<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

ただいま出張中

b0024051_20401665.jpg

愛知と静岡の県境の、さらに山奥に物売りに来ています。
またもや鉄道がらみです。

ここには古い車両が屋外にたくさん展示してあるのですが、
保線のための車両の中に入って、予想外に素敵な光景に出会いました。
きれいなまま廃墟になったサナトリウムみたい。
夕方の自然光が差し込んで、余計に美しく見えました。
うっとりするのと、どきどきするのと、ないまぜな気持ち。

おそらく机にはいろんな計器類が乗っていたと思われます。
ここに似合うのは作業服より白衣のような。

再来年にはこの車両は屋内に展示されます。
その時はもうこんなにきれいには見えないかもしれない。
自然光の下で出会えて良かった。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-31 20:40 | 今日ノ出来事
2009年 10月 31日

本当の昭和の終わりが近い

三遊亭円楽師匠が亡くなりました。
随分長いこと病身でしたので、急な感じではありませんが、
それでもやはり、残念でなりません。

大きな体と大きな顔と大きな声で、
それでいてとても繊細で優しい噺をする方でした。
師の「紺屋高尾」が大好きでした。

本当の昭和の終わりが、また一歩近づいて来ました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

加筆
同じ日に立川談志門下の立川文都さんもお亡くなりになりました。
さらっとした関西弁が素敵な方でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-31 06:18 | 今日ノ出来事
2009年 10月 27日

覚悟はできてる

出向が1週間後に迫りまして。

新しい営業さんが入って机が足りないこともあり、
(今の)会社内のデスクを明け渡しました。
一応、軽作業ができる程度のデスクはあるのですが、
すごい窓際に行っちゃいました。
もし普通に「君、今度あの席ね」と引越しを命じられたら、
間違いなく肩を叩かれていると思ったほうがいいような席です。

出向先で使う資料、後輩に引き継ぐ資料、
要らない資料、借りっぱなしの資料、
仕分けに仕分けて、随分身軽になりました。

出向先にも、すでに私の席が用意されてます。
そこにも資料、お茶道具、ちょっとした余計なものも送り、
だいぶ物がそろってきました。
今月になってからは週に1度打ち合わせに通っているので、
新しい職場にも、机にも椅子にも電話の音にも、少し慣れました。

すごく不思議な感じ。
私は嫁に行ったことはありませんが、
嫁入り前の気分て、こんな感じだろうか?なんて思います。

会社同士をつなぐ出向は、なんだか政略結婚みたい。
でも、この出向はありがたいことに、
担当者と私に結構早い段階からビジネスパートナーとしての信頼があって、
同じ方向を向いていることが分かったので、
政治的な思惑よりも、仕事人的な上方志向のほうが強い。

私の、仕事をする上での最大の目標は、
「あなたと一緒に仕事をして良かった、楽しかった」
と言われることです。
なので、一緒に仕事をする相手にも
「あなたと一緒に仕事をして良かった、楽しかった」
または「この人のために良い仕事をしたい」を求めます。
今まで仕事をしてきた中で、そういう人4人に出会いました。
(内ひとりはその後資格はく奪w)
今度新しく上司になる方も、その一人です。

私より6つ上。6つしか(6つも?)違わないのに、
あんなに頭がキレて、理解力と判断力があって、知識があって、
無駄が無くて、かといってクソ真面目じゃない、なんて、
こんな人を隣にして同じ仕事をする怖さと楽しさ。
私も6年後にはこういう人に成れるだろうか。

今は振られる仕事の要求水準の高さを感じながら、
なんとかしてそのハードルを高い位置で飛び越えてやろうと必死です。
すっごい無茶な夢や大きな理想を語ることもあれば、
見逃しそうな小さな数字に固執することもあれば、
私の話を真剣に聞いて、予想外の切り口で質問をしてくることもあり、
どんなボールも受け止めて、上手く投げ返さなきゃいけない。
きっとこれを出向の2年間続けていたら、
だいぶまともなビジネスマンに成れる気がします。

会社に入ってこれまでに3回(今回のも含む)、
こういう「転機」みたいのがありました。
1度目はバイトから社員になって、コンビニ店長になった時。
2度目はコンビニ店長から青森へ行った時。
どちらとも、すごく迷いました。
今回は全く迷いませんでした
むしろ、救われた気がしました。

今のプロジェクトも取り組んでから2年と10カ月経って、
自分のビジネススキルを一番伸ばせた時期なのだけど、
その半分以上は楽しく仕事をできていなくて、正直辛かったのです。
私は下請けの代表という立場ですが、
ある時、一緒に仕事をしている事業主の数人と大喧嘩をして、
その不和が随分と長いこと続いています。
修復を試みた時期もありましたが、
相手に仲直りする気が無いと知った日から、
同じ仕事場に居てもほとんど口をきいていません。
それはとても不健全なことで、でも、直すことができませんでした。
だから、こういった形で外からの力で抜けることができて、
本当に「救われた気持ち」なのです。

一緒に働いてきたスタッフのことは大好きです。
良い仲間がよくぞここまで集まってくれたと、心から思います。
だから、スタッフにはごめんなさい・・・。
どうか私の後任を、よろしく頼みます。

今度取り組む仕事は、今までの仕事よりも、おそらく規模が小さいものです。
でも、間違いなく、中身やプロセスは数倍も濃いものです。
完成形は数十倍良いものを目指します。
「グッズとショップ自体のクオリティでは絶対に負けたくない」
という上司の思いと
「今の現場でできなかった”やるべきこと”を、全部ぶつけたいのです」
という私の思いがあって、プロジェクトが進みはじめてます。
きっと楽しいはずです。

ま、辛いことも多々あるでしょうが・・・。
そんな時は手帳に挟んだ
「人生大したことはない、心配することもない」
という立川談志の千社札を眺めてやりすごすことにします。

出向する2年間で自分がどう変わるか。
と、どちらの会社にも自分の足跡と爪痕をくっきりつけてやる!
そんな気持ちの今日この頃です。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-27 01:04 | 雑言タハゴト
2009年 10月 25日

撮り貯め

b0024051_1291250.jpg

唐突ですが、
携帯のデータフォルダより。
二年前に奈良で撮ったもの。

奈良だからって、安直じゃね?
大仏が走るみたいじゃない。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-25 01:29 | 今日ノ出来事
2009年 10月 21日

正しいとか悪いとか

半年ほど前、約5年ぶりにサシでじっくり話をした友達に、こんな質問をした。

「久しぶりに会った私について、”変わったな”って思います?
変わったとしたらそれは良い方向ですか?悪い方向ですか?」

その友達との付き合いは9年ぐらいになる。
期間としては9年だけど、地理的な隔たりがあったり、たいそう忙しそうな人だから、
実際会って話す機会は少なく、ほとんどはチャットでの意見交換。
それでも、お互いとても信頼している仲だと思う。
「1を言えば10は分かってくれる」と、お互い思っている。
確認したことは無いけど、たぶんそう。

そういう友達だから、あえてこの質問をしてみた。

「どうしてそんなこと聞くの?」
と聞かれたからか、自分で解説したかは忘れたけど、
質問の意図を説明した。

「ここ2年ほどで、自分自身がすごく変質した気がしてる。
性格もきつくなったし、選ぶ言葉や話し方も強くなったと思う。
それが正しいことなのか、間違ったことなのかが分からない。
正しいならばこのままでいるし、悪いようなら直したい。」

深層としては、
久しぶりに会ったこの大事な友達に、今の自分を嫌われたくなかった。
だって、この友達とは一生付き合っていきたいから。

友達はこう答えてくれた。

「確かに言葉や言い方が変わったな、とは感じるけど、
それはおそらく仕事をしている中で”そうなった”のであって、
そのこと自体は、悪いことじゃないと思うよ。
だって、そうすることで、上手くやってきてるんでしょ?
正しいか悪いか、って単純には決められなくて、
今の自分にとって(言葉がきついことなどが)有効なら、それは正しいんじゃない?
もう付き合えないよ、って程じゃないから、大丈夫だよ」

「自分は”正しい・悪い”とかいう単純な判断はしない。
相手に選択肢を示して、判断材料を与えるだけ。」

大人な答えでした。
もっと話し込みたかったけど、その時点で朝方だったので、断念。
もっと、じっくり聞いてもらわないといけない話も、あるのだけど。
その時以来、会えてないし、次にいつ会えるかなんて保証もない。
こっちはいつだって会いたい人なのにな・・・。

次に会うのがまた5年後だったとしても、
たぶんもう「自分は変わったか?」なんて野暮な質問はしないと思います。
5年後にその友達が変わっていても、たぶん私は気にしない。
だから自分の変化も、友達はいくつかの選択肢の中で認めてくれるはず。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-21 00:41 | 雑言タハゴト
2009年 10月 17日

その名前はすごいね

今月末オープンのヤマダ電機の新店舗の名前が

「日本総本店」

って、たいそうな名前を付けましたな。
池袋、元三越の場所ですね。
まぁ、三越放っておくよりは、人が流れるでしょうよ。

昔は電気屋さんが大好きで、
別に用も無くうろついていたものですが、
最近の電気屋さんは苦手です。
うるさいのかな、規模が大きすぎて彷徨っちゃうからかな、
たくさん物があるのは楽しいですが、
あまりにも探せな過ぎて困っちゃう。

しかも最近の電気屋さんには
電気関係以外の物も結構売ってるんですってね。
おもちゃとか、模型とか、いろいろ。
それもどうかと思うわけで。
「餅は餅屋」ですって。

そうそう、
あと2年以内には地デジ対応のテレビを買わなきゃ。
いまだに11年前の14インチのテレビデオ(死語だよね)使っているもの。
でも、基本、家電は「壊れなきゃ買わない」ので
壊れてない、そしてあと2年以内に壊れる気がしないのに
次に買うものを考えなきゃいけないなんて、
私的にはなんか変な感じ。
かといって、建物自体が地デジ対応していないので
チューナーだけ買うわけにもいかないし。
せっぱつまってから、ちゃんと考えます。

ちなみに、母親の実家では
リモコンの無い時代に作られたテレビをいまだに使ってます。
「昭和の家電」臭がすごい。
動いていることがすごい。
てか、それこそ2年後どうするのさ?
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-17 23:33 | 雑言タハゴト
2009年 10月 16日

ちゃんとやろ。

今年になってから、一度乗った体重が落ちにくくなった。
去年までは、ちょっと食べない期間を作れば
すぐに体重が落ちたのになぁ・・・。
ちなみにおととし辺りは、食べても食べても太らなかった。

小学生時代に肥満時だったという過去もあり、
おそらくもともと太りやすい体質なんだと思う。
これもやはり年齢のせいかしら。
食べるものにはなるべく気を遣っているつもりでも、
それだけじゃ追いつかないこともあるのねー。

と思っていたところに、
普段は見ないフリーペーパーを移動途中に読んでいて、
ピラティススタジオの記事が目に入った。
インナーマッスルを鍛え、体のゆがみを緩和させる、
そんな効能があるとか。
そういや、肩が痛いの腰が痛いのと言っては
整体に通ったりしてますが、
自分の力で治す努力って、してないな、と。
他人に頼ってばかりじゃ、駄目だよな。

11月から仕事が変わって落ち着いたら、
とりあえずしばらくは、日本舞踊とフィットネス的なもので
体を整えてみようと決意。
本当は太極拳がやりたいのだけど、それはまた後の話。

ちょっとそういう部分に投資してもいいお年頃。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-16 00:09 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 10月 13日

克服食材

トマト嫌いはこれまでもこれからもずっと変わらないと思われますが、
ここ1年ほどで「嫌い」から「自分で買って調理をする」まで
昇進した野菜があります。

茄子!

子供の頃に茄子の浅漬けを食べて気持ちが悪くなったことがあり、
それ以来なるべく口にしないように避けていました。
すし屋でバイトしていた時、茄子の浅漬けを乗せた寿司がメニューにあり、
さっぱりしているのと、1皿3貫ということもあってか人気があったのですが、
「茄子を寿司に?なんてシャリがもったいない・・・」とか思ってました。
茄子の浅漬けの汁って結構匂いがきつくて、
指やユニフォームがすぐに浅漬けくさくなるもの嫌でした。

そんなことがあって、長いことトマトと並んで嫌いな食べ物ツートップだったのですが、
ここ1年ほど、味噌焼きやらグラタンやら、茄子入りのパスタソースを食べるようになり、
つい最近、自分で買って食べるようにまでなりました。
といっても、濃い味付けじゃないと食べられないので、
カレーに入れたり、マーボー茄子にしたり、そんな感じです。
やはり浅漬けは食べられる気がしません。

一人暮らしになってから、というか、外食する機会が増えてから
だいぶ好き嫌いは減りました。残すのがもったいなくて。
でもやっぱりトマト(とめかぶとオクラと貝類)は苦手です。
マイクロトマト(超ちっちゃいトマト)なら、ほかの料理にまぶして食べられるけど・・・。
あんなにちっちゃいのにちゃんとトマトの味がするのが憎らしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-13 22:35 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 10月 11日

休日ってしあわせだ

本当に久しぶりに、対外的な用事とかタスクが無い一日。
天気が良いので、家に籠もっているのももったいなくて、出かけることに。

不本意?ながら、日比谷公園に。
土日で「鉄道フェスタ」なるイベントをやっていて、
仕事柄「行かなきゃー」と思いながら、毎年行ってない。
どうせ来年は売る側に回ることは確定なので、
普通に見て回れるのは今年だけ。

というわけで、日比谷公園に足を踏み入れたのですが、
そこで一番最初に目にしたのが、
天使のコスプレをしたイタ男3人組。輪とかついちゃってんの。
木の茂みに見え隠れしながらお互いに写真を撮り合っていて、
それを見た瞬間に心がぽっきり折れてしまいました・・・。
何の集まりかは知らんけど、うぐ・・・。

心が折れたまま、お世話になっている業者のブースに行ってお茶の差し入れ。
「ユニフォーム余ってるよー。こっち入んなよー。」
いやいや、今日は仕事しませーん。
やはりここは繁盛してますな。
先行販売というので、これゲット。
b0024051_23532992.jpg

JR東海のキャラ、toicaの携帯スタンド。かわいげ。
担当者的には「矢ガモですよねー・・・」。

JR東日本のブースで、ディスティネーションキャンペーンの絡みで笹団子を売ってた。
でも笹の色が鮮やかだから、買わなかった。
色が綺麗だと、うそ臭くてね。

あっさり退散し、30分ほど歩いて東京タワーに。
コーヒーショップの店長にコーヒーをご馳走になり、しばし談笑。
私がタワーに居たときにバイトしていた子が復活していてびっくり。
当時高校1年生が、すっかり垢抜けた大学3年生になってました。

しかしまぁ、タワーのお土産やはずいぶんと様変わりをしていて、
当時はサンリオメインのショップだったのに、
サンリオは端っこにちょっとだけで、東京バナナが大躍進&吉本ショップまで。
節操が無い、というか。なんだかねぇ・・・。
「何でも置きゃぁ売れる」は、そうじゃなくなったとき、みっともないものでね。

買い物をして帰宅。
掃除。衣類の入替。洗濯。夕ご飯。アイロンがけ。
パソコンのファイルの整理。MP3のデータの入替。

タスクの無い、しあわせな休日。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-11 00:11 | 今日ノ出来事
2009年 10月 07日

ヒトヤマコエタ

先日、ある有名マジシャンのお誘いで、久しぶりにちゃんとした舞台に立ちました。
鳩花やって、というリクエストでしたので、
2年ぶりに基礎から掘り起こして、演じました。

2年前、香港でコンテストに出た後は
「もうこの演技、一生しなくてもいいかも」ぐらいに納得して完結したつもりだったのですが、
やはりそれから2つ歳をとって、自分自身変質して(成長かどうか分からないので、変質)、
もう一度正面切って向き合ってみたら、「まだまだやることあるじゃない」。
結局、思いに力が追いつかず、訂正しきれずに本番を迎えてしまいました。

それでも。
今回はいい感じに力が抜けて、すごーく楽しい舞台でした。
ショー自体がふんわりした、いい雰囲気だったので、
その中で水を挿すような存在にはならなかったかなと思ってますが。

共演というにはもったいない、
いっこく堂さんは本当に素晴らしいパフォーマーだと思いました。
クレバーなパフォーマーは大好きです。
モロ師岡さんといっこく堂さんの出演の時は、
他の出演者と裏方が舞台袖に大集合して大笑いしてました。

思うことがいろいろ、考えることがいろいろ、反省することがいろいろ。
「仕事!」と駆けずり回っている自分に酔いどれて、
仕事以外に酔いどれることから遠ざかっていたような。
今回の道具を片付けて終えて、余韻がふわふわ残るくらいになったら、
次の舞台に向けてまたコツコツ取り組みます。

嬉しいことに。
「素敵だった」「綺麗だった(←道具のことですよw)」とたくさんの方に言って頂けました。
ひとつでも印象に残る部分があって、よかったです。

もうひとつ嬉しいことに。
大好きな仙人みたいなおじいさんに「大好きだ」と言われました。
はい。もっと精進します。

これで一山越えました。滑落はしなかったようです。
ちょっと、ほっ。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-10-07 01:55 | 今日ノ出来事