<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

ありがとうありがとう

紅白も佳境に差し掛かってきていますが。
大型ビジョンを多用しすぎの感が強くてどうもね。

は、ともかく。

今年、私の人生に幸か不幸か関わってくださったすべての方々に、
感謝感激多謝雨あられ。

私は自分の意志を持つ他力本願です。
その時現れる道先案内人が
「あっち行ってみたら?楽しいらしいよ」
と声をかけてくれて
「あ、ほんとだ、こりゃ楽しそうだ」
と自分が判断すれば、その道に進むことにしています。
だから、いつも道先案内人に出会うのを楽しみにしています。
時には遠回りを案内されたり、
その時にはいらないアイテムを渡されることもありますが、
それはそれで、良いものです。
ワンダーな毎日は、素敵にキラキラするものです。

おそらく年相応(以上かも)にハプニングを経験して、
もうそんなに大したことでは驚かなくなりました。
泣くこともありますが、お腹いっぱい食べて、一晩寝たら忘れます。
自分の悩み事なんて、ちっぽけなもので、
心配事もきっとたいしたことがないものだと思っています。

楽観主義、であって、適当主義。
自分はそんなもんだと思います。
その「楽」が自分の周りに伝播するといい、今はそう思っています。

今年は強烈で強力な道先案内人が表れて、
ずがんと行き先を照らしてくれました。
来年も、その道先案内人とワンダーな日々を過ごすことになるでしょう。
その他にまた新しい案内人が表れるか、
役に立つアイテムや呪文を与えてくれるのか、
はたまたパンドラの箱を開けてしまうのか、地雷を踏んでしまうのか、
なんでもいいのです。
なんでもこいです。

「他人にストレスを与えない人になる」
のが来年の目標です。
そして、自分を囲んでくれる人と物すべてに、
ありがとうありがとう、と感謝の気持ちを。

さて、2010年へ。
良いお年を。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-31 23:29 | 今日ノ出来事
2009年 12月 31日

2009な日々2

1月
長いこと悩んでいたことがあって、それが円満解決した頃。
ちょっと残念な結果だったけど、納得の結果でもあったから、まぁ良し。

2月
会社の人へのバレンタインのプレゼント選びにちょっと失敗したような。

3月
WBC。イチローは本当にかっこいい男だと心底思う。
記者会見での「私アイドル、と言って可愛くない奴は最悪」発言に共感。

4月
牛にひかれて善光寺参り&雪の戸隠神社参り。
美輪明宏の舞台を初めて見る。客席にいても良い匂いがしました。

5月
ダディーのお葬式。やっぱりまだ、というか、今になっても実感がない。
この頃流行ったのがJUJUの「明日が来るなら」
今聴いても、ダディーのことを思い出して、泣けてきます。

6月
何してたろ?

7月
美容室を変えた。
「アシンメトリーにしたいです。あと、男前になるように切って下さい」
とオーダーしたところ、今の髪型に。

8月
30歳になってしまう。でも嫌なものじゃない。
誕生日に鳩山政権が誕生。
仕事の上で、口説かれる。仕事人として最高に嬉しい。

9月
11月からの出向が決定。
鹿児島宮崎熊本長崎の旅。軍艦島に行ったことは今でも鮮烈な印象が残る。

10月
出たかったボナペティライブへ出演。感想・意見・アドバイス様々。
あれもこれも一生懸命こなすほどの体力と集中力が無くなっていることに愕然。
7,8年前はもっと何でもがむしゃらに取り組めたのになぁ。
年齢や仕事を言い訳にはしたくないけど、言い訳にしたい。

11月
出向が始まる。そして太り始める。そしてスポーツクラブへ駆け込む。
後輩の発表会に感動。良かった、私、部活辞めなくて。

12月
すごい久々に飲み明けで朝帰りした。
学生のころはこれを月に何度もやっていたと思うと、当時の自分に敬礼。

来年は、もうちょっと、余暇を有効に使えればいい。
余暇を本当に暇を余すように使ってしまうので、今のところもったいない。
やりたいことも、やらなきゃいけないことも、たくさんあるので、
たまにご褒美をあげつつ、基本的に自分に厳しくいたいものです。
あとは、旅行先をどうするか(重要)。
今度こそ稚内へ雄叫びに行くのか、伊勢参りに行くのか、奥州へ行くのか。
春の小旅行としては、厄除けに効く神社へ行く、という企画もあり。
いや待て、そもそも、今まで(=自分の都合で休みを決める)と勝手が違うので
いつまとまった休みがとれるの?という疑問もあり。

あと。今年後半に印象的だったこと。
これは同じくらいの年頃の人(女性)と話していて意見が合ったのだけど、
「これぐらいの歳になるとさ、
人に対して“好き”って言うのが、特別なことじゃなくなってきたよね」

好き、が異性に対する恋愛の言葉ではなく、
人に対する素直な感情の表現単語になりました。
私にとっての「好き」は、「信頼」と同義語。
ただ、対外的には誤解を招くこともある言葉なので、
来年は「私はこう考えている!」とはっきり宣言した上で、
好きな人のことは好きだと言おうと思います。

でもたぶん、私が「大好きだ!」と思う人は、
私が言うまでもなく、私の気持ちを分かっていると思いますが。

12月31日を
「おおつごもり」と呼ぶのが気に入ってます。
意味はよくわかりませんけども。
1230の次が1231で、その次が11になるって数式もよくわかりませんが、
世界的にそうらしいんで、従うことにします。

今年もう一度更新できるかどうか、というところですな。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-31 02:15 | 今日ノ出来事
2009年 12月 29日

たまには新聞

b0024051_0291690.jpg

東京に居ると、まず新聞を読むことが無い。
仕事場で回覧する業界新聞か、
たまに気が向いたら日経流通新聞に目を通すくらい。
ニュースはテレビで見るか、ネットを見るか。

なもんで、実家に帰ったら必ず新聞とチラシを念入りに読む。
特にこの時期のチラシは歳末特売だらけで無意味に楽しい。
基本的に家計に無頓着なので、底値なぞ気にしたこともないけど、
母親は「今日はどこそこで何があそこより幾ら安い」とよく見ている。
でもハシゴは面倒らしく、結局はいつもの店で買い物をしてくる。

今日はチラシの話ではなく。

新聞は社説を読むようにしている。
冒頭読んで、面白そうなら読み通す。
つまらなさそうならやめる。
昨日の朝日新聞の社説は、気象庁が来年から桜の開花予想を止める、という話題。
民間の開花予想の方が精度が高いらしく、
気象庁としては「もう民間に任せた!」ということらしい。
以前このニュースを何かで耳にしたときは、丸投げじゃないか?と思ったのですが、
朝日新聞的に言えば、
気象庁は税金をかけて民間に劣るよりも、
税金をかけないこと(=民間に譲る道)を選んだのだ、と。

すごく納得してしまいまして。
視線が良いなぁ、と。
その社説の最後の一文が上の写真。

おっしゃる通りで。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-29 00:29 | 今日ノ出来事
2009年 12月 27日

2009な日々

売り場などの現場にいれば、
季節の移ろいやイベントが自分を通り過ぎていくのを感じるのですが、
今年最後の2か月を内勤で過ごしたため、全く疎くなってしまいました。

気がつけばもう年末じゃないですか。
昨日で仕事納めも済ませてしまいました。
クリスマスはイブも含めて2日間、素敵に残業づくしでしたさ。
ほとんどの方がわかりやすく早く帰るのが面白かった。

さて。

20代と30代をまたいだ2009年でしたが、
今まで生きてきた中で、最も悩まなかった1年でした。
だから、気分的にすごく楽に生きることができました。
2008年が周りに振り回されることも、悩むことも多かっただけに、
ふらふら落ち着かず、苦しかった覚えがあるのに比べ、
2009年は芯のブレが少なかった気がします。
適度に肩で風切って歩けたんじゃないかと。
来年もこんな感じで、「人生大したことはない、心配することもない」を信条に。

このところ、1年を振り返るニュース番組の特番をいくつか見て、
たくさんの文化人が亡くなったことに、改めて思いをはせることがあります。
でも、その特番には、私が一番お世話になったあのマジシャンは出てきません。
マジックの業界内では世界的に有名な日本人マジシャンも、
日本のニュースには載らないのです。

訃報は5月の下旬だから、もう7ヶ月も経ちます。
時間が経てば経つほど、亡くなったことの現実味が薄らいできてしまって、
そろそろどこか海外からスーツケース引っ張って帰ってきてるんじゃないか?
来月あたりどこかのイベントで会えるんじゃないか?
そんな気がして仕方がないのです。
でも、私が見た御遺体は、確かにその方だったのです。
確かに、私はその方のお見送りをしました。
その後も何度も仏壇にお参りをしているのです。
見たものと、その後の脳みその中身の差が埋められずにいます、いまだに。
おそらく、ずっと埋まらないのでしょう。

来年、ちょっとだけ手品を表だってやってみようと思っています。
何をまた急に?という感じですが、大意はありません。
ただ、来年後半からは完璧に仕事漬になるので(もう既に結構いい感じに漬かってるけど)、
その前にひと暴れしてみようと思ったまでです。

・・・・・

ありがたいlことに、この年末年始は多めにお休みをいただきました。
心身ともにちゃんと休ませて、程よくほぐして、
来年も自分らしく、悩まずブレない1年でありたいものです。
仕事も、プライベートも。

前厄だから、厄払いだけはちゃんと行かなきゃね。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-27 00:58 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 12月 25日

ちょっとだけ、見てました

ドラマ「JIN」の視聴率が良かったようで。
よく「見てるでしょ?」と言われますが、
実際見たのは1話の最後のほうと、
最終前話と、最終話のみ。
1話の最後を見た時に、思ってたのとテイストが違って、
続きをあまり見ないでいたのですが、
最後に近づくにつれ、番宣を見るにつれ、見たくなって。
最終話、良かった。泣かされました。

あの坂本竜馬なら、惚れてもいいと思いました。
今まで描かれてたかっこええしいな竜馬ではなく、
この人なら日本を変えてくれそう!という
日本男児っぷりががとってもかっこよくて。

吉原にそこまでの年増は居なかったとは思いますが、
中谷美紀が演じる花魁・野風はとても素敵でした。
身請けされ、吉原の大門から高下駄をはいて出てきた野風が
門の外で下駄を脱いで空を見上げ
「空がほんの少し、高くなりんしたなぁ・・・」
とつぶやく姿が素敵過ぎて。

主役の大沢たかおも良かったですが、
脇を固める役者が素晴らしくて、
脇役が良いドラマにはずれなし、と思いました。

しかし最終話の最後2カットは、個人的には要らなかった・・・。
あの感動的な状況で、次を期待させてどうすんの!?っていう。
あのまま、平和な日常が続くことを期待して終わりたかったのに。

まぁ、年末に良いドラマに出会えてよかったです。
苦手な幕末ですが、楽しく思えましたから。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-25 02:36 | いとし、しほらし、かはいらし
2009年 12月 22日

うっかりダウン

久々の病欠。
日曜日夜から何となく不調で、嫌ーな感じがしていたのですが、
月曜日になってほとんど食べられなくなり、絶不調。
お昼にスタバのスチームミルクを自分の席で飲んでいたら、
「それお昼?何、どうしたの!」
と普段食いしん坊なだけに心配される。

何もなければ早退もしくは定時きっかり退社したいところ、
翌朝の上役の会議に使う資料をどうしても上げなくてはならず、
しかも資料の読み合わせとチェックが遅くなり、なかなか帰れず。
上司が気を遣ってくれて優先してチェックしてもらい、這々の体で帰宅。

38度。なんと、意外に熱あり。
体中が痛いのはジムで張り切ったための筋肉痛ではなかったらしい。
風邪っぽくもないので何の薬を飲むべきか迷う。
迷った結果、これから風邪になるかもしれないと思い、葛根湯を飲んでみる。
21時半就寝。

翌朝、熱は下がった、けど、気持ち悪さ倍増。
仕事は休むことに。
上司にメールしたら、
「一応病院行ってインフル検査するんだよー、お大事にー」
はーい。まぁ、過去の経験上、たぶんインフルではないでしょう。

しかし朝より胃の痛みが倍増してる。穴開いてたら洒落にならん。
というわけで病院(というか町医者)へ。
待合室で隣に座っていた少年が新型と診断されてた。
流行を目の当たりにした瞬間。

ちょっとした風邪と胃炎だね、ということで鎮痛剤を注射され、
町医者的に自家処方の薬を出される。
薬を飲んで横になってみる、と、気がついたらもう夕方。
とりあえず痛みは消えて、ちょっとだけ気持ち悪さが残る。
なんとか夕ご飯は少しは食べられるかしら。

明日は幸いにも何も予定の無い休日。
たまには病人らしく寝て過ごします。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-22 19:36 | 今日ノ出来事
2009年 12月 20日

私を幸せにするニュース

今週は気苦労の多い1週間でした。

私の元会社と出向先との間でちょっとした小競り合いがあって、
実質私は関係のない話なのですが、何とかしようと思い、
途中こっそり小細工をして沈静化を図ったのですが、不発に終わり・・・。
週半ばに一旦まとまりかけた話を
週後半に出向先の営業マンが気が利かなかったことで
またちょっとめんどくさく蒸し返しかけてしまい、
傍から見ててどうにもならなそうだったので、出張りました。
「その話、私に預けてください」

で、元会社に電話をし、代表の本音を聞き、こちらの本音を伝え、誤解を解く。
あー、良かった。思いのほか大丈夫だった。
次に、かなりご立腹なんじゃないかと思われる元会社の営業マンに恐る恐る電話。
こちらも誤解や思い込みがいろいろあったみたいで、事実を伝え、温和に電話を終える。
あー、怖かった。
でも、これですっきりしたんじゃない?

というわけで、とりあえずは沈静化。
ふぅー・・・。
でも考えてみれば代表と取引先が喧嘩することなんてしょっちゅうある。
喧嘩しながらそれでも仲の良い取引先はたくさんあるわけで、
それがたまたま私の目の前で起こってただけ、
そう思ったら、気が楽になりました。

もう一つ。
出向先が大きな会社だからなのか、上役のあぐらをかくような体質を目の当たりにして、
びっくりしたというか、呆れたというか。

大きな会社って、みんなそんなもんなのかしら・・・?
これで会社が回ってるって、すごいなぁ。
社長って、いったい何をしているんだろう?
弱小企業に長年いた私には、理解できない世界。
逆もしかりなんだけど。
向こうさんには私の見てきた弱小企業の世界が嘘みたいなんだろう。

こんな2件の事項があって、今週は何日も上司と二人ですいぶん遅くまで話をしました。
「びっくりしたでしょ?あまりのぬるさに」
「いやもう、そりゃもう・・・」
しかしすごいなこの人。
こんなにストレスの多い環境で自分の信念ブレないなんて。
ぬるま湯に浸かりながら楽して仕事できるようにもできるだろうに。
私はなるべく、この人にストレスを与えないようにしよう。
自分がストレスため込まない程度に、だけど。

・・・てな感じの1週間の終わりで、心身ともに疲れました。
はぁ・・・。あと今年も少ししか残ってないのに、やることが多いわぁ、
と金曜の夜、頭の中ぐっちゃぐちゃのまま、トボトボ家路に就く途中で、
普段滅多に日記を書かない友人の日記が更新されているのを発見。
年明け予定だった子供の誕生が早まって、今日生まれた、と。

アニメーション的にいえば、青黒いどよどよの背景に陽がさして
急に金色のキラキラに変わって、白い鳩が一斉に飛び立った感じでした。
笑顔になって、ちょっと泣けてきました。
このニュースで1週間を終えられて、本当によかった。
そうでもなければ、間違いなくどんよりした週末を過ごしてしまったと思います。
いくら気持ちの切り替えが早い私でも、外的要因がなければ、
切り替えられないこともあるので。

助かりました。本当に。
幸せなニュースを、ありがとうございました。
そしてなによりも、おめでとうございます。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-20 01:17 | 今日ノ出来事
2009年 12月 17日

がんばってた感がたまらん

このところ、何の映画を見ても、
ちょっとしたTV番組でもゲームでもCGがありふれていて、
何でもあり感に観ている側としては麻痺してしまいそうです。
というか、たぶん麻痺しています。
何でもありな分、珍しさや感心度合いはかなり薄いです。
「あぁ、CGならできるでしょ」

そんな時に、昭和の特撮系のドラマや映画を見ると、
当時の人が、表現したいことをなんとかかんとか実現化しようとして
努力したんだろうなぁ!という思いが感じられて、
CG自体が稚拙だとしても、めっちゃ感激してしまいます。

消しようのないものをどうやって消えたように見せようかとか、
小さいものが巨大化したように見せるには、とか、
全てをプログラムで自由自在に動かしながら組むのではなく、
現象と方法と効果を考えながら実践しながら作るだなんて、
そりゃ大変な作業だっただろうに。
現象と方法と効果を考える、って、手品の演技を作るに近い。

だから、リメイク物はたいてい元作のほうが好き。
リメイク版も、綺麗で緻密だとは思うけど。

てなことを、映画「2012」を観た人が
「いやぁ、最近のCGは本当にすごい。
津波のシーンとか、観てて怖かったもん」
と熱く語っている横で、思ってました。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-17 01:17 | 雑言タハゴト
2009年 12月 14日

こんな仕事場

仕事場でのひとコマ。

子供がまたがって遊ぶ新幹線のおもちゃが
宅急便で届いた時のこと。
荷受けに出て行ったスタッフが部屋に戻ってきて
「Sさーん、新幹線届きましたよー」

Sさんはこのひとことで何が届いたかわかって、
普通に「はーい、取りに行きます」という返事をしたわけですが、
周りがひろっちゃうわけで。

「Sさんついに新幹線買っちゃったの?何両目?」
「先頭車買ったら年末特価で中間車もついてきてるでしょ」
「前照灯10年間保証付き」
「今なら替えのシートカバー付き」
「送料無料」
・・・

やたらと盛り上がるわけですよ。
最終的には部署ボスのぼやき。
「新幹線届いたよ、でこんなに話が広がる部署ここしかないよ」
ごもっとも。
でも、こんなに言いますけど私の部署には電車マニアはいません。

こんなことろで働いています。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-14 00:22 | 雑言タハゴト
2009年 12月 10日

2月は秋田で

大好きなハタハタマジックコンベンションが開かれます。
ファイナル!と謳い続けて6回目、私は2,3,4と今回と、そこそこの参加率。
でも1回目からのレギュラー陣の層が厚いので、私なんかはぺーぺーです。

6回目の今回は、特別な会です。
5月に亡くなったダディこと、テンドーさんのメモリアルショーということで、
みんなで儀式をして降臨させようという・・・のは冗談ですが、
ハタコンレギュラーのダディの不参加は認めない!というのは参加者みんなの思いです。
映像であっても、久しぶりに大勢でダディの演技を見られるのは楽しみ。

4回目の昨年参加したとき、東京を出る時点で風邪かな?と思っていたのが、
秋田に着いたらインフルであることが発覚し、どんどん悪化し、
ホテルで一晩熱でうなされた挙句、朝いちの新幹線で東京に帰るという、
非常にイケてない思いをしました。
来年は前夜祭~自腹ゲスト~2次会とフル参加の予定。
今から楽しみです。
[PR]

by pocket-xiao | 2009-12-10 01:08 | いとし、しほらし、かはいらし