<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 26日

休日は平日に

最近、仕事の関係で平日に休むようになりました。
どうしても休日が忙しい現場なものでね。
大学生のころも土日が忙しい吉祥寺の飲食店でバイトしていて、
それからずっと観光地務めなので、基本、平日休みの人なのです。
本社勤務の時は社会人っぽく土日に休んでいましたが、
土日休みだと友達との予定は作りやすいけど、
出掛けても混んでいるのが、どうもねぇ。

やっぱり平日休みが、良いです。
平日の昼間っからふらふらと街に出て、のんびり買い物して、
食べ物屋さんのおいしそうなショーケース覗いたりして、
なかなか、いいものです。

あと、現場勤務だと、ある程度希望どおりに休みが取れる。
しかもワークシート作るようになると、結構やりたい放題になる。
この日にお芝居見に行きたいとか、放浪の旅に出たいとか
手品のイベントがあるからとか言って、勝手に休みの予定を組んでしまう。
これも、なかなか、いいものです。

平日休みのほうが、時間がゆっくり流れるような気がするんだな。
勝手に思っているだけだろうけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-26 00:19 | 雑言タハゴト
2007年 10月 23日

そーいや

来週香港に行くことになっているらしいよ?
11月頭に行われるマジックのイベントに参加するらしいよ。

むぅ、すっかり他人事みたいになってる。
6月頃に急に思い立って「香港行くぞー」と決意したのはいいものの、
まさかこんなに忙しくなるとは思わなかったから、
あらら、どうしましょ。という感じ。
でも去年も仕事でスウェーデン行きを諦めたのだから、
今年こそは行かせてよね。
携帯も通じるようにするから。

今日、夜に会社に行ったら、机の上に餞別が。
「会社みんなからです」とか書かれてしまっている。
ん、なんだかオオゴトに。
しかもこれではちゃんとお土産買って帰らなきゃいけないじゃないか。

11月1日朝に出発なので、月末月初の処理をちゃんとしてから出かけなきゃ。
今月から3店舗分の処理をするのか、大変そう。
10月31日は徹夜で仕事だな…。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-23 01:28 | 雑言タハゴト
2007年 10月 21日

バファリンさまさま

ここ3日ほど、腰痛が酷くて難儀している。
立っていても座っていても歩いていても寝ていても痛いなんて、初めて。
左側のみが痛い。バランスが悪いのかな。

温めると痛いということは、冷やしてみる。
最近減りの早くなった冷湿布を贅沢に1枚貼ってみたり。
(でも翌日からは2枚に分けちゃった・・・貧乏性・・・)
それでも痛みが引かず、でもちゃんとした整体に行くような余裕もないし・・・
いやぁ、それにしても痛いぞ、これは。

と、そんな時ふと思い出したのが、鎮痛剤。
いわゆるノーシンとかバファリンとか、解熱剤&鎮痛剤というやつですな。
頭痛のときしか飲んだこと無かったけど、確か肩こりや関節痛にも効くと
箱の裏側に書いてあったような気が・・・。

持ち歩いていたバファリン、手元に箱が無かったので、モバイルで検索。
あるある、書いてある。腰痛に効くと、書いてある。
ただ単に痛みを緩和させるくらいで、根本的な解決方法ではもちろん無いが、
さっそく飲んでみることに。
「バファリンの半分は、やさしさでできています」ですって。

約1時間後・・・気が付けばなんとなく痛みが和らいでいる。
仕事するに支障が無い程度には回復した模様。
おぉ、さすがバファリン。効いたよ、ありがとう。

しかし夕方になり、薬効が切れてきたのか、また痛みが再発。
やはり単なる鎮痛剤でしかないのね・・・仕方ないか。
まぁそれでも、一時期にでも痛みが和らぐのだから、ありがたい。

しばらくは鎮痛剤でだましだまししながら、動くしかなさそう。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-21 00:02 | 雑言タハゴト
2007年 10月 18日

乗り換え案内

先日、大宮駅の改札口でこんな光景を目にした。

  改札口にバタバタとかけてきた初老の女性、駅員さんに
  「新幹線の乗り口はここ?小田原まで行きたいんだけど」・・・

この質問への答えはどうだろう。
様子から見て、この女性は「新幹線で小田原まで行けると思っている」ようだ。
早く小田原に行くためには新幹線に乗ればいい、と思っているのか。

行けることには行ける。
大宮から、上越か東北か、その辺の新幹線に乗って東京まで行き、
東海道線に乗り換えれば、新幹線だけでも小田原に行ける。
贅沢な新幹線利用法。
かつ、この女性のリクエスト?にも答えている。
でも答えとしては、大宮からまず高崎線か何か上野経由で東京に出る。
そこから東海道線に乗る。
たぶんこれが一番スマートのはず。
エキサイト乗り換え案内もそう言っている。
湘南新宿ラインで横浜まで出る→新幹線というのもあるらしい。

駅員さんはどう答えたのかしら。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-18 19:58 | 雑言タハゴト
2007年 10月 16日

大丈夫じゃないけど生きてますよ

もう大変なのなんのって。

毎日大量の品物と段ボールと人と格闘しています。
一区切り付いてしまえば楽になるだろうよ♪とか思っていたのに
全く楽になるどころか、ますます仕事量が増える一方にある。
いやぁ、困った。
おそらく3人分くらいの業務をまとめて一人でやっている。
そりゃ、終わんないってね。

1階と2階を段ボールを抱えて走る走る。
自分のどこにそんなガッツがあったのかと思うほどなのだけど
さすがに2日終って、足が変。
足裏に冷えそうなものを貼ってみました。

こんなに疲れたのは今年の8月の終わりとGWの東京タワー以来です。
明日は思わず休日出勤となってしまいましたので、
木曜日の休みに向けて、もうちょっとがんばる。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-16 00:26 | 今日ノ出来事
2007年 10月 13日

たけかんむりにいぬ

仕事上、名刺交換をすることが多い。
たまに相手に「ほぉ、良いお名前ですね」と言ってもらえるのがとっても嬉しい。
コンビニ店長時代、実店舗での研修初日、初めてレジで接客したお客様に
いきなり「素敵な名前ねぇ!研修中?がんばってね」と言われた時は
驚きもし、緊張も多少ほぐれた。
自分の名前に救われた貴重な瞬間。
手品の場では「芸名ですか?」と聞かれる。
そんなに芸名っぽくはないと思うけど・・・。お笑い芸人なら別だが。

下の名前の「漢字」について言っているのだと思う。
中学高校ぐらいのときは、自分の名前があまり好きではなかったのです。
私の年代は、ちょうど「~子」と、子のつかない名前が切り替わる時期で、
子のつかない名前にずいぶんと憧れたものです。
一番憧れたのは「みき」でした。「みお」とか「あや」「さおり」などなど。
私の母親は子のつかない名前なので、
なぜ娘の私には「子」をつけたのか、同じような感じで良かったのになぁ
などと思ったものでした。

今のハンドルネームというか、ニックネームは中学生の時に
同級生の男子がつけたもので、よく付けたものだと感心してます。
ドライな学生生活の高校時代は一切使われず、
大学生になり、またこのニックネームで呼ばれるようになって、
今は本名のようにポピュラーになっています。
その過程で、自分の本来の名前も好きになりました。
親はよくぞこの名前にしてくれたものだ、しかもこの字で。
そんな風に思えるようになりました。
正確には、音は母親がつけ、漢字は伯母が充てたらしい。

漢字にはいちいち意味があるから面白い。
私は、字に沿った生き方をしていれば、ずっと楽しく過ごせそうな気がする。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-13 01:10 | いとし、しほらし、かはいらし
2007年 10月 10日

無理なものは無理

最近、自分のトマト嫌いがだいぶパブリックになってきたようである。

①自分の皿にあるものは当然食べないし
②シェアするものは取らないし
③他人が取ってくれる場合は「トマト食べないので」といって断る。

ただ、①の場合、食べ終わった後に皿の端によけたトマトを見ると、
なんだかちょっと物悲しくなる。あからさま過ぎて可笑しくもある。

一人暮らしを始めてから、だいぶ好き嫌いは減ったのだけど、
特にここ2年ほどで、食べられるようになった食べ物は多い。
または、今までは好きでもなかったものを、率先して食べるようになった。
野菜に多い。
・茄子(ただし、漬物はまだちょっと・・・。辛味噌やカレーなど、濃い味付けのものが好き)
・大根(浅漬けサイコー)
・舞茸(ソテーかバターで蒸し焼き。またはパスタの具。
 うまい。新潟県人的には雪国まいたけ万歳)
・ブロッコリー(温野菜でマヨネーズ。またはあっさりと塩コショウ)
・カリフラワー(ブロッコリーに同じ)

なのに、トマトだけは克服できる気がしません。
周りは「うまいよ~」と言いますが、いまだに食べられる気がしません。
自分の中では
「無人島に行って、一番最後に仕方がなく食べる食材」ってぐらい、食べたくないのです。

こればっかりはあと何年続くのか、何十年続くのか、
やっぱり墓場まで持っていくのか。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-10 03:35 | 今日ノ出来事
2007年 10月 07日

いっちょまえ

アルバイトから数えて入社6年半(社員としては2年半)。
今年初めて、健康診断を受けることに。
(とか、公に言ってはいけないんだろな・・・本当は)

一度、入社前にFC契約先の本部の指示で受けに行ったっけ。
覚えているのは、身長が公式発表?では150センチなのが、
そのときの計測では150.5センチだったこと。それだけ。
検査というよりは身体測定に近かったな。

今回はどういう診断か知りませんが、
不健康な状態で受けに行ってやろうかとか思ってます。
「夜9時以降の飲食は控えてください」は守るけど、
徹夜明けで行ってみるとか。変な抵抗?を。

しかし、急にどうしたことかね。
今までは、申し出れば受けさせてもらえたらしいが、
「今年からは年1回、絶対に受けてもらいます!」みたいな通達が来た。
従業員も増えてきたしね、いろいろ、ちゃんとしなきゃいけないんでしょう。
いっちょまえに、ね。

もうひとつ、いっちょまえに。
来年、新卒の新入社員が2名入ってくるそうです。
しかも一人は国立の大学院出てます。
えぇぇぇぇ、うちで大丈夫?いいの?もっと会社選んだら?
って、思っちゃいます。まぁ、いいというんだから、いいのでしょうが。

ていうか、2人分のデスク置く場所ないよ。
どうするおつもりなのかしら?
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-07 02:32 | 雑言タハゴト
2007年 10月 02日

59

10月3日は父親の誕生日。
今年で59歳になるらしい。
来年還暦なのか。

本人もそうなんじゃないかと思うけど、来年還暦という気が全くしない。
会社員とはいえ、中卒で職人に近いような仕事の仕方をしてきているので、
普通の社会人的加齢もしていないし、
メタボリックでもないから、見た目加齢もそれほどでもない。
もちろん白髪はあるし顔に皺は増えたが
子供の頃から見ている父親の姿と、あまり変わりがない。

どちらかというと寡黙な人だ。
でも、家の空気は決して重くはない。
居間の真ん中で大好きなクラシックカーの雑誌を読んでいたり、
そうかと思えばコクリと寝ていたりして、
それでいてなんだか静かな存在感がある。

怒らないし、厳しく叱られたこともほとんど無い。
機嫌が悪い時というのも見たことが無い。
かといって上機嫌というのもよく分からない。
夫婦喧嘩をしているのを見たことがない。

器用な人である。
パーツから車検とれるくらいの自動車を組み立てたり、
あぜみちに転がっている三輪車自動車をもらってきて直してみたり、
廃品に出ているコンポを拾ってきては直してみたり、
車や機械を直す過程が好きらしい。
いつも居間の片隅には直しかけの何かしらが置いてあるし、
実家に帰る度に家電製品が増えている。
家族総出で作った車庫もいつの間にか、
クラシックカー修理のアトリエになっていた。
私の手品道具も一部、父親作のものがある。
「何か作るの無いのか?」と、たまに聞かれる。

結構、尊敬している。
こんなわがままな子供らに怒らないところや、器用なところ。
自分の好きなことを仕事にできているところ。
寡黙なわりには、仕事場では若い人にしたわれているらしいし。

今年は電話で「おめでとう」だけ伝えた。
来年は何か、ちゃんと贈り物をしよう。
恥ずかしがりやさんだから、きっとはにかむくらいなんだろうけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2007-10-02 23:15 | 今日ノ出来事