<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 29日

「若いくせに」

無事にお店をオープンさせました。

敷地内に2店舗、プラス、倉庫と事務所が別々な場所にあるので
4箇所をぐるぐる回っていたら1日が終わりました。
スーツにローヒールで走った走った。
仕事で額から汗流したのは久しぶり。
青森の店は50%ぐらいのプロデュースでしたが、
今回は90%ぐらい、自分の頭と責任で作ったお店なので
妙に感慨深いものがありました。

本社から社長が来てなにやらかにやら、
御年74歳になる館長さんのところに急に一緒にご挨拶に行くことに。
日本画家さんらしい。雰囲気のある大柄のおじいさま。
「なかなか面白いものがいっぱい揃っていたね」
と言っていただき、
「若いくせによくやるねぇ」
と、おそらく、褒めていただいた。

「若いくせに」。
悪い気はしない、むしろ嬉しい。
いや、若いくせに、って言われるほど、実際若くないと思う・・・。
私より若くて、私よりすごい仕事をしている人なんて
このご時勢、山ほどいると思うし、実際、私の周りにも居る。
たぶん、今私が手がけている分野での平均年齢を下回っている、
それだけのことだと思う。

去年の今頃、コンビニ店長時代も、やっぱり仕事に追われていて
朝5時におきて7時から仕事をして
ろくに休憩も取れずにご飯も食べられずに日付が変る頃まで仕事して
そんな生活が1週間丸々続いて
しかも2週間連勤だったりした。

仕事が変っても、状況ってあまり変らない。
人並みにGWを満喫したいなんて、強く思うことはないけど、
ちょっと羨ましくも思ったりする。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-29 01:33 | 今日ノ出来事
2007年 04月 26日

スパ三昧

横須賀滞在中。

今回、予定と予想ほどタイトな仕事にはならなかったので、
(忙しそうに見えるのは、予定と予想以上に遊んでるから・・・)
毎日通いでも問題なかったのですが、
「ホテル取っておいたから、使えや~。」と会社から言われたら、
そりゃ、ありがたく使います。

立地上、リゾートホテルしかないもんで、
リゾートホテルにシングルルームなんて概念は無いみたいで、
ツインルームを独り占め。贅。
今なら先着1名様、オーシャンビューのお部屋にご招待できちゃいます。

ホテルの隣に併設のスパがあって、宿泊者は使い放題。
そんなにたくさん種類があるわけではないのですが、
露天の海洋深層水風呂が大変結構なものでした。
今日はオイルマッサージを受けよかな。肩背中病んでるっぽいので。

しかしここは何でも高い。
ポッカ缶コーヒー200円て、あなたね。
朝食バイキング2000円て、あなたねぇ。

とりあえず、今朝のバイキングは会社の経費で食べてやる♪

そうそう。このホテル、決定的に足りないものがありまして、
ネット環境ゼロ。
困った。

リゾートホテルにはネット環境が要らないらしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-26 07:44 | 今日ノ出来事
2007年 04月 22日

シゴトヅケ

珍しく、仕事にどっぷり浸かってます。
そうそう、「これもお願いね♪」って、目の前に書類を詰まれる
ギャグみたいなあの状況が、現実になっている感じ。

ひとつ目が、4月28日に店を開ける仕事。
これひとつだけで、十分お腹がいっぱいになる仕事。
しかも通勤に往復で5時間かかっている・・・。

もうひとつが4月25日に提出する、別件の店のための商品リスト作り。
これがまた膨大な量で、10社分500アイテムぐらいのリストアップ。
テキスト作るだけなら、別にどうってことも無いのだけど、
商品撮影したり、ライセンス確認したり、
取引条件なんかを交渉しつつ、同時進行。
公の締め切りは実は27日、会社締め切りが25日、自分締め切りが23日朝。
事務にチェックに回さなければならないので、前倒し。
しかも、この仕事頼まれたの4月4日だぞ。
時間無さすぎじゃぁー。

とほほ。

にもかかわらず。
この1週間、遊びで2徹している。
なんだ、意外と余裕?
仕事が忙しくなると、その分のストレス発散意欲もアップするので
これは仕方がない、としている。そうしておこう。

たぶん、GWが終わったら抜け殻のようになっていると思われますので
中身を詰めてあげてください。
詰め物は食べ物、適度のアルコール、マッサージ辺りが希望です。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-22 07:42 | 雑言タハゴト
2007年 04月 19日

あなたのためならどこまでも

久しぶりに歌舞伎のチケットを取りました。
6月、中日劇場(名古屋)。
出し物は、猿之助十八番の内「獨道中五十三驛」。
たぶん、一度東京で見ている。

なぜ名古屋まで、一度見た演目をわざわざ見に行くのかというと、
この「市川猿之助一座」が、大好きだからです。

 猿之助一座は、その座長である市川猿之助が4年ほど前に病気療養に入ってから、
 東京でのまとまった興行が、ほとんど無くなってしまいました。
 毎年恒例だった7月の歌舞伎座の公演も、2年前から無くなり、
 春の新橋演舞場での2ヶ月公演も、無くなりました。
 東京に出てきてから、7月の歌舞伎座と春の新橋演舞場を欠かさなかった私には
 それはそれは、寂しいことでした。

 確かに、看板役者である猿之助の不在は大きい。
 猿之助一座は他の歌舞伎諸派と違い、
 世襲制ではなく、内弟子から歌舞伎役者になった人たちの集まりなので
 「伝統的な立場」の弱さも、歌舞伎座を追い出された理由だと思う。
 悲しい現実。

私はずっと、自分は「歌舞伎が好き」なんだと思ってたのですが、
よく考えたら、猿之助の歌舞伎しか見なくなってしまっていて、
「猿之助の歌舞伎が好き」なんだと気が付いた。
だから、猿之助が療養に入ってからは、
猿之助一座の興行を2回ほど見た以外は、歌舞伎を見に行ってない。

今回も、猿之助は演出だけであって、舞台には立たない。
たぶん、もう、舞台には戻ってこないんだろうな、と思っている。
覚悟している、というか。
もし万が一にでも、一度でも、猿之助が舞台に戻るようなことがあれば、
どこにだって見に行きたいと思っている。



 
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-19 23:03 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 04月 17日

走水

仕事場の近くに、走水(はしりみず)という地名がある。
浦賀近く、海に面した場所。別に観光地というわけでもない。
でも、結構有名な場所。
中学校か高校の古典で出てきているはず。

「古事記」
中巻のヤマトタケルの伝記に出てくる、悲劇の場所。

時の天皇より東国征伐を命じられたヤマトタケル(倭建命)一行は
相模国(神奈川)から常陸国(茨城)へ海を渡ろうとした。
走水から船を進めたが、怒った海神が荒波を起こし、
前に進むことが出来なくなってしまった。
そこで、船に乗っていたヤマトタケルの后、オトタチバナヒメ(弟橘比売命)がこう言う。

 妾、御子にかはりて海に入らむ
 御子は遣はさえし政遂げて、覆奏したまはね
  (わたくしがあなたの代わりに海に入りましょう
   あなたは命じられた東国征伐の任務を果たして、天皇にご報告にお帰りなさい)

オトタチバナヒメが入水すると、海は凪いで、無事に航海が出来た。
最後にヒメが読んだ歌。
 
 さねさし さがむの小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも
 (相模の野原で炎に囲まれながらも、私のことを気遣うあなた
  ・・・この話の前に、有名な迎え火の話があるのです。詳細は割愛) 

それから7日が経って、ヒメの櫛が海岸に流れ着いた。
ヤマトタケルは墓を作って、櫛を納めた。

・・・という話です。高2の古典で読んだような気がします。
超人的な能力を持ったヤマトタケルという人物の、
闘いの日記のような話の中にあって、ものすごく人間味あふれる部分です。
大好きな部分です。

オトタチバナヒメの言葉も歌も、櫛が流れ着いたエピソードもいいのですが
話の大筋とはあまり関係の無い部分で、好きな記述があります。

 海に入らむとする時に、菅畳八重、皮畳八重、絁畳八重を波の上に敷きて
 其の上に下り坐しき

ヒメが入水するときの支度の話なのですが、
菅で編んだ敷物、皮の敷物、絹の敷物を何重にも敷いて・・・という意味です。
この話で「入水する」というのは、海神のところにお嫁に行くことなので、
死の儀式ではなく、婚礼の儀式が行われている、という妙。
それから、こういう「言い立て」(同じようなリズムで文言を並べる)が個人的に
好きなので、この部分は印象深い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あぁ、そうか。ここがその走水なのか、と思ったら感慨深くなりました。
今は縦横無尽に船が行き交う走水の海ですが、
昔には、たくさんの人が命を落とした海だったろうし、
ずっとずっと昔には、愛する人のために海神に命を捧げたた女性がいたわけで。

波も穏やかな、きれいな海です。走水は。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-17 02:39 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 04月 14日

それでも男には、なれないのです

日本舞踊を始めて、そろそろ丸5年になります。
入門から3年は、基礎作り。
3年間はひたすら女踊りを稽古し、日舞を踊るための体を作り、
動きの基礎を体に馴染ませるのです。
5年目(去年)に少し立役(男踊り)に入ったところで、
青森へ出張のため、半年間お休み。
今年はじめからまたお稽古を始めて、しばらく女踊りを復習し、
最近は立役の稽古をしています。

ふと振り返ると。

そもそも日舞をやろうと思ったのは、
高校生のときに見た歌舞伎の立役があまりにもかっこよくて、
「こんなふうにかっこよく身のこなしが出来たらなぁ」
と思ったからでした。
お姫様みたいなおべべを着たいとか、そういうことじゃなかったのです。
あくまでも、男に憧れたのであって、
そして宝塚のような男ではなくて、歌舞伎や日舞の男。

で、実際立役をやってみると、これが非常に・・・難しい。
5年間そこそこまじめに稽古してきたのに、体が動かない。
やはり女踊りと男踊りでは、筋肉というか、筋や関節の動かし方が全く違うのです。
その「動かし方」の組み合わせで踊れるはずなのですが
まだ、おぼつかない。
理想像には、遠い道のり。ふぅ。
まだまだ男には、なれそうにありませんが、こつこつと、がんばります。

どうやら「男に生まれたかった願望」が強いようなのです。
病気というほどではないのですが、子供の頃からありました。
その辺が今の性格、外見に全て関わってるんだと思います。

去年、誕生日前後に母親と電話で話したとき、
「あの子が男だったら、すごい仕事をしそうだな、ってお父さんが言ってたよ」
と言われ、自分の仕事を褒めてもらっているのは分かったけど、
実はちょっと、落ち込んだ。
父親も母親も、「あの子が男だったら」と本気で思っているわけではなく、
ほんの軽口程度に言ったんだろうな、とは分かっている。
「男だったら良かったのに」と心底思っているのは、
他でもない、私自身であって、親にまで軽口でもそう言われてしまったのは、
とっても複雑な心境。
この発言に対しては問い質したことも無ければ、
問い質したからって、何も解決することは無いから、そのままにしてあります。

私は、「今の身の丈と今の顔」だから「今の性格、今の生活」があると思っています。
背が5センチ3センチ高かったら、少しでもパーツが違っていたら、
私は今の仕事をしていないかもしれないし、
お付き合いをする友達も違っていただろうし、
手品をしていたかどうか、日舞をしていたかどうかも、あやしい。
今の自分がベスト状態だと、信じてます。勝手に。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-14 02:07 | 雑言タハゴト
2007年 04月 11日

これはステキだ

b0024051_0372546.jpg


この前友達と立ち寄ったカフェのフリーラックに、
こんなポストカードが置いてあった。
香川県が行ったポストカードコンクールのグランプリ作品だそう。

おぉー。これは良い。
実に素晴らしい。
シンプルで、お洒落。
そしてもちろん、いかにも「香川県」らしい。

  余談。私の中の香川県。
  金比羅神社、金比羅歌舞伎、琴平電鉄、灸まん、高松駅前にある鬼の石像、
  羽田空港から高松行きの場合、バスでタラップ下まで連れて行かれる。
  もちろん、うどん大好き。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-11 00:58 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 04月 10日

自己向上CP?

最近、色々な物事に対するモチベーションが高くて、
これは自分、どうしたことかと思案することがある。

普段はのらりくらりと行き当たりばったりに過ごしていて、
特に不平不満も無く、激しく自己主張することも、逆に引きこもることも無く、
なんとなく、流れ流れて生きている。
それが、最近はなんだかよくしゃべるし、考えを巡らしている時間も多い。
仕事上でも、プライベートでも。
知識欲が高い。知らない言葉が気になる。
脳ミソの稼働率が高い、というのかな。

だから今、布団にもぐりこんでから眠りにつくまでの
数分か、数秒か、とても幸せなのですよ。
「あ、もうこれから数時間何もしなくていいんだ」と思うと、ほっとする。

それから、友達と屈託のない話をしている時間も、
何かの薬のようによく効く。
だから土日でも早くから出かけちゃう。そして夜遅くまで飲んでる。

そんな私は、たぶん、こんな状態。

  最近体調は悪かないが 心臓が高鳴って参ってんだ 
  (スキマスイッチ「ガラナ」)

元気元気。いたって元気。
ただ、雑多にモチベーションが高くて、コントロールし切れてないみたい。 
今週は週中にキレイに整理整頓して、せめて仕事を考えない週末にしたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-10 01:31 | 雑言タハゴト
2007年 04月 08日

マニアなスタバ

b0024051_1549458.jpg

お気に入りのスタバ。

東京駅のすぐ近くに最近出来たビルの3階にあって、
目の前を、東京駅を発着する新幹線や中央線、山手線、
京浜東北線が行き交っています。
新幹線が一番手前を発着でゆっくり走るので、
これはなかなか良い眺めです。
ややマニアな嗜好ではありますが、
鉄道マニアじゃなくても、この風景は楽しめるのではないでしょうか。

このビルがオープンした翌日に、仕事の外出ついでにたまたま寄り、
気に入ったので、休みの今日も来てしまいました。
難点は、慣れてないせいか、スタッフがイマイチなこと。がんばれ。

上越新幹線の後ろに中央線、の図。
大きな窓際の席だと、もっとどかん!って感じなのですが、
今日は小さな窓際なので、こんなもんです。
写真が鮮明じゃないのは、窓が汚れているからですw

大手町方面にお出かけの際は是非。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-08 15:49 | 今日ノ出来事
2007年 04月 06日

サクラノオワリニ ’07

b0024051_141053.jpg


ひそかに感動的な花見(3月30日記事)から、もう10日近く経つ。

もう、今年の桜も散り始めてきた。
風が吹いて、風花のように桜の花びらが散ると、
その、降ってくる花びらで何となくハッピーな気持ちにもなれば、
もちろん、終わりゆく桜の季節に、寂しくもなる。

  はかない春のかたみには
  いちばん きれいな私を
  あなただけに あなただけに
  留めたいと 思う

元ちとせの「春のかたみ」のワンフレーズ。
桜の気持ちのような、春という季節を過ごす女の子の気持ちのような。

来年も、”いちばんきれいなあなた”が
たくさんの人の上で咲き盛りますように。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-04-06 01:02 | いとし、しほらし、かはいらし