WALATTE,WALATTE!!

walaco.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 29日

名古屋の夜

いつまでも悲しい話をトップページにおいておくのも寂しいので、
一時的にでも話題を変えてみようかと思います。

そもそも名古屋に行ったのは、立川談志の独演会を見に行ったからなんですが、
この日の家元、すこぶる体調と機嫌が悪くて。
結局選んだネタも、いわゆるドンキン(意味はあえて説明しませんが)向けの噺でした。
・・・まぁ、面白かったけど。
しかもそこのホール、マイクの問題かホールの構造の問題か、
ひどく声が聞き取りにくく、声が音にしか聞こえないくらいの音響でした。

普段は家元がしゃべり倒して終演が21時半、ということが多かったのに、
この日は終演20時半・・・早い。
思いの他早く終わったので、名古屋駅近辺で一番夜景が綺麗という
ミッドランドスクエアというビルの展望室に行ってきました。
ここはビルの43Fがオープン(屋根が無い)になっていて、
42Fにかけてビルを1周回遊しながら夜景が楽しめるというもの。
ライトや霧の演出もあって、思ったよりもうんと綺麗でした。
しかも、すいてる・・・!
良い天気の場合、東京タワーなら人がわんさかでムードも何もないくらいなのに、
この日は天気も良く風も気持ち良いのに、お客さん3組ぐらいしかいない。
もちろん展望料金はかかりますが、それでこれくらいの感動ができるなら。
b0024051_23284041.jpg


二日目は三重に入り四日市のコンビナート地帯を眺めて、
名古屋に戻ってトヨタグループの博物館を見るつもりでいました。
まぁ、そこはいつでも行けるしね。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-29 23:34 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 05月 28日

5月28日

今日の朝は、迎えたくなかった朝です。
目が覚めてすぐ、ぼんやりとしながら、涙が出てきました。

昨日はそんなに実感がないまま、
バタバタと準備をして、そうしているうちに弔問客が相次ぎ、
慌しいまま、一日がすぎました。
ただ、たくさんの弔問客の表情から、
今回の事の大きさとダディーの存在の大きさを改めて実感させられました。

おとといの深夜、筑波入りし、ダディーの家に行ってお会いすることができました。
燕尾服を着て横たわった姿は、
まるでクラシカルなヨーロッパ映画の貴族が画面から抜け出てきたような、
とても素敵な姿でした。
なんてこの人はかっこいいんだろう、普通にそう思えました。
あまりにも良い顔をしていて、こっちが微笑んじゃうくらいでした。

昨日は準備のお手伝いの途中、筑波大の部室で5年前のダディーの映像を見て、
ここでこう動いて笑っている人が、もう動かないことを考えて、
それが信じられなくて泣けてきました。

最後のお見送りに行ってきます。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-28 08:25 | 今日ノ出来事
2009年 05月 26日

ダディー

私や多くの若いマジック関係者にとって
手品界のパパである方が、今日未明にお亡くなりになりました。
癌で闘病中でした。
マジシャンとしても人間としても、
これからまだまだ輝きを増していく年齢でした。
残念でなりません。

その方と初めてお会いしたのは、友達に連れられてご自宅に遊びに行ったときでした。
今から8年前の夏でした。
当時、プロマジシャンと全く無縁だった私には、
その方がどんなにすごいマジシャンなのかも知らず、
昼間っからビールをあおっている酒臭い人、という印象が第一でした。

その数週間後、初めてその方のアクトを生で見て、
なんて格好良いんだろう!とベタ惚れしました。
でもステージから降りればやっぱり酒臭くて、
そのギャップがなんとも可笑しかったものです。

私が初めてプロのショーに出たのも、その方が誘ってくれたショーでした。
以来、たくさんのショーやコンベンションでお世話になりました。
FISM2003(オランダ)に出るきっかけも、その方が私を日本予選に推薦してくれたからです。

オランダへ向かう機内では席が隣になり、
あの長身を狭いシートにうずめて、おつまみやらキャンデーやらを
何度もアテンダントさんからもらっては、私に渡してくれました。
海外のホテルにいるとこういうちょっとしたものが恋しくなるんだよ、って。

あんなにいつ何時でもビールを持ち歩いていたのに、
ある時からぱったりとアルコールをやめました。
子供が出来、パパになりました。
子供には自分のことを「ダディー」と呼ばせていると聞き、
私や仲間たちもたまにそう呼ぶようになりました。
女性マジシャン連中で「ダディー!」と声をかけると「娘たちよ」と返してくれました。

ダディーのステージを最後に見たのは、秋田のハタコン、
それまで何度となく見たダディーの演技の中でも、一番格好よく、迫力がありました。
ステージを降りれば、いつもごっちゃり商品をのせたディーラーブースで、
誰にでも懇切丁寧に実演をしていて、
さっきまで超格好良くカードを出していた世界が認めるマジシャンの、
めちゃくちゃ庶民的な姿が微笑ましかったものです。

ダディーとの思い出にはひとつも悪いものがありません。
一年以上会っていないのに、こんなに思い出が鮮やかなのは、
その一つひとつが楽しかったからでしょう。
私はダディーのおかげでたくさんの貴重な経験をし、
仲間と知り合い、多くの時間を共有してきました。
その仲間たちもそれぞれにだんだん境遇が変わり、
なかなか連絡をとることもままならなくなって、
その中でつい一週間ほど前に、ダディーと家族のために何かできることをしよう!
とちいさなコミュニティーを作り上げ、活動方針が出来始めたまさにその夜の訃報でした。
ダディーは最後に、また私達を繋いでくれたみたいです。

昨夜、私は名古屋のマジック仲間の家にいて、
長い時間、ダディーについて話しをしていました。
これも虫の知らせ、でしょうか。

火曜日も1日名古屋にいる予定でしたが、急遽早く東京に戻ることにしました。
何ができるわけでもありません。
ただ、すぐ動けるようにしたかったし、遊んでいる心の余裕なんてありません。

まだ、悲しいとか寂しいとか、感情の持って行き場がわかりません。
昨夜はぼんやりしてあまり眠れませんでした。
今朝になってたくさんの方のお悔やみを見て、泣けてきました。
私がダディーが大好きだったように、
ダディーは本当にたくさんの人に親しまれ、愛されていました。

今朝外に出たら、あまりにも気持ちの良い朝で、
友人が言った、
「ダディーはこんなに気持ち良い朝を迎えることができなかったんだね」
という言葉に切なくなりました。
1日を生き抜くということは、ものすごく大変なこと。
朝目が覚めるということは、感謝すべきこと。
そんなことを思いました。

ダディーへの思いはつきませんが、
気持ちが整理できたらまた書きます。

まずはダディーへ、おつかれさまとありがとうございました、を。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-26 12:34 | 今日ノ出来事
2009年 05月 23日

金曜21時

仕事人が面白いです。テレ朝。
始まる前と始まった頃は「ジャニーズだらけじゃん!」と思って見てなかったのですが、
ふと見てみたら結構面白くて。
テレ朝の時代劇にしては、そんなにチープじゃないし。

チープじゃないけど、たまに「その演出は要るか?」というのはあります。
仕事人といえばあの、首の後ろに針を刺すやつですが、
今のシリーズでは針が心臓を刺すところをわざわざレントゲン写真みたいなので映してます。
しかも何かライセンスのからむ画像なのか、
そのシーンだけ、画面下に英語のクレジットが入っていたりする。
うぅん、そこまで図で示さなくってもいいけど。みたいな。

ジャニーズは、「こんな歌舞伎者も居たかもね」という感じで、
時代考証ともかく、まぁまぁ、あんな感じで良いんじゃないかと。
小道具のデザインや柄が妙に現代風すぎる(というか普通に売っているものが見受けられる)のが難点。

歳をとった中村主水=藤田まことがとっても良い感じで、
俳優がキャラクターと共に歳をとる、という成功した例だと思います。
世代交代した、でも、仕事人からは足を洗わない、
仕事人という特殊任務を全て理解し、素敵に「枯れた」男は
じわじわと味わい深くて、可愛らしさすらあったりして。

仕事人が1人死に、一度終わるかと思いきや、もう1クールやるようです。
とりあえず藤田まことが役者やっているうちは、シリーズ続けてほしいです。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-23 23:46 | 雑言タハゴト
2009年 05月 21日

遠い島国へ

25年続いたスリランカの内戦が終結、というニュースを嬉しく聞きました。
インド洋の宝石と言われる美しい島国に、ようやく平和の兆しが見え始めたようです。

5年前の夏、手品関係で1週間スリランカを旅して回りました。
ボランティアで学校やホテルでショーをしながら、観光地をめぐりました。
その時は、内戦が激化していない南部のみでしたが、
私たちが訪れる少し前には、首都で自爆テロが起こっていたようです。

訪れる以前にネットや観光ガイド本から社会情勢について情報を得てはいたのですが、
予想外に貧富の差を感じました。
観光地のレストランやトイレの物陰には子供がひっそり佇み、
通りがかる観光客にお金を乞うてひたすら手を伸ばし続け(物陰から突然手が出てくるので驚く)、
「動物と一緒に写真を撮りませんか」と、撮ればもちろんお金を要求され、
少なければ「少ない!もっと!」と大きな声でせがまれる。
観光の目玉となっている象が荒らした村や、その村で粗末な家で住んでいる人も見た。

その年の冬に大地震がスリランカを襲い、そして内戦の激化・・・。
あの、今にも崩れそうな家に住んでいた女性はどうなっただろうか、子供も居ただろうに・・・
スリランカという名前をニュースで聞くたびに、思い出してばかりでした。

内戦が終わったからといって、すぐに平和になるとは思えません。
腫瘍を取り除いた体に治療が必要なように、後遺症の心配をしなければならないように、
スリランカにも時間をかけた治療が必要です。
私がスリランカで出会った人たちは、みんな優しくて好奇心溢れていて、
何にでも協力的で、それでいてのんびりとしていて、宗教を大事にしていました。
みんなが幸せに、少しでも豊かになれるよう、心から願って病みません。

スリランカで撮った写真はたくさんありますが、一番好きな写真がこれ。
b0024051_23544641.jpg

幼稚園でショーをやったときに、ステージ上手側で音響をやっていたのですが、
ショーのフィナーレの時に、舞台上から客席側を撮った1枚です。
ステージに身を乗り出して見ている子供たちの目がキラキラしていて、
本当に楽しそうに見てくれていて、
こんなに素敵なショーは、今までもこれからも、おそらく無いんじゃないかと。

自分が訪れた国というのは、特別な感情が芽生えるものですね。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-21 00:05 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 05月 18日

開国博

横浜で今やっているY150(横浜開国博覧会)に行ってみた。
博覧会屋のうちの会社、一応今回もグッズ作りで参加していたりする。
担当者から「・・・客が少なくてねぇ」とぼやかれていたので、
どんなもんかと思ってましたが。

仕方ないんじゃないか・・・?

パビリオンが少ない。お固い。
しかも開国!って感じじゃないんだなぁ。

  というか、開国とかペリーといったら横須賀ですよね?
  と仕事でお付き合いのある横須賀の役所の人に聞いたら、
  「横須賀市が横浜市に物言えるわけないですよー」と返された。

その中で見もののイベントといえば、
フランスのパフォーマンス集団「ラ・マシン」の巨大蜘蛛マシンです。
これだけはどうしても見たくて、これ見るために行ったようなものです。

会場に入ると、隠れてもいず、蜘蛛さん待機中です。
b0024051_0305525.jpg


意外と顔かわいいっすね。

時間になると操縦士の方が乗り込んで、
がちょんがちょん足を動かして水蒸気を噴出しながら広場の中を移動する、
まぁ言っててみればそれだけのものですが、
機械自体の構造がとてもおもしろそうで興味津々。
b0024051_0452396.jpg


(ちなみにこれ、この足で立って動いてるわけではないです。そうだったらすごいけど。)
結構近いとこまで来てくれます。

基本的には本体にクレーンのアームが10本付いてる感じです。
いちいち配線や部品を被わない、でも見た目美しい、というあたりが
デザイナーの心意気を感じます。
ベースは重機なので、工事現場の匂いと音ですw
重機整備士のうちの父親はきっとこれ見たがるんだろうなぁ。好きそう。

総括すると「フレンチアートですなぁ」という感じですね。

もうひとつの大イベント、巨大バルーンにいろいろ投影するのは遠目に見ました。
内容とかよりも、あんなどでかいものにあんなに綺麗に投影するってどういうこと?
というほうに興味が。

グッズは・・・大人が買える物がないのが良くない。
ああいうイベント物販って、どうしてもキャラクター先行で、低年齢になりがちなのだけど、
まさにその王道を行ってました。あれではこのご時勢、苦戦しますよ。

夏休みくらいは盛り上がれば良いのですが。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-18 00:55 | 今日ノ出来事
2009年 05月 16日

この不況下に。

毎月15日の給料日の2・3日前に給与明細をもらっている。
のに、そんなに収支に頓着のない私は(だからいつまでたっても貯金が増えないのね)、
しばらく明細の封を開けずにそのままにしていることが多い。
下手したら、1ヶ月間そのまま寝かしておくことも。

今日はふと、「あぁ、今日は給料日だ」と思い、珍しく封筒を開けてみた。

おぉ。

基本給が微妙に上がってる(幸)。

微妙に、というあたりがまさに微妙なのだけど、
それでもこのご時勢に基本給を上げてくれるなんて、意外。
残業代も全額出るし、おかげさまで仕事量が多いので自宅待機なんてことも無い。

何気にもう、アルバイトで入社してから9年目に入りました。
就職活動もせずにちゃっかり正社員になり、
それでもまぁなんとか、いろんな会社の大人たちと仕事の話ができるようになりました。
基本的に個人プレーの会社なので、仕事の仕方を誰かが教えてくれるようなこともなく、
自分勝手に仕事の仕方を作りながら今に至ります。

自分のこなす仕事量、拘束時間、成果からすれば、
「給料上げろー!」というリクエストはあって当然なのですが、
ご時勢的にだんだんそういうことが言いにくくなってきて、
「今度景気が良くなったら給料上げてもらおう」とは思っていました。

微妙に思いが届いたらしい
微妙にね。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-16 02:01 | 今日ノ出来事
2009年 05月 14日

解体現場

千葉の蘇我の辺りに大きな鉄の塊があるというので、見に行ってきました。

JFEスチール東日本製鉄所の第5高炉、というプラントの解体現場なのですが、
700メートル程離れた蘇我駅からもズゥゥンとそびえているのが見えるほどの巨大なプラントを
間近で見ることが出来る、非常に物珍しい光景です。
ジェフ市原のホームグラウンド(でいいのかな?)、フクダ電子アリーナのすぐ隣にあります。
解体開始から3ヶ月ほどたっているそうですが、
まだまだ原形をとどめているような様子。

どこかのサイトで「写真を取るなら午前中」と書いてあった意味が、行ってみて判明。
午後は逆光なのね・・・。
逆光は逆光なりに良い感じに撮れたりもします。今回はこんな感じ。
b0024051_23425043.jpg

遠景に見えますが、そんなに遠くから撮ったものでもないです。

これも同じような感じですが。
b0024051_093118.jpg


いろんなサイトに良いカメラで撮った写真が出てますので、
巨大な鉄の塊の錆びた感じや、目が回りそうな複雑な構造は
ぜひそういうところで見てみてください。
人間って頭の良い生き物だな、って、素直に思えます。

こういう人間離れした、でもとても人間臭い建造物がたまらなく愛しい、今日この頃。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-14 00:02 | 今日ノ出来事
2009年 05月 12日

感嘆詞大事

映画「GOEMON」とやらについて。

紀里谷さんの映像はとても好きです。究極の2Dって感じがします。
出てくる登場人物に人間が少ないところとか。
宇多田ヒカルの「sakuraドロップ」と「travelling」は特に名作だと思います。
ドイツのB級映画的なテーマや色合とか。

でも、時代物をちょっと現代風にいじって映像に凝った映画って、
経験上、クソ映画が多い。
たぶん、GOEMONもそんなもんなんじゃないかと思うのです。

何よりも一番気になるのは、
「絶景、絶景!」の台詞なんですなぁ。

元はといえば、「金門五山桐」という歌舞伎の演目の中で
石川五右衛門が寺の山門から満開の桜を見下ろして言うこの台詞。
「絶景かな、絶景かな。
春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。
この五右衛門の目からは、値万両、万々両」

これは単に目の前の風景の素晴らしさを大層に言っているのではなく、
大盗賊・石川五右衛門の「天下は俺のものだぜ!」という気分を豪快に表現していると
私は勝手に思ってます。
「かな」という感嘆詞は、確かに、とても芝居臭くて古臭い。
しかも、「絶景かな、絶景かな」という台詞は、あまりにも有名すぎる。
で、「かな」を取っちゃった脚本家の意図は、わからんでもない。

でもそのせいで、「絶景、絶景!」と叫ぶ五右衛門は、
ただ単に目の前の風景を「うひゃー、すげー!」と笑う存在にしかなれなかった気がします。
天下の大盗賊にもそれに見合う品格がなければならないと思うのですよ。

・・・って、映画見てもないのに、そのワンカットだけで
評価するのもどうかとは思いますがね、私。
TVでやるなら見ます。

ちなみに歌舞伎の「金門五山桐」はちゃんとみたことがありませんが、
歌舞伎の本を手に取り始めた頃に見た、三代目實川延若(じつかわえんじゃく)という役者の
石川五右衛門の扮装が、本当に素晴らしくはまっていて、
その他の役者の石川五右衛門が貧相に見えて仕方がありません。
実際には三代目はあまり芝居が上手くなかったと聞きますが、
浮世絵の大首絵のような外見は、それだけで歌舞伎役者として十分な魅力だと思います。

んー・・・書いてみて思ったが、私が石川五右衛門にヒーローを求めすぎているだけみたい。
「居るだけで存在感!」というヒーローを。
そういうキャラは若い監督さんじゃ作り上げにくいかもな・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-12 02:40 | 雑言タハゴト
2009年 05月 06日

かゆかゆ

昨日の夜から、全身のかゆみと湿疹で困ってます。
全身がめちゃ、かゆいです。
特に両目の瞼がひどく、真っ赤になってしまい、ここはかゆいというか痛いです。

おそらく自分には食べ物のアレルギーは無いはずだが。
漆とか、かぶれそうな植物に触ったわけでもないし。

一応昨日食べたもの。
白米
納豆
バナナ
ヤクルト
海苔
かぼちゃ
帆立
牛肉
大葉
エリンギ
そら豆
豆腐
海老
しば漬け
生姜
パイナップル
チーズ
野菜ジュース

お昼にスタッフの母親作のお弁当を頂いたので、こんなに充実の内容。
んー・・・普段めったに食べないのはそら豆ぐらいか。

とりあえず手が触れてちょっと掻くとかゆみが噴出してくるので、
ぐっと我慢の子です。
薬は皮膚外用薬で一番信頼している興和の高い薬を塗りました。
塗ったところはかゆみが治まるのですが、また違うところがかゆくなって・・・
といういたちごっこです。まぁ、一晩寝て様子見です。

医者に行くにも、明日は連休明けで激混みなんだろうなぁ・・・。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-05-06 23:46 | 今日ノ出来事