<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

被害妄想嫌い

面白いTV番組がない時は
音楽チャンネルをつけっぱなしにしているわけですが、
ここ2年ぐらいの傾向ですか、
若い女性アーティストの「被害妄想ソング」が目立つ気がしてならんです。

「どうしてあなたは私がいなくても平気でいられるの」
「私はあなた無しでは生きていけない」
「電話もメールもそっけない返事しかこない」
「あなたはいつも私を傷つけるばかりで」
「お願い私を捨てないで」

あぁもう、痒いというか、寒いというか、うざいというか。
聞いててイラッとするのね。
そういう被害妄想だらけだから、男に面倒くさがられるんじゃね?と思いますが。

こういう歌が売れるのは、これに共感する人が多いということだと思うので、
世の中には被害妄想系女子が多いということになる。
面倒だが、がんばれ男子連中、と言うしかない。

これまでの主流?って、
「別れたのは私のせいね」
「もっとあなたに優しくしていれば」
みたいな、自己反省系が多かったのに、どしたのかね?急に。
人のせいにして、ひとりでウジッとしてても何も解決しないのにねぇ。

流行りはよくわからんです。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-31 01:43 | 嫌いだったり、苦手だったり
2010年 01月 28日

思い切りのよさ

資生堂のさすが資生堂らしいCMが最近のお気に入り。
マキアージュCMの、ICONIQ。
素敵だなぁと心底思います。

あそこまで短く切ってもかわいいのは、ずるい。
目鼻立ちがはっきりしているから、当然メイク映えもするし。
ダーク系のドレスだと、超かっこいいんだろうなー・・・。

久しぶりに魅力的な女性に出会った気分。

あれぐらい思いきりよく切ってみたいような気もしますが、
対外的な仕事してると難しいです。
一応上司からは「いいんだよ、坊主でも金髪でも」とは言われはしたものの。

ちなみに私の現状は、アシンメトリーに飽き始め、
ソフトモヒカンテイストをミックスした不思議な髪形になってます。
これでも普通に見れば、十分思い切りのいい髪型。
もはや女性用のヘアカタログは役に立たない代物になり、
今回のオーダーには「2009冬 イケメン達のモテヘア200」を使用。
故に私は今、モテヘアです。のはずです。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-28 01:36 | いとし、しほらし、かはいらし
2010年 01月 25日

時代とか世代とか

うっかりしていたら初場所が終わってしまいました。
初めの何日かは魁皇や千代大海がずいぶん話題になっていたので
目耳に入ってくることも多かったのですが、
後半は理事問題のほうが取り沙汰されてて、尻つぼみ感が・・・。
なんか、本筋じゃない話題でかき消されてしまってた。

魁皇に敗れた千代大海が、その翌日に引退表明したのには
思わず泣けてしまいました。
「最後の対戦相手が魁皇で良かった」
だなんて、すごく日本的な、武士的な潔さで格好良かった。

思えば千代大海の師匠である千代の富士は、
貴乃花に敗れたことで「体力の限界」という理由で引退している。
この引退会見もまた、格好良かった。

  相撲の話なんて普段あまりすることはないけど、
  必ず盛り上がる話題として、「千代の富士派か、寺尾派か」というのがある。
  今のところ、寺尾派の方が多い。
  確かに寺尾も格好良かった(今も格好良い)けど、
  私は圧倒的に強かった千代の富士がヒーローなのですな。
  千代の富士対小錦とか、対比が子供心におもしろくて。

私は30歳という、ようやく少しは地に足をつけて生活ができるようになったくらいだというのに、
相撲界では千代の富士、千代大海と、もう2世代が引退してしまった。
なんて短いサイクルで回る世界なのだろう、と思う。
上位の日本人力士が少ないのも、やっぱり寂しいし。
重ねて、理事のゴタゴタなんていったら、
このままこの国技はどこへ行っちゃうんだろう?と思ってしまう。

ちなみに、私が顔を大絶賛している普天王という力士がいるのですが、
ここ何場所か幕内から離れているようです・・・。残念。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-25 00:55 | 今日ノ出来事
2010年 01月 22日

落語者

という落語の番組ができました。テレ朝深夜枠。
中堅と若手あたりがそこそこちゃんと一席聞かせてくれる、
いままで民放でもNHKでもなかなか無かった番組です。
1日のことを全て終えて、寝る前にちょっとのんびりできる感じです。

ただ、スタジオ収録なので、お客さんの反応が微妙なのが
テレビを見てるこっち側として何となく気持ち悪いんですよね・・・。
落語会の反応ではなく、お笑い番組的な反応なので。
「いやいや、今のはそんなに笑うとこじゃないし」みたいな。

これまでの放送ラインナップ
柳家花緑「時そば」
三遊亭白鳥の新作
桃月庵白酒「替わり目」

・・・古典2題はずいぶん渋いのを持ってくるなぁ、と。
「替わり目」なんてすごく久しぶりすぎて、内容忘れていたし。
ちょっと不思議な根多チョイス。冬の噺ではあるけど・・・?

思うことは多々ありますが、
なんだかんだ、毎週楽しみにしてます。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-22 01:17 | いとし、しほらし、かはいらし
2010年 01月 19日

かんじろう

久々の二郎ネタです。

私が二郎好きなのは今の職場の男性陣にはよく知られた話。
この前、午後出勤の上司からお昼前にメール。
「姉さん、二郎行く?」

会社は今は品川ですが、前は神田にあったそうで、
会社の近くに二郎があるらしく、今もたまに行くのだそうな。
前の週にそれを聞いて「今度連れてってくだされー」とお願いしておいた、その件。
わざわざお昼だけのために、品川と神田を往復。
(前もお昼だけのために品川と代々木の往復をした。。。
しかもその時もラーメンだったぞ)

神田二郎は駅から徒歩5分くらい、の、とってもわかりにくい細い通りにあります。
看板の二郎の文字は跡だけが残っているので、
もしかしたら吉祥寺と同じような理由で、正確には二郎ではないのかもしれないです。

お昼なので、にんにくは少しにしました。それと、からめ。
唐辛子はカウンターにあるのでかけ放題。
麺は二郎にしては細めでした。普通の麺より少し太い程度の、細め。
にんにくを抑えたせいもあるのか、スープはこざっぱりとしてました。
肉もわりとさっぱりした感じ。
非常に食べやすい二郎でした。

が、個人的には物足りない感じで。
二郎はもっとモサモサで、コテコテで、脂っぽい肉とくさみのあるスープじゃなきゃ。

結論として。
ラーメンとしてはおいしい、けど、二郎としては軽め。
次は品川の二郎に行かなきゃー。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-19 00:49 | 雑言タハゴト
2010年 01月 16日

大雪だよ

b0024051_18315946.jpg

20年ぶりくらいにスキー場に来ました!
元仕事場仲間と上越国際スキー場です。
小さい頃にCMを見て憧れだった、
あの三角屋根のホテルに泊まれると知って、小躍りしましたわ。

新潟生まれ育ちのくせにウィンタースポーツがからっきしできないワタクシですが、
後輩に勧められ、スノボに挑戦しました。

意外と、滑れました!
半日で中級者コースをもちろんコケながらですが、クリアしました。

明日も滑ります、が、あちこち痛んでいそうな気が満載。

久しぶりに、際限なく降りしきる雪を見て、
しばらく雪に寝転んで夜空を見上げていました。
子供の頃もよくこんなことしたなぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-16 18:31 | 今日ノ出来事
2010年 01月 14日

祝!デジタル化

といっても、テレビではないのです。
テレビはいまだに14インチのテレビデオですが、何か。

新しい炊飯器を手に入れました。

いきさつ。
この年末年始に実家に帰った時に、
リビングにどでかいブラビアが鎮座していて、
ついに地デジ化の波がやってきていました。
聞けばテレビを買った時に大量のポイントがたまったとか。
(ちなみに全国的に有名な電気屋ではなく、
地域的に有名な「ノジマ電気」とやらで買ったらしい。)
そんな情報を聞いてから、
「炊飯器の調子が悪くてね」と切々と訴えたところ、
「じゃぁポイントで炊飯器を買ってらっしゃいよ」・・・思惑どおり。

実際、兄貴が大学に入った時に買ったものなので、15年もの。
ご飯は炊けるけど、劣化が早くて。
電子レンジのない我が家としましては、困るのです。

で、ノジマ電気に行ってパナソニックの小さな炊飯器をポイント交換してきました。
今までは炊飯スイッチが1個だけついたアナログな炊飯器。
今度はタイマーがついて、時間表示があって、おかゆもつくれて、
蒸しものや炊飯器クッキングができる、素敵な遠赤・デジタル炊飯器です。

「マイコンジャー」って、こういうもののことを言うのね。
と思ったけど、マイコンジャーという言葉自体死語のはず・・・。

という一連の話を仕事場でしたら
「・・・電子レンジ買ったほうがよくね?」
えぇ、まぁそれも分かってるんですが。

地デジ化も今年中に済ませたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-14 01:32 | 今日ノ出来事
2010年 01月 11日

初夢

(今更話ですんません。)
今年の1月2日朝方に、たいそう鮮明な夢を見ました。
おぉ、これがいわゆる初夢というやつですな。

一富士二鷹三茄子、なんてぇことを申しますが、
私の2010年初夢は、「イチローとデート」という内容でしたw
イチローはすごくかっこいい男だと思ってはいますが、
夢に見るほど恋い焦がれているわけではないので、
なぜイチローとデートなのかはわかりません。
が、事実そうだったわけで。

最初は車に乗って買い物に行きました。
どこに何を買いに行ったのかは分らないのですが、
大型ショッピングセンターによくあるような屋上駐車場に上っていったのは覚えてます。
で、ロケーション的にはなぜか埼玉(大宮?)、だったようです。

で、イチローはユニフォームっぽいものを着ていたので
「普段もその恰好なんですか?」と聞いたところ、
「仕事とプライベートは別にしたいんだ。
じゃないと、気が緩んじゃうんだ」という答え。
・・・てことは、今気がついたけど、仕事だったのか?これは。

まぁいいや。

次に、屋内遊園地的なところに行きました。
で、なぜかそこで私は「イチローの幼馴染」という人たちとばかり遊んでいました。
あまりにもイチローが遊んでくれないので、私が帰ろうとしたら
ひょっこり現れて、「あいつらいい奴らだっただろ?」

というところで目が覚めました。
やたらと鮮明で、時間的にちゃんとつながっている夢でした。
しかし何だったんでしょう・・・。どうにも解せぬ。

去年、長らく会っていない友達と再会して、手をつないで歩く夢を見たのですが、
(しかも相手の手のひらの感覚が目覚めた後もはっきりと残っているような)
その1週間後にきっかけがあって連絡が入る、というドリカムがありました。
手はつないで歩きはしなかったものの。

しかし今回の夢はどうころんだって、そうはいくまい。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-11 02:05 | 今日ノ出来事
2010年 01月 07日

訳違いか?

ドンキホーテの家電売り場を通り過ぎた時に、
ふと耳に入ったフレーズがどうも気になりまして。
そのモニターでは、深夜のテレビ通販でも見たことがある
小さなミキサーの実演PVが流れていました。
あの、よくある、アメリカ人の男女が盛り上がるタイプの。

そのミキサーはすごく簡単な操作で
手早くジュースやら粉砕やらができるらしい。

出来栄えを見た女の人の一言。
「あら!マジックみたいに簡単ね!」

ん?待て待て。
「マジックみたいに簡単」て、どういう意味?
マジックは決して簡単じゃないし、
それがマジックをやらない人に分かってたまるかい。

日本語吹き替えになっているので、もともと何と言っているのかは不明。
単純に考えると
very easy!
like magic!
だけど、これだったら「とっても簡単ね!マジックみたいに素敵だわ!」くらいでいいじゃん。
それは「マジックみたいに簡単」とは違う。

日本語はちょっとした言葉のパズルで、
不可解なものになりますな。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-07 01:32 | 今日ノ出来事
2010年 01月 03日

新年早々

初物は縁起が良いといいますが。
兄弟喧嘩をしましたさ。

うちの兄貴というのは私に輪をかけておかしな人なのですが、
「蘊蓄が多く」「面白くなく」「しゃべりすぎ」なのです。
しかも自分の意見は絶対的に正しい!という口ぶりで話をするのです。
蘊蓄が多くても、面白いならば良いですし、
面白いならしゃべりすぎてても良いのですが、
要素が噛み合わないのですなぁ。
聞いているとうんざりするのです。
年に1度、数日間聞いているだけでそうなのに、
一緒に働いている人とかは大丈夫なんだろうか?と思っちゃいます。

で、ちょっとしたテーマで言い争いをした後、
いよいよ堪忍袋の緒を切らしまして。
会話の輪にいる人の思想を思いやって、意見を聞いて、話をしたことがあるか。
自分の意見が絶対正しい!自分は正義だなんて間違っても思うな。
若ゾーが大人ぶった意見言っても、小生意気にしか聞こえないんだから。
身内がこんな不愉快に思うくらいなんだから、他人はもっとムカついているはずだ。
身内にすら気を遣えない人が他人に気を遣える大人のわけがない。
自分の話がちゃんと聞かれているかを観察して話を続けたほうがいい、
ただ話を垂れ流しているだけでは空気が読めないと言われても仕方がない。
等々、以上私の主張。

喧嘩というか、私が一方的に苦情を言ったような感じだけど。
30過ぎのいい大人に、なんちゅう苦情だか(呆)。

私は普段、聞き役&適度に突っ込み役というのが
コミュニケーション上での役割だと思っているので、
(筋道立てて話すことができないので、話の主導権を握るのは苦手です)
聞いてて面白くなく、突っ込みどころもないと、
コミュニケーションを成り立たせることができないのです。
話し上手、話好きというのは程よく合の手を入れるネタと間を与えてくれる人であって、
不思議と今まで、そういう人達に恵まれてきました。
兄貴は自分では話好きを自称しているらしいですが、
いやいや、それは違うよ、と思うわけです。
話好きなら、聞き役を大事にしなきゃ。

そんな新年早々の兄弟喧嘩でした。
あと1年は会わずに済むだろうから、まぁ、放っとけ。
[PR]

by pocket-xiao | 2010-01-03 00:35 | 雑言タハゴト