフルタイツの親父の闘い」というのが
とにかく、ひたすらに、可笑しかったのですよ。

て、ノアの話は本題じゃありません。

「ワナゴナ」というTBS日曜深夜1時半くらいにやっている番組があります。
深夜枠にありがちな、「いろんな実験をする番組」、です。
ここのVJの鉄平くんが大好きでして。
ワナゴナではそんなでもないですが、他の番組での彼の辛口っぷりは
かなりのもので、でも的を得ているので好感度高い。
ちなみにブログの女王しょこたんも出ていることを付け加えておきます。一応。

先週かな、アニメ「巨人の星」の一こまにアテレコしてたのは。
今、映画のCMなんかでもそういうアテレコっぽいのが増えましたが、
たぶん、その第一人者みたいな人が出ていた。
ホットペッパーのCMとか、たぶんその人じゃないかな。
ゲストで来ていたピエール瀧のがいちばん面白かったかな。

さて、今日はもう面白いの無いかな・・・。寝時かな。
毎日「今日こそは早く寝るぞ」って思うのにね。
これは有言実行が出来てないのか・・・何とかせねば。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-24 02:16 | 雑言タハゴト
2007年 01月 23日

夜遊び復活

青森から帰ってきてからというもの、
夜遊び率が急上昇中です。
大学生・フリーター時代は週4くらいで夜中~朝方まで遊んだものですが、
正社員になって1年半はひたすら仕事が忙しくて遊ぶ暇も気力もなく、
そして青森で半年過ごし・・・という「空白の2年間」の反動なのか、なんなのか、
最近、もうね、遊びたくて仕方ないのですよ。

さすがにもう20代も後半ですから?
カンテツは堪えますし、お肌への負担もそりゃ気になりますが、
飯は熱いうちに食いたいですし、遊べるうちに遊びたいわけですよ。
またいろんな芸事に触れてみるのもいいですし、
他人の趣味を覗いてみるのもいいですし。
一方でプールに通ったり、野菜中心に自炊するとか、
ひとりで過ごす時間も生産性のある(高い)ものにしたいわけ。
いつまでもこんなふうにフラフラしてはいられない(と思う、思いたい)しね。

おかげさまで?今年に入ってからは仕事の予定も含め、
スケジュール帳が空白の日が減りました。
右側のメモ欄も、なんだかいろいろと書き込んであって、安心します。
いくら仕事をしていても、スケジュール帳に書くことがないくらい
毎日同じ仕事の繰り返しだったコンビニ店長時代、
それよりは、毎日いろんな予定や情報が書かれたスケジュール帳の方が、
どんなに些細な用事だったとしても、緊張感を持って過ごせるもの。

そりゃ、たまにはスケジュール真っ白な「休肌日」も欲しいけど。
いまだにニキビが出来るからね・・・・いい年して。

ちなみに昨夜の夜更かしでは、1時間睡眠で仕事場に行ったら、
案の定、午前中は全く仕事になりませんでした。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-23 02:31 | 雑言タハゴト
2007年 01月 21日

殺陣と銃撃戦

土曜日に見た、ベルギー発の舞台の中に、
「立ち回り」(殺陣)に近い動きがあって、「ほぉ。」と思った。
アメリカ発のミュージカルやヨーロッパ生まれのシルク・ド・ソレイユとか
それに模したその他の似たようなショーとか、
ヨーロッパのクラシックであるところのオペラでも、
そういえば、いわゆる「立ち回り」というのは見たことがなかった気がする。

*追記:アメリカのミュージカルでは喧嘩のシーンは見るかな。
     でも”大勢でわっ”という感じのような気がする・・・。
     ここでいう「立ち回り」は
     「ひとりひとりの体の動きが明確で、
     観客の目がその一点(またはひとり)の動きに集中され、
     その個の動きの連続で構成される集団喧嘩」とでもしてください。
     めんどくさい言い方ですんません・・・。

*また追記:フェンシングはヨーロッパですかね?
        ベルバラ的なヨーロッパ貴族がサーベルで決闘している図がふとよぎった。

日本のクラシックであるところの歌舞伎や、
それがぐっとくだけた大衆演劇、
または中国のクラシックであるところの京劇には、
そういえば、立ち回りのシーンがたくさんある。
TVの時代劇なんて、その最たるものでしょ。

んー、この差はなんだろう?と考えたら、
「欧米、特にアメリカにおける銃社会」
「日本・アジアに古くからある、柔道や剣道や各種拳法」
というところに行き着くしかなかったです。

そういう歴史的とも言えるような違いがあって、
その上でいろんなショーや映画が作られているわけです。

ハリウッド映画と日本の時代劇を例に挙げてみるとですね、
大きな違いとしては、武器が違うわけですよ。
片や飛び道具、片や日本刀(中には火縄銃も出ますけど)。
相手に肉薄しなくても、相手を殺すことが出来る銃では、
「ひと対ひと」の動きをそんなに計算しなくてもよかったんじゃないかと。
もちろん「弾を当てる」ことが前提なので、
距離とか角度というものに関してはよーく考えているのだと思います。
それに対してチャンバラというのは、接近戦、なわけですから
ひとの動きがすごく重要になってくるわけです。
そりゃチャンバラと実際の果し合いでは勝手が違いますが・・・。

日本映画・ドラマも刑事ものでは銃撃戦がよくありますが、
大元はアメリカ映画にあったんだと思います。技術輸入したわけです。
じゃぁ逆は・・・?
たぶん細々とはJapanese Chanbaraは技術輸出されていたとは思います。
最近大々的に出たのは、「ラストサムライ」。
トムクルーズをめぐる立ち回りは実に酷かった・・・。安っぽい。
アメリカ人か、日本人か、どちらが演出したかは知りませんが、
「立ち回り」ではなくただの「戦闘シーン」という目で見ても、あれはかっこ悪いって。
数々のアクションヒーローを演出してきたハリウッドが、
変に日本を意識したがために、酷いものを作ってしまった、という感じ。

本来書きたい事とちょっとずれてきてしまってます(焦)。

本来書きたかったのはですね、
「アジア人は 立ち回りを芸術に昇華させることに一生懸命になった 民族である」
ということなんですよ。
歌舞伎や京劇の立ち回りは、本当に、芸術ですよ。
(いままでこれについては2,3の記事を書います。どこかで。)
道具を含めて、体の動きが全て計算されている、見え方が計算されている。

歌舞伎では立ち回りの中にもいろんな種類があって、
かなりアクロバティックなものもあります。
もはや「戦闘シーン」ではなく、「主人公がどんだけ強いか」を見せつけるための
シーンであって、「あんなんじゃ戦えないよ!」という感じですが、
もうカタチとして美しいので、見ているほうは「すごい!」と思うわけです。
松竹がそういう歌舞伎アクロバット部隊を編成して演出をつけて
海外公演したら、たぶんね、すごい当たるよ?
きっと相応な演出家が居ないんだと思う。勿体無い。

ちなみに私が今まで見た中でもっとも秀逸な立ち回りは
市川猿之助「スーパー歌舞伎・三国志Ⅲ」の中のワンシーン。
その他猿之助主演・演出の歌舞伎の立ち回りは古典も含め素晴らしいものが多い。
茶碗と土瓶を持ったまま立ち回る、通称「おまんまの立ち回り」(古典)は
可笑しくて、素晴らしくて、泣くほどウケた。

追記:寄席でごく稀に演じられる「喧嘩踊り」というのも素晴らしい。
   お座敷踊りで「かっぽれ」というものがありますが、
   普段ひとりで踊るもの(または集団で同じ踊りをするもの)ですが、
   2人、3人で踊る場合には立ち回りを含めた
   「喧嘩踊り」というバージョンがあります。

日本人は立ち回りをかっこいいと思う遺伝子が組み込まれていると思う。
子供の頃から無意識に見ているでしょ。
戦隊もの、ヒーローもの、なんちゃらレンジャー。
あれも全部、立ち回りだから。
アメリカ生まれのスーパーマンやスパイダーマンは
空を飛ぶことができないキッズショーじゃ限界があるけど、
レンジャーや仮面ライダーはキッズショーでも出来るしね。
そういう文化の広まり方も、日本独特なのかもしれない。

そういうわけで、土曜日に見たベルギー発のショーで、
「立ち回り」っぽい部分があったというのは、私には結構、画期的だったわけです。
(やっとここまで来た・・・)
立ち回りは、文化として、もっとたくさんのパフォーマーに愛されてもいいと思います。
世界規模でね。

このテーマで論文1本書けそうだ。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-21 02:52 | 今日ノ出来事
2007年 01月 19日

冬だけど

デスクワーク続きでの完全な運動不足をなんとかせねば!
ということで、プール通いを思い立ち、用具を買い揃え、
先日さっそく水遊びしてきました。
自転車で10分ぐらいの小学校に温水プールがあって、
夜まで一般開放しているのです。
スポーツクラブだったらすごく近いところにあるのだけど、
会費を払うより、2時間500円のプールを使うほうが安い。

いやー、泳ぐって、あんなに疲れることだった???

小中学校のときは水泳が大好きで、
夏休みは週に3、4回はプールに行っていたものでした。
週末は海!今では面影もありませんが、すごい日焼けっ子でした。
当時はどんなに長い時間泳いでいてもそんなに疲れなかったのですが、
この前は25メートルが長く感じたぁ・・・。
これが「年」(むしろ「齢」)ってやつなんだね・・・。

休み休み、泳いだりウォーキングをしたりしながら、
1時間半ぐらい浸かっていました。
なかなか爽快。ぐったり疲れたけど。

運動不足解消もそうですが、
とりあえずあと2キロ、体重を落としたいのですよ。
今、マイ・ベスト体重(適正体重とはちょっと違う)プラス1キロになっているので、
2キロ落としてから、体調を診て、増やすかどうかを考えたいところ。

今年は8月~10月が仕事その他諸々の天王山なので、
その時期を万全の体調で迎えられるように、
まずはからだ作り、それから体力作り。
アスリートではないので、さすがにプロテインは飲みませんが
健康的な食生活と適度な運動を心がけてます。

だって、もう若くないんだもん・・・(泣)。
無茶しても乗り切れた頃とはやっぱり勝手が違うからねぇ。

いろいろ気ぃ遣ってるのよ、これでも。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-19 00:32 | 雑言タハゴト
2007年 01月 17日

社会科の勉強

昨日は半日、うちの会社でいちばん仕事のできる営業マンに同行しました。
某大手玩具メーカーとの商談に同席を命じられたもので。
秋に開けるお店の主要取引先になるので、
現場監督として挨拶しておいたほうがいいよ、ってことらしい。
って、まだ商談の段階で、具体的になーんも決まっていない状態から
現場の人間が動くのはどうかと思ったけど、
そのへんが営業マンの考えらしい。
「うちはもうちゃんと担当者も決まって動いているんだから
おたくも商売をする準備をしてくださいよ」みたいな。

この営業マン、「仕事マシーン」みたいな人で、
うちの社長の長女の旦那、という人。
ヘッドハンティングしたというか、血縁関係がらみというか、
とにかく去年の秋ぐらいから来ているらしい。
確かにめっぽう仕事が出来る。
背が高くて雰囲気もあるし、口も立つし、頭の回転が相当早い。
いわゆる「ビジネスマン」というくくりでは超優秀、だと思う。
一緒に仕事をするなら、ある程度ペースに慣れたら、すごい楽。
ただ、私は「仕事マシーン」は嫌いなのでw
人間としての魅力は今のところ感じませんが。

玩具メーカーとの商談はまぁまぁ、前向きにいい感じに進みそうです。
その後秋葉原のアニメセンターに納品があるというので、同行。
行ったことがなかったので、どんなものがあるのかと興味半分。むしろ全興味ぐらいで。
すごいね、まだエヴァンゲリオンのグッズって人気があるんだってね。
今いちばん売れているのはケロロ軍曹らしい。ふーん。
確かにヤツは立体になったらちょっとかわいいかも・・・。
ガチャガチャをやっていたカップルの男の方が
フィギュアの種類について暑苦しく語っていたのを横目に帰る。

営業は大変な仕事だ!というのが今日の「はたらくひとたち」的感想。
車の中でもずっと取引先や、取引につながりそうな人脈への電話をかけっぱなし、
受けっぱなしだった。
「昼飯は10分ね」というもんだから、ちょー必死で生姜焼き定食を食べる。
(いつもそんなものらしい。
私もコンビニ時代は食べながら仕事してたから別になんてこともない。
ただ、最近はスローフードな生活をしていたので、かなり頑張った!
おごりだから残すわけにもいかんので。)
「いやー、ほんとに10分で食べたね。」と驚かれた。有言実行な私。

とりあえず仕事人としては気に入ってもらえた様子だった。
しかしこれからどんどん仕事が投げられそうで怖・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-17 13:37 | 今日ノ出来事
2007年 01月 16日

いろいろ開通

うっかりADSLの引越しを忘れていたので
家でネットが使えなくて、えらい不便な思いをしていましたが
ようやく今日、復旧しました。
ここの更新頻度が悪かったのはひとえにそのせいです。
やっぱりネットやるなら人の目を気にしなくてもいいおうちがいちばんです。
て、そんなやばいものは見てませんが。
さすがに勤務時間外とはいっても、
会社でmixiを見るのはなんかねー・・・。

それから!
注文してあったスカパー!のアンテナ&チューナーが届きました♪
一式届いて、箱開けて、説明書見て
「・・・しまった。やっぱり無料取り付けサービスを頼むんだった・・・」
意外とめんどくさい。

というか、あれは外につけたアンテナから線を室内に引っ張らなければならないのですが、
「エアコンの室外機のホースの穴などを利用して室内に線を・・・」
という説明書き。あんたずいぶんと簡単に言うけどねぇ。
室外機のホースの穴ねぇ・・・窓から遠いの。
しかもうち2階だからね、無理。
窓枠に取り付ける専用の平べったい線を買って
ちょっとした工作をしなければならないらしい。
ドンキホーテならまだ開いてるけど、めんどくさいから明日でいいや。

というわけで、スカパー!の開通は明日以降に順延。
音楽チャンネル(4チャン)のみの契約なので月額1300円くらいなのです。ステキ。

そういやアンテナ取り付けるの大家さんに断ってなかった・・・。
意外とアンテナが大きかったのでちょっとびびっていたりして。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-01-16 00:20 | 今日ノ出来事