WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 30日

ことしのさくら

b0024051_1591285.jpg


今年はだいぶ寒かったので、さくらの時期も押すのかなと思っていましたが、
ほぼ通常通りの満開時期になりました。

  といっても、私のさくらカレンダーは時々新潟基準のことがあり、
  「満開は4月中旬」と思い込んでいるときがあります。
  あぁそういえばここは東京だったな、と。

会社の近くに、とても立派なさくらの木が1本あります。
枝ぶりがよく、花の付きもよく、見応えのあるさくら。
誰の厚意か、毎年咲きはじめから葉桜になるまで、ライトアップされています。
さらに小さな木のベンチまで置かれていて、ちょっとした憩いの場。

今年も春歌、さくらソングといわれる曲がいくつか出されたようですが、
一番は中島美嘉の「花霞」です。
彼女はそんなに日本人顔でもないし、かなり薄い色のカラコンをして、
感情の分かりにくいアーチスト、という印象があります。
3年前に出した「桜色舞うころ」という曲が、じぃんと心にしみて、
「この人はきれいな日本語の歌がぴったりだなぁ」と思いました。
その後映画NANAで女性ロッカーに扮しましたが、
それは全く興味がなく(漫画も読んだことないし)、
やはり「日本語の日本的な歌を歌う」中島美嘉を待っていました。

花霞、とは。
たくさん咲き誇ったさくらの花が、
遠くから見るとぼんやりと白く霞のように見える様、という意味のようです。

   花霞 いま 伝えて
   私の心
   心配ないと 伝えて
   愛する人に

和歌で歌われるように、花に言葉や心を託す日本人。
その花の代表ががほんのひと時だけ咲き誇る「さくら」というのが、
深い意味は無いけど「日本人だなぁ」と思います。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-30 01:59 | 今日ノ出来事
2008年 03月 27日

こりゃ美味い

b0024051_0212022.jpg

新潟の三幸製菓のふわふわ焼き。
外さくさく中ふんわりのおかきで、砂糖醤油味でざらめ掛け。

正月に実家で食べてはまったので、
その後は実家からの援助物資便に必ず乗せてもらっている。
近場のスーパーには置いていないのだ。

スーパーの米菓コーナーを見ると、ほとんどが新潟のメーカーだということに気づく。
亀田製菓や越後製菓、岩塚製菓、三幸製菓、
ちなみに米菓じゃないけどブルボンも新潟。
実はお菓子大国なんですね。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-27 00:21 | 今日ノ出来事
2008年 03月 24日

真夜中に朝ご飯

昨夜は珍しく、0:00に就寝した。
最近は午前1時半就寝というのが多いのだが、
なんとなく、早寝をしてみることにした。
起きるのは6:20、起き上がるのが6:30。
目覚まし時計1個、携帯2個と昔使っていた携帯を1個5分ごとのアラームにして、
さらにテレビのオンタイマーをかけて寝る。
前はこれに枕元のラジオを鳴らして起きていた時期もあったな。

昨夜も6:20から6:30にかけてバラバラに鳴るようにセットして布団にもぐりこむ。
わりと早く眠りについたらしい。

・・・・・

朝が来た!と思って起きて、いつものようにコンロでお湯を沸かして味噌汁(即席だけど)。
ご飯をよそって、自家製の浅漬けを用意して、朝ごはん。
まだちょっと寒いので電熱ストーブをつけ、テレビ見ながら。
半分くらい食べて、何かおかしいことに気がつく。
テレビの画面に時間が表示される設定にしているのだが、
その時間が「1:38」??
しかもテレビではバラエティー番組をやっている・・・日曜の朝に??
ていうか、外暗くない??

なんだ、これは?????

それでもご飯を食べ進め、3分の2を食べて「やっぱりなんか変だぞ」。
枕元の時計を見たら、1:50。外、暗い。
もしかしてまだ夜なのか?自分、間違えて起きた?
半信半疑のまま、もう一度布団にもぐりこむ。

6:20目覚ましが次々に鳴って起こされる。
あれ?なんか1回起きたよなぁ・・・?とテーブルを見ると、食べかけの朝ごはん。
やっぱり間違えて起きたらしい。
間違えて起きたのにガス栓開けてお湯沸かしてストーブとテレビつけて
しかも半分以上ご飯食べちゃったらしい・・・。

ちょっとした不思議体験。
ていうか、ドジ。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-24 01:28 | 今日ノ出来事
2008年 03月 22日

人を何だと思ってやがる

今日は仕事の愚痴を一席。

今の現場は、某老舗百貨店と共同運営しているような感じなのだが、
この老舗百貨店から来ている社員というのが、全く仕事ができなくて困る。
仕事ができない、というか、仕事をしない。

おそらく今までは、「誰かがやってくれていた」のだろう。
売り場はメーカーや業者が作る、レジは派遣が打つ、
自分たちはただ、お客さんに余計なおせっかいをしていただけなのだろう。
そのくせ、老舗看板を頭上に掲げ、やたらと自慢話をする。
「これがスタンダードよ」というが、そんなスタンダードはここでは通用しないのだ。
最近何度か3、4人と一緒に飲みに行ったが、
酔うと必ず自慢話だ。面倒くさいったらありゃしない。

接客!接客!という割には、接客がなっていない。
あれでクレームが来ないのが不思議なくらい。
お客さんへの話しかけ、金銭授受、礼儀、どれをとっても粗悪で
あれで「老舗百貨店でござい」とよく言えたものだと思う。
私の担当店舗のスタッフが比べ物にならないくらい優秀に思える。
接客において「忙しい」は理由にならない。

年配の社員は、男女差別も甚だしい。
「確かにそうかもしれない」が、「口に出してはいけないこと」がある。
今日、そういった趣旨の発言で紛糾したので
色々溜まってたものあわせて、こういう日記内容になってしまっているのだが・・・。

私とうちの会社のスタッフはこの半年、かなり頑張って仕事をしていると思うが、
どうも百貨店サイドがそれに呼応するくらいの頑張りを見せてくれない。
それが当然のことだと思っているんだろうけど。

ここ1週間で特に愛想が尽きたので、しばらくはビジネス上のお付き合いだけにしよう。
そうしたらニキビもよくなるかもしれないし。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-22 00:32 | 今日ノ出来事
2008年 03月 20日

はしご病院

激務が予想される春休み目前の休日の今日は、
1日2件の「はしご病院」。

1件目は皮膚科。
3日ほど前からあごに赤にきびが現れ始め、
ビタミン剤と以前処方してもらった塗り薬で治療を続けたものの、
寝て起きるたびに悪化し続け、いよいよ鏡を見てため息が出るような状態に。
かなり酷い。
一応、人前に出る接客業。これではいかん。
いつもの皮膚科に行き、前もらった薬が効かないことを伝えると
「にきびの塗り薬もいろいろあるんですよ」
・・・ふぅん。で、前回のとどう違うわけ?と思ったものの、
とりあえず医者の見立てを信じて処方してもらう。
そのほか抗生物質やビタミン剤など飲み薬4種。
ここまで来ると立派な病人みたいだ。

「来週もう1回見せに来てくださいね」
・・・それまでには治ってるといいなぁ。
今回はとりあえず強制的な治療だけど、
この「たまに勃発する赤にきび集団」には長年悩まされているので、
何とか原因を見つけて、根本から治療したいところ。
あの「プロアクティブ」ってどうなのかね?ちょっと気にはなっている。

昼食をはさみ、2件目は整形外科。
このところ腰痛がひどく、昨晩は座っててもぴきっと痛むような感じ。
仕事中、腰に下げてるシザーバッグ(ペンやはさみなど、作業場必要なもの一式入り)と
携帯電話2台が原因なのは知っている。
が、これらを手放すと仕事がスムーズに行かない。
ギャルソンエプロンにしてほしいと切実に思う。

レントゲンを取ってもらうと、腰椎にやや不備あり、の様子。
腰を痛めやすい骨格らしい。
(そのうちの仕事中、魔女の一撃を食らうんじゃないかと、実は戦々恐々)
電気治療やマッサージ椅子に座らされ、
漢方薬や痛み止めやコルセットを処方される。
コルセット(初体験)を試しに巻いてみたら、結構いい感じ。
着物の帯を締めているような感覚で、重心が安定した状態で動けそう。

整形外科は家から少し遠いものの、
院長さんも看護婦さんも元気で気立てが良くて好き。

そんな1日が終了。
たまには「御自愛な1日」もいいものですな。

明日からまた忙しそうだ。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-20 01:03 | 今日ノ出来事
2008年 03月 18日

社会人っぽい

バレンタインのお返しが来た。
人並みにバレンタインに会社の男性陣にちょっとしたものをあげたら、
(正確には2月14日はインフルエンザで休んでいたため、後日)
明らかに数倍の値段のものが返ってきた。
うむ・・・嬉しいがなんだか申し訳ない・・・。

  本社には4人の男性社員がいる。
  3人の営業マンと1人のデザイナー。
  ここ半年以上、私自身が本社にいないので、
  顔を合わせることも少なく、電話で業務上のやり取りをしているだけ。
  でもどうやら皆さん私の心身を心配してくれているらしく、
  なにやら色々と気を遣ってくれている。ありがたい。
  しかしたまに私の仕事に「過信しすぎじゃ?」というような節があるので
  ちょっと怖くなることも。
  私はうちの営業マンほど仕事好きじゃないし、できないし、やらないしw
  そんなに過信されてもねぇ・・・という感じで。
  信頼されているのは嬉しいのですが。

しかし会社でバレンタイン、というのもこっぱずかしいものですな。
私の場合は現場の勤務が終わった後、誰もいない本社に行って
男性人のデスクの椅子にこっそり置いてきたので、
面と向かって渡すほどのこっぱずかしさはないにしろ、やはりどうも。

こういう、イベントに乗っかったプレゼントのやり取りはとても好きです。
普段、声か文字でしか「ありがとうございます」を伝えられない相手に
何か物を贈ることで感謝を伝える。
ただ、「社交辞令上、あげますよ。お返しくださいよね」みたいな感じが嫌かな。
義理という言葉が良くないのか、「義理チョコ」というのが安っぽい響きなのか。
でも皆さん、ちゃんと返してくれるんですよね。ありがたいことに。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-18 02:20 | 雑言タハゴト
2008年 03月 14日

穢れ、の考察

スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」を見てきました。3年ぶり2回目。
前回よりも長く感じたのは道理で、実際台本が長いらしい。

といっても、この記事は感想とかそういうんじゃないです。

お芝居の内容は、古事記の記事をあまり崩さずに書かれているのだけど、
削られている内容で、ちょっと気になるところがある。
結構重要な部分だと思うのだけど、間違いなく「芝居にしにくい」のだと思う。

ヤマトタケルが東国の遠征を終えて大和国に帰る途中、
「伊吹山の山神」を退治に行く件がある。
ここでタケルは守り刀の草薙の剣を持ってこなかったがために痛手を負い、
結局それが死につながってしまう。
「ヤマトタケルの慢心が自らを死に追いやった」ということになっている。
慢心は原因の一つであって、もう一つ、タケルはやらかしているのだけど、
それはお芝居では描かれてはいない。

タケルは伊吹山に出かける前日、尾張国で婚礼を挙げている。
このとき娶ったのはミヤズヒメという娘なのだけども、
この婚礼の日、ヒメは月の障りであったとされている。
(実際、古事記に隠し言葉でそう書かれている)
平安時代などの宮仕えの女房の日記にも記載があるのだけど、
月の障りの女性は、「穢れ」「ケガレ」とされ、出仕してはならないことになっている。
タケルは婚礼の席でそれに気付きながらも、ヒメを娶ってしまう。
つまり、タケルにも穢れが付いてしまったということ。

神の住処に行くのに、穢れた体で行くことにまず第1の誤りがあり、
次に神剣を忘れたことが第2の誤りとなる、のが本筋ではないかと。

・・・まぁ、芝居にできないよね。

私、この件は「穢れ」「物忌」とかそういう日本の風習の重要さが表されてて
重要視しているんですけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-14 00:49 | 今日ノ出来事
2008年 03月 12日

埋もれているだけ

先週、3ヶ月ぶりに髪を切りに行った。
普段は1ヵ月半から2ヶ月の間で切ってしまうのだけど、
切ろうと思った矢先にインフルエンザにかかり、
治った頃にはいつも行っている美容室が改装で休業に入り、
結局改装明けの3月に。
カット5500円は高いなぁ。前は5000円だったのだが。

いつも同じ人に切ってもらっている。
30歳くらいの金髪のにいちゃん。
金髪関係なくおでこヤバめだったりする。
私ぐらいの短さになると、女性スタッフは思い切りよく切ってくれない。
初めて行く美容室には「男性のスタッフに切ってもらいたいのですが」
とお願いすることにしている。

今回美容室に行く何日か前、めったに入れない櫛を入れた。
基本的に、普段は櫛は入れないしドライヤーもかけない。必要が無いので。
そのときは結構長くなってしまっていたので、
持ち帰ったホテルのアメニティの櫛(←それしか櫛がない)を入れたら、
普段見えない(というか見ない)内側に、多数の白髪を発見。
びっくりを越して、唖然としてしまった。
うぉ。これはやばい。
髪が伸びて、量が増えて、それに埋もれて見えなくなっていただけだったらしい。
「・・・黒染めするか?」と真剣に悩む。

結局カラーをするほどの時間が無かったので
「目立つ白髪は切ってください」とにいちゃんに頼んで、何本か切ってもらった。
短くしたら、ツンツンするので、白髪も目立つ。
見つけたら随時抜くようにしているが、一度本当に黒染めしたほうがいいかも。
もともとちょっと色素が薄いので、「真っ黒」な髪にしてみたい気持ちもあり。
ただ、今までの経験上、時間が経つとカラーリングが引き金となってか
よりいっそう髪の色素が落ちるので、黒にしてもいずれ茶になってしまう気がする。

ちなみに、1度で良いので、1日で良いので
超短髪の真っ金髪にしてみたい。
たぶんそこそこ似合うと思うんだけど。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-12 00:39 | 雑言タハゴト
2008年 03月 09日

ふ、じ、さん。

仕事場に向かう途中のティッシュ箱みたいな電車(わかる人にはわかる)の中から、
すっきりと晴れた日には富士山がよく見える。
正確にいえば、晴れただけでは見えなくて、空気の澄んだ寒い朝。
関東で、しかも内陸で、こんなにくっきり富士山が見えるなんて、
想像してもいなかったので最初はびっくりした。
関東の各地で「富士見台」という地名があるのは、こういうことらしい。

富士山は美しい、と改めて感じる。
マッターホルンやエアーズロックみたいに、世界に山とそれに類する名所はたくさんあるし
皆それぞれに独特の形をして神秘的ではあるが、
富士山の極左右対称には、決してそれらにひけを取らない美しさがある。
葛飾北斎は富嶽三十六景を描き、歌川広重は富士三十六景を描き、
他にも富士山そのものや、風景の中の1パーツとしての富士山をたくさん描いている。
ひとつの自然の産物がこんなにも題材として描かれた例というのは、
世界中探しても、そう沢山あるとも思えない。
日本人は無宗教か多宗教かよくわからない種族ではあるが、
富士山を信仰の対象というならば、多くの日本人が信者なのではないだろうか。

アイコンとしても分かりやすい。かわいくもなる。
末広がりの頂上は白、山裾は水色。
今の時期は雪が多くて白の割合が多く、その分、山も大きく見える。

これはどうでもいい話だが、電気グルーブの曲に「富士山」というのがあって、
15年ぐらい前に1度だけTV(しかもNHK)で歌っているのを見た。
これが実に、くだらない歌で。
「ふ、じ、さーん!ふ、じ、さーん!高いぞ高いぞふ、じ、さーん!」
というようなフレーズが繰り返される、ただそれだけの歌。
それをボーカルのピエール瀧が「身の丈の富士山の着ぐるみ?」を着て
妙なダンスを踊りながら歌っていた。
それが、NHK土曜夕方の音楽番組。本木が司会やってた気がする。
実家のどこかにビデオが残っているはずだが、さてはて。

その、電車から見える富士山は、冬の朝限定らしい。
冬の冷えて澄んだ空気の朝じゃないと見えないらしい。
ここ2,3日見ていない。もう今シーズンは見えないのかな。
ちなみにまだ富士山は未踏の地。
いつか登ってみたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-09 23:22 | いとし、しほらし、かはいらし
2008年 03月 08日

シーズンですね

最近、駅で親同伴の学生をよく見かけます。
たまに昼間に電車に乗ると、お花を持った学生をよく見かけます。
どうやら卒業式の様子。今の時期は高校が多いみたい。

高校の卒業式?どんなんだっけなぁ・・・?
と考えても思い出せなくて、そういえば私は高校の卒業式に出ていない。
受験も終わっていたし、体調が悪いわけでもなく。
ただ、卒業式に出たくなかっただけ。

私は高校が大っ嫌いで、今までの自分の人生の中でもっとも不毛な時期と
明言しても公言してしてもいます。
とにかく楽しくなかった。
地元の国立大学への進学率しか頭にない先生たちの考え方が鬱陶しかったし
まともな授業をしないくせに生徒を叱ってばかりの先生も多かったし
変に背伸びをし、そしてそれをアピールしあう同級生も面倒くさかった。

例えば、私が何か犯罪を犯し、
メディアが高校時代の同級生に「どんな生徒でした?」とインタビューしたら
「いやぁ・・・暗くて、目立たない人でしたね。ほとんど覚えていないです」
と答えられるような気がします。
実際私も周りの人のことなんてほとんど覚えていない。
興味が無かった、のだと思いますが。

さらに思い起こせば、高校時代は常に体調が悪くて、学校も休みがちでした。
1ヶ月のうち半分しか学校に行けなかった時期もあって、
行っても早退せざるをえなかったり。
寝つきも寝起きも悪くて、特に不眠が酷かったものです。
今は横になったら1分保たないのに、考えられないくらい。

東京に出てきたのは、たくさんの意味で転換になったので、本当に良かったと思う。
たくさんの癖のつよい仲間に囲まれ続けて、
そこそこまじめに仕事も趣味もこなしてきて、
今は心身ともに健康で、前向きに悩んでばかりいる。
あっという間に今年で10年。

ちなみに卒業式に出なかった分、後日アルバムや書類を取りに高校に行ったのですが
「風邪は治った?東京に出るんだから体調に気をつけてね」
と担任の先生から言われ、ちょっとぽかんとしてしまった。
どうやら「卒業式に行きたくない」と言う私のわがままに対し
母親が「熱があるので寒い体育館に座らせるのはかわいそうだから」と
言い訳を考え、欠席の連絡をしてくれていたらしい。
私が卒業式に出なかったことについては、家族は誰も何も言わなかった。

楽しそうな高校生を見たり、楽しい高校時代を過ごしたという友達の話を聞くと、
ちょっと羨ましかったりもします。
この10年間で、不毛な3年間は十分すぎるほど取り戻せたけど、
「10代後半の3年間」と思うと、やっぱりちょっともったいなかったかも。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-03-08 00:55 | 雑言タハゴト