<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

東京午前零時

桜、見に行こうか。

誰かのなんとなくの一言で、夜中の花見へ。
麹町から北の丸公園を抜けて、武道館、靖国神社(←もちろん徒歩)。
武道館から田安門へ抜ける直前に、八分咲くらいの桜の木がありました。
白熱球の街頭に照らされて、その真上には月が見えて、
これはなかなか、いや、とっても素晴らしい。
撮影時間、3月29日午前零時零分。

夜中の武道館。
敷地内には誰も居なくて、しぃんとしていて、
まだ少しだけ寒さの残る、きりっとした空気が漂っていて、
その状況には・・・参った。
ひとりだったら、たぶん何時間でも桜の下でぼんやりしてると思う。

色とりどりにきらきらした真夜中の東京にも、
こんなにシンプルな色合いの風景がある。
そしてそれをほぼ独り占めできている。
なんて贅沢なんだろ。

これはたぶん、今年最高の花見。

夜中の北の丸公園も、これがまた素晴らしく良いものでした。
スーツじゃなかったら芝生の上ごろごろ転がりたかったな。
疲れたり、いらっとして、そのストレスの行き場に迷ったとき、
夜中の公園は、いいかもしれない。
ただ、ひとりじゃ怖くて行けないな・・・。

*****************************************
3回目の桜の時期を迎えた当「わらわら」。
過去2年の桜の記事(抜粋)をあわせてどうぞ。

2006.4.6

天気予報で「桜散らしの雨」という言葉を多く聞きましたが、
どこかの天気予報のお兄さんは
「桜流しの雨」といっていて、それがとても印象に残りました。
散る、よりも綺麗な表現だと思いまして。

 「花が咲き乱れる」という表現は一般的に使われますが
 以前、言語学者かアナウンサーが
 「乱れる、という言葉は、綺麗に咲いた花には不本意な言葉ではないか」
 というようなことを言っていた。
 確かに。彼ら、彼女らは決して「乱れ」てはいなのだもの。
 正しくは「花が咲き誇る」「咲き盛る」でしょう。

2005.4.7

さくらは偉いと思います。
自分で咲く時を知っているから。
咲いて、散って、夏が過ぎて秋が過ぎて冬が過ぎて、
その間ずっと、次に咲く時を待ち、咲くための準備をして、
また同じ頃に、綺麗な花を咲かせるのです。

自分で咲く時を知る。
そしてそれが誰からも愛される。
これって人間じゃ真似できない気がします。
咲きたくても、ひとりでは咲けないし、
咲いても、誰も見てくれないかもしれない。

さくらはそれを1年に1回、必ずやっている。

そして
さくらは散るからこそ、短い花の時間、とても愛される。
次に咲く時を待ってもらえる。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-30 23:15 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 03月 27日

続・権利行使

今日郵便局に立ち寄ったら、
都知事選の候補者のマニフェストを刷ったものが置いてあったので、
外出の電車の中の暇つぶしにでも、と思って手に取った。
ざっと、読んでみた。

ん?ん?なんだこりゃ。

候補者から提出されたものをそのまま転載したものらしい。
書式も縦横ばらばらで、手書きのもの、顔写真のないもの、
文字が多いもの、少ないもの、読みやすいもの、読みにくいもの。
なんだか中学生の文集とか、同人誌の後書きのような感じ。
個性といえば、個性なのか???

ぱっと見て好印象なのは、やはり有力候補の2(3?)人だけ。
あとは、ぱっと見ただけじゃ興味のわかないもの、
小さな文字ばかりで読む気のしないもの、顔写真の怖い人w、等。
こういうのってそういう「ぱっと見」がすごく大事だと思うのですが、
その辺の有権者心理、無視ですか。ふぅん。

内容を読んでみる。
う”-ん。う”-ん。う”-ん・・・。
なんだか皆さん、公約ばかりたくさん掲げてますが、大丈夫ですか?
本当にできますか?やってくれますか?
公約とも言いがたいような、理想や夢も、これまた多い。
理想や夢を語るのは大いに結構だと思いますが、
現実に直結しない理想や夢を政治に持ち込むのは、いかがなものかと。
都知事の理想や夢だけで、東京都を動かしてほしくない。
責任を持ってできること、やりとげられることだけを、
ひとつでもいいので、やってほしいのです。

そしてほとんどの候補が、現状に対しての非難があまりにも下品で嫌。
非難するのはいいですよ。非難はあってしかるべし。政治だもの。
でも、その論点や言葉が攻撃的過ぎて、下品に思える。
ネットでよく見かける不快な書き込みが、そのまま活字になったようなもの。
もっと頭の良い非難の仕方はないものなのか、とか思っちゃう。

このマニフェスト一覧ではいまいち、候補者の良さが拾えなかった。
まぁ、ある意味「明暗くっきり」だけど・・・。
次は何を見ようかしら。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-27 00:48 | 雑言タハゴト
2007年 03月 26日

さよなら、さくら

少し前になりますが、5年半一緒に居たハトが一羽、亡くなってしまいました。
学生時代からずっと一緒に居た、大事なパートナーでした。
私はあまり、ハトの名前は表には出してきませんでしたが、
その子の名前は「さくら」です。女の子。
ここ3年ほどは、2羽目を務めてくれていました。

さくらはその日の朝までは、普段と変わりなく、元気に餌もよく食べていました。
ハトは病気にかかったり怪我をすると、
とたんに餌を食べなくなって痩せてくるのですが、
さくらにはそんな様子も全く無かったのです。
だから余計に私のショックも大きいものでした。
おそらく卵詰まりが原因ではないかと思います。

さくらは私が扱った中では、一番おとなしく賢い子でした。
首が長く、すらっとしていて品のある子でした。
美人、というか。
「ハトにそんなに違いなんかあるの?」って思われるかもしれませんが、
彼ら、彼女らは人間と同じように外見にも内面にも違いがあります。
おとなしくて賢くて、美人、だから撮影なんかには
ほとんどの場合、さくらを連れて行きました。

5年半前、きっかけがあって手品でお仕事をもらうようになって、
いつまでもOGが部室のハトを借りているわけにもいかないと思い、
それでさくらは私のところにやってきました。
それからずっと、私が演技を改良していく段階や
コンテストで賞を取れるようになるまでを、そしてその後も
私と一緒に歩んできました。

だから、さくらとは、ずいぶんと多くの場所に行きました。
手品のコンベンションやイベント、そのついでの旅行。長期出張。引越し。
北海道、青森、新潟、茨城、東京、千葉、神奈川
名古屋、大阪、滋賀、京都、奈良、福岡、長崎。
ずいぶん連れまわして、ストレスも負担も多かったんじゃないかと思います。
それでも、ずっと良い子でいくれました。

今までも何羽かのハトを見送ってきましたが、いつも思うのは
「この子にとって、幸せな一生だったのか」ということです。
もちろん知る術はありません。
知らない方がいいのかもしれません。
でもやはり、命を預かる以上、そして一緒に歩んできた仲間である以上、
幸せな一生であったのか、そうであってほしいと、願わずにはいられません。

実は以前から「今飼っているハトが亡くなったら、手品をやめよう」と思っていました。
ハトの演技ができるのは、さくらを含めての3羽が居てこそのもので、
それ以上は考えられなかったからです。
でも今、また手品関係で繋がる所が増えてきて、
そしていざ、さくらを亡くしてみて、続けることの大事さも実感しています。
さくらが務めてきたポジションを、さくらがいないからといって
空けてしまってはやめてしまっては、それはたぶん、良くない。
だから、もうちょっとがんばってみたい。

ありがとうを何度言っても、言っても言っても足りないくらい
さくらには感謝の気持ちでいっぱいです。
今まで私を助けてくれてありがとう、一緒に居てくれてありがとう。
たぶん、さくらほど人に愛されたハトは他にいないと思う。
だから、さくらは幸せだったと、私は思いたい。
どうだろう。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-26 00:57 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 03月 23日

権利行使

きたきたきた。
選挙管理委員会から、招待状。

「都知事選に投票に来ませんか♪」

齢28(かぞえ)になる私ですが、実はまだ選挙に行ったことがありません。
政治に興味がないわけではないのですが、
ずっと日曜日仕事をしていたので、
朝早く選挙に行って→仕事というのも面倒くさくて
行ったことがありませんでした。
でも、選挙報道見るのは大好き。
状況が刻々と変るのを見ているのがね、楽しいのですよ。
選挙をショーアップしてしまうTV局は、まったくをもってすごいと思います。

今回の都知事選は、実に面白そうではないですか。
なんだか知りませんがごちゃっとしてますけど。
今のところ誰?どれ?ってこともないので、
これからいろいろ聞くなり見るなり読むなりして、
正しい権利の使い方をしてみようかと思います。
東京オリンピックはねぇ、あってもいいと思いますよ。
日本で見たいものです、夏季オリンピックを。
オリンピックが開かれている東京というものを、この目で見てみたい。

あと、東京都知事は、日本の首都の長なのだから、
他の知事の存在と意味合いが全く違うと思うのです。
地域に根ざすことなんて考えなくてもいいと思うし、
地元住民と仲良くする必要もないと思います。
多少強引なリーダーシップ、が、必要なんじゃないかと。

ちなみに去年半年間住んだ某地方(ばればれだけど)の知事は
仕事上、何度かお話をさせてもらったことがありますが、
大変気さくで、好感度高めでした。
駅ビルを一人で歩いていたのも2回ぐらい目撃。
別に県民生活の様子を知る、とかじゃなくて、ふつーに買い物。
本屋で1回、マツキヨで1回見た。
地元の人に聞いたら、「そのへんよく歩いてるよ」だって。
そういう知事もいる。

とりあえず4月8日は人生初の選挙投票日(たぶん)。
参加することに意義を見出してみよう。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-23 23:55 | 雑言タハゴト
2007年 03月 22日

やっつけ仕事人、青森へ

仕事で2日間、青森へ行きました。
去年担当した現場の、お手伝いです。
21日から新しい企画展が始まるので、現場もいろいろ模様替え。

「本社から人が来る」なんていうと、煙たがられそうなものですが、
今のところ、歓迎してもらえるから嬉しい。
現場のスタッフだけじゃなく、県の職員さんからも警備員のおじさんからも
出入りの地元の業者さんからも
「来てくれたんだね!」と声をかけてもらい、
なんてあったかーい職場なんだろうと、感激。

20日は、新しい商品がどっかり入ってきたので、ひたすらやっつける。 
絵葉書の袋詰め、シール貼り。600枚を1人でクリア。約1時間強。
こういう地味な仕事は結構好き。
そして久しぶりに店頭で接客。やっぱり自分は現場が好き、向いてる。
レジ打ちの速度もあまり衰えてなかったので安心。
これで次の横須賀の現場でも、ちゃんと教えられそう。
遅くまで準備をし、夜11頃ホテルにチェックイン。
事前に調べなかった私が悪かったのですが、
部屋でLANが使えず、へこむ。フテ寝。

21日、昨日の続きで、まだばたばた。
お昼頃にようやく片付き、スタッフにも余裕が出てきた。
この日のお昼ご飯は、近所の食堂で売ってる250円のカレー弁当。
250円といえども、普通にお腹が満たされる量のご飯とルーで、
しかもエビフライが2本も乗っている。超お得。
他にも300円のカツ丼、150円の炒飯、100円のから揚げ(6個ぐらい)など、
東京ではありえない値段でお昼ごはんが食べられる、ステキすぎます。
「津軽の味 食堂部」→通称「津軽食堂」→さらに通称「つがる」。
隠れたグルメスポットです。

昼ごはんの後、この日から開催の「工藤甲人展」を見る。
青森出身在住の日本画家、現在90歳を過ぎてご健勝。
今まで2作ほどしか見たことがなかったのですが、今回は70作ほどの展示。
私はこの仕事をしていながら、実は、絵画鑑賞趣味、というのが無いのですが
(どっちかというと博物館でものの展示方法を見るのが好きなので)
工藤画伯の作品には鳥肌が立ちました。感激ものです。
黒・青・緑・朱がとても独特で綺麗。
そして女の人がとにかく綺麗。目、表情の凛々しさにドキッとします。
勢いで図録を購入。

6時まで仕事、その後、副店長とその彼氏と一緒にご飯。
そのまま空港まで送ってもらえた。
11時頃帰宅。ふー・・・疲れた・・・。

疲れたけども、2日間現場でリハビリをした感じ。
現場の感覚を失っては、新しい現場を作れるはずが無い。
どんなお客様が何を見ていて、何を手にとって、何を買うのか、
どれくらいの時間滞在するのか、どういう順序で見ているか、
どういう会話をしているのか、そこから拾える情報はないのか、
気にしなければならないこと、現場にはたくさんのヒントが落ちている。

明日からはまた、新しい現場2箇所分の仕事。
少し新鮮な気分で仕事ができそうな気がする。行って良かった。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-22 01:35 | 今日ノ出来事
2007年 03月 20日

身だしなみのススメ

身だしなみについて思うこと。

身だしなみは、「自分をきちんと見せること」であって、
例えばそれはTPOだったり、会う相手によったり、着ているものによったり、
同性の友達と遊ぶのか、デートなのか、商談なのか
いろんな外的な、内的な要因が絡むことだと思います。

まず「自分をきちんと見せること」があって、次は
「相手に印象付ける、存在感を示す」ための身だしなみだと思ってます。

私がここ3年ほど、髪の毛をとても短くしてパリパリにしているのは、
そうすることで、「相手に与える印象を強くできる」
という手ごたえを感じているからなのです。
良くも、悪くも「なんだコイツ?」と思ってもらえるからです。
人と接する、特にビジネス上で人と接する時は、
相手だって何人もの人にあって、誰が誰やら、という状況だと思うので
少しでも印象に残る自分でいたいな、と思うわけです。

ただでさえ、背が小さくて派手な顔作りではない私なので
外見で自分を印象付けるポイントがあるとすれば、
髪型、着るもの、メガネ、ぐらいなもの。

「着るもの」というのがこれまた難しい。
私には「どうしても似合わない!」デザイン、色があります。
UネックやVネックなど、首や鎖骨が本来ならば綺麗に見える襟ぐりの服が
何度トライしても、似合わないのです。
首が長いのかな、肩とのバランスが悪いのかな、
びっくりするくらい似合いません。
そして、白やベージュ、パステル系の爽やかな色が、
これまたびっくりするくらい似合いません。
Yシャツなら、まだ見られる。
ああいう色味の服は、目鼻立ちがくっきりした人はよく似合う。
この時点で、女性らしい服の7割がた、似合わないことになってしまうのです。

ただ、そこに意気消沈しても似合わないものはどうしようもないので
「これは自信があるぜ!」というところをつきつめることを
ここ2年ほどは、意識しています。
パンツスーツをかっこよく着ることには、髪型を含めてちょっと自信あり。
だから、スーツも、高くなくてもちょっとお洒落なものを、
シャツも、なるべく男っぽい、仕立ての良いものを、
時に合わせて着るようにしています。

一応ね、一応少しは身だしなみを気にしている自分なので、
他の人に対して気なることもあるわけです。
特に「スーツ」「シャツ」という同じ記号を持った男性諸君。
ただ、男性にはネクタイという武器があるから、ずるい。

大学を卒業してからOB達に会うと、
現役時代はそんなに服に気を遣っていなかったような方々が、
今はすごくおしゃれなシャツやネクタイをしているのを見ると、
「あぁ、こういう部分もあるんだねぇ」なんて思います。
ま、合コン用か何か知りませんけどw、
そういう目的でも何でもいいので、おしゃれなものを身に着けることは、
「自分に手をかけてるんだな」という、好印象を与えます。

私はかつて、無精ひげで出勤してきた営業マンに
「それ、営業としてどうかと思います」とはっきり言ったこともあるし
しわしわのシャツを着て出勤してきた営業マンに
「それ、営業としてどうかと思います」とはっきり言った・・・これ、同一人物だけど。
身だしなみで、相手への説得力が断然違うと思うわけですよ。
物なり、サービスなりを売る仕事は、
それを扱う人もワンパッケージで商品!だと思うのです。
買う方は、物やサービスと同じくらい、それを扱う「人」を買うのです。

だから、人も、「綺麗な商品」のように「魅力的なサービス」のように、
買ってもらえるようにちゃんとラッピングをしないと。
買った後も大事にされるように、ラッピングを変えて楽しませないと。
それが身だしなみ、なんじゃないかと思うのです。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-20 00:18 | 雑言タハゴト
2007年 03月 18日

休日出勤

なんて快適なのかしら。

いろんな意味での雑音が少ない。
従業員がいない、電話も少ない(ゼロではない・・・)、配送も来ない。
電話は、私が来月受け持つ現場の求人が今日から出たので、
面接応募の電話だけがぽちぽちかかってくる。
応募基準~40歳で求人かけたのにもかかわらず、
電話かけてくるのはオ-バー40の
「40歳過ぎているのですけど・・・面接受けられませんか?」・・・。
40歳過ぎてても良い人材はもちろん大事にしたいので、
とりあえず受けておく。

昨日も出勤してまして。
昨日は営業チームも来ていて、業者からサンプルでもらったとかいう
お菓子やらパンやらカップ春雨やらお茶をもらう。
出張先から送られてきたとかいう半生讃岐うどんももらう。
意外と良いこともあるらしい。

昨日遅くまで残れば、何も今日まで出勤しなくてもよかったのだけど、
営業さんと別の現場にいる社員が品川に飲みに行くというので
うっかりついて行ってしまい、仕事が片付かなかった(←自業自得)。

今日は完全にひとり、発注書と格闘。
だいぶやっつけました。

仕事場の私のいる「島」は5人いて、
前2人は名古屋の現場担当チーム、毎日喧嘩してる。
横2人はデザイナーチーム、ここも毎日喧嘩してる。
チームごとに喧嘩の仕方は違うのですが、
デザイナーチームの喧嘩がかなり不毛でw、聞いていていらっとする・・・。
ただ、「喧嘩するほど仲が良い」というのも本当らしい。
デザイナーチームと営業チームもたまに喧嘩してるけど、
ここは本当に仲が悪い気がするw

今日はそういった喧噪がないので、とっても静か。快適。
音楽なんか流しながら優雅に仕事してます。

さて、もうちょっと仕事してみることにする。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-18 16:51 | 今日ノ出来事
2007年 03月 16日

Re企画:木蓮について

今年も木蓮の花の季節がやってきました。
昨日、外回りからの帰りに車の窓からたくさんの白木蓮を見ました。
日本橋の辺りには、白木蓮の並木があるのですね。

↓2004.10.15の書き物。

  私は木蘭の花が大好きで、特に白木蘭を見ると、足を止めて、見てしまいます。
  ただ、木蘭の花は咲いている時間が短く、
  散り始めると茶色く変色してしまい、見た目に汚くなってしまうのです。
  綺麗に散れば、木蘭はもっと愛される花、になるかもしれません。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スターダストレビューの名曲「木蘭の涙」について書いたときのもの。
ちなみに一般変換では「木蓮」です。
スタレビが当て字で「木蘭」にしたのでしょう(確か作詞は外部作詞家だったとおもう)。

↓2006.3.25の書き物。

  仕事場の近くのオフィスビルの隣りに、
  何故か白木蓮の木があります。
 
  「何故か」というのは、
  木蓮自体、花の季節の短い、
  散り方もあまり綺麗とはいえない
  地味な花だからです。なんでそれを選んだろう?なんて、
  思ったりしますが。

  もしかしたら、私みたいな人がいるのかも。
  私は白木蓮が好きです。
  前にも書いた覚えがありますが、
  色と形が花の中では一番好き。
  上品で、暖かみがあって、見た目に柔らかい。

  夜、花をつけた白木蓮を見上げると、
  夜空の黒をバックに白い花影が浮かんで、
  これがなんとも綺麗。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの、あたたかい白は、ヨーロッパや南の花の白とは違って、
日本人の目に優しく映る気がする。
字面では大陸からのものであろうことは、なんとなく想像出来るところ。
そして何といっても、花の形が良い。
何枚かの花びらが複雑な曲線と角度で絡み合い、
ひとつの花を作っている。
花の数だけ、美しい形が存在する。

もっと花の時期が長ければいいのに。
もっとたくさんの人の目に、その美しさが映ればいいのに。

あんなに背が高い木なのに、なんて控えめな花。  
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-16 00:08 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 03月 13日

思い出が仕事に

今日、某大手おもちゃメーカーさんと重要な商談。
普段は「件の仕事マシン」と一緒に動いている案件なのだけど
仕事マシンが地方出張のため、私ひとりで応対。

・・・はいいんだけど、グループ会社で5人もぞろっと来たよ。

5:1の商談ってやりにくいわぁ・・・。
こっちが「おたくの商品買いたいんだけど」って立場だからまだマシなもの。

そのおもちゃメーカーというのは、
国民的玩具(と私は勝手に思っている)「プラレール」を作っているところです。
まさにプラレールを中心に取引の話をしているのですが、
個人的にプラレールには思い出がたくさんあるので、
今こんな仕事をしている状況に、ちょっとした縁を感じます。

うちの兄貴がいわゆる「鉄(道マニア)」なのですが、
プラレール→Nゲージという、鉄道マニアの王道を歩んだ人なのです。
実家には今でも、浴槽ぐらいのダンボールにいっぱいの
プラレールの車輌やらレールやら景観品やらが残っています。
(母方の)おじいちゃんっ子だった兄貴は、
よくプラレールのパーツをおじいさんに買ってもっらっていました。
それを10畳くらいの部屋に1日がかりで組み立て、分解する、というのが
子供心にとても楽しかったのをおぼえています。
私はほとんど傍観者でしたが、
トンネル置いたり、橋げた組んだりぐらいはしてた。

そんな、20年以上も前に見ていたものと、
レールパーツの仕様なんかは今も全く変っていなくて、驚き。
車輌はずいぶんとこぎれいに、カッコ良くなりました。
昔のものは「レトロ」な印象。もう貴重品なんだろうな。
そう思うと、実家には宝物がたくさん埋もれている気がする。

自分や兄貴が昔夢中になってたもので、
これから自分は、誰かを夢中にさせるんだなぁ、
そんなことを思いながら、最近は仕事をしています。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-13 23:51 | 今日ノ出来事
2007年 03月 12日

どうも、あたらない

最近東京の西の方面で何度かタクシーに乗ったのですが、
良い運転手にあたりません。
お金を払って命を預けるわけですから(大袈裟ですが)、
せめて「安心して乗っていられる」ぐらいの運転をしてほしいものです。

何が嫌かというと、
・急発進、急加速、急停車
・法定速度を20キロ以上越す運転
・カーブ・曲がり角を急に回る
・不要な追い越し、車線変更をする

別に法定速度ピッタリで走れとは言いませんよ。
でも、20キロオーバーにになると、ちょっと恐怖感なんですよね。
あと、私の自宅周辺には細い道が多いので、
できれば20キロぐらいで走ってもらいたいのですが、
無理に飛ばそうとするんですね。あれもやめてほしい。

あとはガムを噛みながら接客されたり、
返事が無い、など、接客の基本がひどい人もいました。

東京タワーに勤務していたときは、
東京タワー ←→ 新橋駅or東京駅でよくタクシーに乗っていましたが、
そんなにひどい運転手はいませんでした。
よく話しかけてくれるし、もちろん運転丁寧。

地方格差なのかねぇ・・・。
同じ東京の中なのに。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-03-12 02:38 | 今日ノ出来事