WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 29日

炊飯器すげ。

この前ネットで「炊飯器でケーキ」というのが載っていたので、
早速作ってみた。
ちなみにうちの炊飯器は勤続13年の、なかなか働き者である。
4合まで炊けるらしいが、いつもは2合しか炊かない。
2合を2日に分けて食べる。
フリーターの頃は1日2合食べていたから、今は小食になったらしい。

材料は小麦粉・砂糖・卵、ちょっとのお湯とちょっとの洋酒と
内釜に塗るバターが少々。
私のうちは実家もマーガリン派なので、バターではなくマーガリンを使用。
普通、ケーキのスポンジというと、バターを結構使うものなのに、
炊飯器ケーキはほんのちょっとでいいという。
ホントかよ?と思いながらも、材料を混ぜて炊飯器へ。

炊飯モードから保温モードに変わった段階では生焼けっぽい感じで、
「やっぱりこんなちゃちぃ炊飯器じゃ作れないのかぁ・・・」と諦めたものの、
一応様子を見ようと思い、保温モードでしばらく放置。
するとしばらくして、良い匂いがしてきた・・・!
ちらちらと覗きながら、周囲に焦げ目ができてきたところで取り出す。
熱い状態ですぐにラップにくるんで冷ますとしっとりしあがるというので、言うとおりに。

ふむふむ、なかなかいい感じに炊き上がっています。
冷めたところで、切り分けて食べてみた。

・・・うまい。

うまいうまい。ちょっとびっくりです。
これはまさしくケーキスポンジです。
バリエーションでチーズケーキやチョコケーキも作れるらしい。
あなどれませんな、炊飯器。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-29 01:57 | 雑言タハゴト
2008年 05月 25日

最近美味しかったもの

もらいもののお菓子。

新潟県人なのに今まで食べたことが無かったなんて・・・!
というくらい衝撃的だったのが新潟の老舗菓子店「丸屋本店」の黒糖饅頭。
某百貨店のお偉いさんが持ってきたのだけど、これがびっくりするくらい美味しい。
もちもち食感の皮に、黒糖入りのこしあんぎっしり。
今度実家から送ってもらおう、と思ったけど
その百貨店にいけば買えるのね。

  ちなみに丸屋本店のお菓子の中では季節限定のえだまめ餅が美味。
  あれはどこにお土産に持って行っても恥ずかしくない逸品。

これもどこぞのお偉いさんが持ってきたらしい源吉兆庵の鎌倉せんべい。
いろんなところで類似品を見かけますが、まぁどれも外れなく美味しい。
クッキーの厚さ加減がたまらなく好きです。
レーズンサンドの皮も好きだけど、このせんべいの波々皮も好き。

銚子のぬれせんべい。
千葉に住んで駅売店でバイトしていた頃、
なんでこんな中途半端なものが売れるんだろう?とすごい疑問でしたが、
今はぬれせんがおいしく感じます。(年を取ったのか・・・?)
米菓大国には、せんべいと言えばバリバリのものしかないわけですよ。
しかしあれは相当塩分高いんだろうな・・・。

バルサミコ酢を買いました。気まぐれで。
ドレッシングに飽きてしまったので、ちょっと気分を変えてみようかと思いまして。
野菜にバルサミコ酢は最高です。何杯でもサラダ食べられそう。

そういえば最近美味しいケーキとシュークリームにあたってません。
最近ご無沙汰のデパ地下でもたまには徘徊してみますか。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-25 22:26 | 今日ノ出来事
2008年 05月 21日

該当者なし

今日、ポストを開けたら日能研からポスティング。
小学校2、3年生のみんなへ、だとさ。
残念ながらそんな子はうちにはいません。

・・・ていうか、ワンルームマンションとあきらかに分かる物件に
そういうものをポスティングする人の神経がよく分からない。
マーケティングミスもいいところ。

日能研と言えば、電車の広告でいろんな学校の問題を載せていますが、
この前、ちょっと食いつきそうな問題がありました。
どこぞの女子中の入試問題とのことですが、

「あなたはTVドラマのディレクターです。
今度、織田信長を主人公にしたドラマを制作することになりました。
TV局からは”これまでの織田信長のイメージを覆すようなものを作ってほしい”
というリクエストがありました。
あなたは”これまでの織田信長のイメージ”をどうとらえ、
どんな新しい織田信長像を作りますか?」

というものでした。なかなか面白い。
これまでの織田信長のイメージ・・・例えば横暴、短気、策略家、スリムな人、とか?
ちなみに私個人的には、大河ドラマで渡哲也がやったイメージですな。
いろんな人が信長を演じているのを見たと思いますが、
なにがなんでも渡哲也。泥臭いあたりとか(もちろんイメージだけど)。

新しい織田信長像・・・東京ガスのあれだと思いますよ。
(このネタは関東圏に人にしかわからないのか・・・?!)
おちゃめ、人懐っこい、かわいくわがまま。
最後の「俺本能寺帰るから、達者でな!」のCMには軽く泣きそうでしたよ私は。
http://www.youtube.com/watch?v=cigapNQyA80

しかしこの試験で何が分かるのかな。
想像力?妄想力?
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-21 01:03 | 雑言タハゴト
2008年 05月 20日

お酢習慣その後

毎日飲んでます。
1日小さじ2杯分を朝に飲む。たまに朝晩。

今一番割り物として多いのが、カルピス。
ちょっと前に実家からカルピスの原液が送られてきたので、それと水で割ってます。

  「カルピスの原液があるんだけど、要る?」と聞かれて、
  実際はそんなに飲まないのだけど、一応もらっておいたもの。
  最近のカルピス原液のパッケージは、紙巻じゃないのですね。
  子供の頃は、あの紙のパッケージを取るのが楽しみでした。
  白に青の水玉のパッケージを取ると、茶色の瓶。
  お中元でもらうと嬉しいものでしたが、今はカルピスを中元でもらうこともなくなりました。

今はりんご酢を使っていますが、今度は黒酢も買ってみようかと思います。
ただ、黒酢だとカルピスじゃないよな・・・。
「やがて、いのちにかわるもの」ミツカンノホームページにいろいろレシピが出ているので
その辺も参考にしつつ。

なんだか今年になって体が弱くなった気がするんだなぁ。
弱くなったと言うか、疲れやすくなって、疲れが抜けにくくなった気がする。
体質改善ってどうやればいいんだろうか、とか思う今日この頃。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-20 01:23 | 雑言タハゴト
2008年 05月 18日

探し物は

見つからないことが多い。

大学時代の資料を引っ張り出そうと思って、
「ここにしまったはずだ!」と自信のある場所を探したのに
関連したものも一つも出てこない。
結構物持ちいいはずなんだけどなぁ・・・。
卒業してから2回引越しをしているので
その過程で捨ててしまったものや実家に送ったものもあるんだろう。

欲しい物は見つからないのに、今は必要じゃない物珍しいものがたくさんあった。
多いのがお芝居やショーのパンフレットとチラシ。
11年前から年に数冊ずつたまっているはずの歌舞伎座のパンフレット。
(ちなみに歌舞伎座のパンフは月の前半と後半とで違っていて、
後半のパンフにはその月の公演写真が載るので、大体後半に行っている)
スーパー歌舞伎やその他猿之助の絡んだ演劇のパンフ、
シルクドソレイユやリバーダンス、京劇、たまに見に行くミュージカルのパンフ。
さらにたまに行く博物館や美術館の図録。
本はほとんどないが、パンフは多いね、この本棚は。という感じ。

パンフレットには大体、チラシも一緒にはさんである。
公演やコンサートに行くと束で渡される予告チラシはすぐに捨ててしまうのだけど、
その時見た公演のチラシは必ずもらって、取っておく癖がある。
これは治らない収集癖。だって1枚じゃなくて5枚ぐらいずつはさんである。
たまにチラシがものすごく(デザインや紙質が)凝っているものとかもあるし。
もちろんチケットの半券もはさんであるか、別保管している。
父親か母親か、どちらがやっていたかは知らないが、
家族で遊びに行ったときの遊園地や博物館の半券がアルバムにはさんであって、
子供心に半券は取っておくものだ、と思い込んだのかもしれない。

12年前のチラシが見つかって、9年前の大事な資料が見つからない有様・・・。
ちゃんと資料整理しなきゃだめだな。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-18 01:29 | 雑言タハゴト
2008年 05月 15日

今日のおやつ

朝から現場に入り、お昼過ぎまで仕事。
2時半ぐらいに退出し、新宿渋谷を過ぎて代官山へ。
取引業者さんのクリスマス商材の展示会。
あまり気乗りしなかったが、「どうしても来てください!」というので行ったのだけど、
大したこともなく、先方も疲れていたのか口数が少なく、
その場で買い付けをするつもりだったけど、「後で」ということに。
なんか、ちょっと無駄足。

そのまま会社に戻ってみる。
会社には何かしら常におやつがある。
商売柄、サンプル菓子が多く、誰かが出張に行けばお土産がある。
私は普段あまり会社にいないので、
個包装物の焼き菓子やチョコレートは机に乗っていることがあるが、
私のいないところで何が振舞われているかは、当然知らない。
以前、冷蔵庫にパックのイチゴを見つけて、
翌日の夜見たらなくなっていたことがあった・・・。

今日は、名古屋帰りの人が「赤福」を買ってきてくれて、
適度に取り分けられ、ラップにくるまれて赤福が机の上に運ばれてきた。
「・・・今日本社に戻ってきてよかった・・・」としみじみ。
久しぶりの赤福をとても美味しく頂いた。
ちなみに今日は「東あられ」からもサンプル菓子があったので、
甘いものの後にはしょっぱいもの。

たまには昼間に本社に帰ってみるもんだね。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-15 22:54 | いとし、しほらし、かはいらし
2008年 05月 13日

バテるな自分

GW終わってからダルダルの毎日です。
仕事は定時上がりが増えたものの、体がだるい、重い、朝起きられない。
キューピーコーワみたいな総合ビタミン剤やサプリメントは
体質的に合わないので飲まないようにしているし、ドリンク剤もなんだか虚しい。
肩こりの気晴らしに貼っていた湿布もかぶれができて貼れなくなり、
なんだか八方塞。

思いつきで、コンビニに売っているはちみつ黒酢ドリンクを朝飲んでみたところ、
午後からだが軽くて絶好調に。
直接因果関係があるかどうかは分からないけど、お酢良いかも、と思った。
もともと、この夏はお酢を飲もうかと思っていたので、
いい機会なのでお酢習慣を始めてみます。

というわけでさっそくりんご酢を購入。
今、キッチンにもお酢はあるのですが、キッチンにありながら食用ではなかったりする。
動物性の繊維(主に絹)を染めるとき、染料とお酢を入れると発色がよくなり、
素材もやわらかいまま染まりあがる。(酢を入れないと乾いたときごわごわする)
りんご酢をはちみつと発泡水で割って飲んでみたが、
はちみつを結構しっかり入れないと、お酢のきつさが目立ってしまう。
でもここで糖分を取りすぎるのもなんだし、その辺のバランスが難しいかも。

ちなみにりんご酢には、ほとんど覚えていないけど思い出がありまして。
小学生1,2年生の頃、友達の家に遊びに行って
そのまま近所の親戚の家に寄った私の顔が異様に赤く、
しかも叔母いわく「この子酒臭い」。
母が友達の家に電話したところ、そこのお母さん「うちの子も様子がおかしくて」
「りんご酢をうすめて出したつもりが、りんご酒を出してしまったみたいで・・・」
ただ、酔っ払ったとかいう感覚は全く覚えていない。

ミツカンの企業キャッチフレーズ
「やがて、いのちに変わるもの。」
というのは良いですね。
口から入って体に吸収されるものを大事にしている、という姿勢が表れている気がします。
他にも舎利が上を向いた寿司が並んでいて、
「ねたが自慢です」という広告も良かった。センス良い。

というわけで、今年の夏はお酢でがんばる。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-13 00:34 | 今日ノ出来事
2008年 05月 11日

全力で

5月、6月は仕事をしない。
を、目標にしたいと思います。

GW後半は想像通りの激務でした。
(想像の範囲を出なかっただけまだマシかね)
4月前半の春休みピークが終わって一息ついて、
すぐにGWの準備に入ったので、これまたバタバタで、
ワタクシ事も含めなにやらごにょごにょしておったら
そのままGWに突入してしまった感じでした。

GW中、どこか1日でもいいから目標値売りたかったのですが
また惜しいところで失速しました。
「目標値」は、私の業種ではまず聞いたことのない数字なので
これは非常に高望み、なのです。
ところが別の現場ではこどもの日にその目標値を開店3年目で達成していて
ありえないことではないのだ、と実感。
まぁ、言い訳をしてしまえば、うちの場合、効率的に限界なのですが。
しかしこれだけ売ってんだから、給料上げてもいいんじゃないかよー。

で、これから夏休みまでは、仕事場はわりと閑散期。
初年度だからわからないといえばわからないけど、閑散期のはず。
だから、仕事は最低限に。自分の時間を最大限に。
現場帰りに本社に寄ってしまうと仕事をしてしまうので、なるべく寄らない。
おうちに結構たくさん、やることがある。あるらしい。

というわけで仕事そこそこにいろいろがんばります。
心に滋養月間。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-11 01:27 | 今日ノ出来事
2008年 05月 08日

ひとりじゃ怖くて

今日の地震は実に気味の悪い揺れだった。
一人でいるときに迎える地震がとてつもなく怖い。
明るいときでも、暗いときでも。

とりあえず「地震があった!」という事実を誰かに確認したいのだ。
だから家にいるときに地震があったときはどんなに小さな揺れでも
テレビをつけて速報を待つ。
なるべくなら生放送中の番組を。
そしてNHKのニュースを待つ。
NHKのアナウンサーと向かい合うと、安心するので。
(「この人はきっと私の味方に違いない」と思うってしまう節があるらしい。
それって独特の心理状態だね、と心理学専攻の人から言われたことがある。)

ひとり、ということは、例えば家が倒壊した場合に見つけてもらいにくいと思う。
「その時間家にいた」という証明がないのだから。
探してもらえなかったらどうしよう・・・とか思ってしまう。
これが一番怖いし困る。

ひとり暮らしは不自由もなく気楽で好きだが、
地震があったときは「実家っていいなぁ」と必ず思ってしまう。
今日ぐらい揺れると、特に。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-08 02:52 | 嫌いだったり、苦手だったり
2008年 05月 04日

じんわり

休みの日を利用して、VHSをDVDにダビングする作業を進めています。
基本的にはダビング中は見ていないことが多いのに、
懐かしいものなんかは他の作業の手を止めて見入ってしまうこともあったり。

昨日、大学2年生の時(99年)の学外発表会をダビングしました。
自分のとこも含めて、学生の発表会はたくさん見てきましたが、
この99年学外が1番好き。
(2番は00年学外・・・つまり自分が出ている発表会が好き。思い入れあるし)

発表会の本編自体は、実は今回のダビングではほとんど見なかったのです。
発表会が終わって、その後にメイキングシーンがだらだらと収録されていて、
その中に、発表会直前の円陣シーンがあって、そこをずっと見てしまいました。
お客さんを入れる直前、着替えやメイクを済ませて舞台上に集合し、
演者、裏方全員で円陣を組んで気合を入れるという、実に学生的な習慣。
それを客席にいるOBOGが拍手をして送りだす。

なんか、じんわり感動しちゃってね。
自分が頑張ったという証がそこにある。
その発表会の一員として、部員の輪に加わっていたという証がそこにある。
ひとつのものを作るのに、こんなに大勢で作ったことはなかったし
ひとつのものを作るのに、こんなに時間と労力をかけたこともなかった。
手品どうこう、じゃなくて、こういうの、いいなぁ、好きだなぁ、と心から思うわけで。

今からそこに戻ろうったって、仕事や生活を抱えている身では難しいし、
「無理は承知」のがむしゃらな気持ちや学生的な変な体力も無い。
年相応に増えていく、いろんなしがらみを纏い続けているような気がします。
「昔はよかったなぁ」と、年寄りみたいなことを言ってしまうけど、
まぁそれもいいんじゃないかと思います。
実際、昔は良かったのだから。

でも、その昔があっての今だから、今も十分に楽しいです。
10年後に今の自分を振りかえった時に「昔は良かった」と言いたいので、
今も年相応にいろんなことを楽しんで頑張りたいものですな。

・・・とか、9年前のビデオからそんなことを思いました。
9年前の自分、なんか、ひどいものでした・・・いろいろ。

ちなみに昨日は、小学生の時から後生大事にしてあるとあるビデオを
17年の時を経てDVD化しました。1991年放送のもの。
17年間もよく持ちこたえたよ。TDK偉い。
[PR]

by pocket-xiao | 2008-05-04 00:58 | いとし、しほらし、かはいらし