<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

あ。半分が。

終わってしまうよ2011年の半分が。
大厄の半分が!
なんて早さだろう。
この前桜見たばっかりだと思ったら、もう鉄線が咲いているもの。
うかうかしてたら紅葉が散っちゃう。

ブログを見返してみたら、3月下旬くらいからやたら
「体調が悪い」発言を連発していたことが判明。
かつてなく、長期間にわたって調子が悪かったみたい。
自分の良くないところは、
「そうはいっても、外に出て気分転換でもすれば良くなるでしょ」と
無理やり出掛けてしまうところ。
うで、結果、グロッキーになって帰ってくる、みたいな。

まえにもちらっと書きましたが、主に低血圧からくる諸々の不調なので、
完治するようなものでもなく、なんとなくうまく付き合うしかないみたい。
そうなのです、私、毎年の健康診断で、血圧が低すぎてB判定をくらう人なのです。
一般的に低血圧症は上100/下60以下が目安だそうですが、
私の場合、上80~90/下45~50がデフォルトなので、ばっちり条件満たしちゃってんのね。
何故今年に限ってこんなに症状がひどいのかは謎ですが。

頭痛とのぼせと目まいが毎日。特にお昼食べた後は酷い。
頭痛薬が手放せず、仕事が手につかなくなって非常に困った。
最初は更年期障害かと思った。。。若年性もあるっていうし。

ニキビも酷かったので、トータルに見てもらえそうな漢方医にかかりました。
で、漢方を処方してもらい、今は同じ材の市販の漢方を飲んでます。
いかんせんその漢方医がものすごい混んでいて、
初診で行った時は4時間も待たされた。
待たされるのもストレスになるので、2回通って、
あとは処方箋と市販の漢方薬の紹介とにらめっこして、市販に切り替え。
それとしばらくの間は辛い食べ物を極力避けていた。
急激に血の巡りが良くなるからか、気持ち悪くなってしまって。

この辺だいぶ改善されたので、漢方は継続だなぁと実感する。
症状無くても飲み続けてた方がいいみたい。

あと半分はずっと元気でいよう。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-30 02:12 | 今日ノ出来事
2011年 06月 26日

ハッピーエンドじゃなきゃ。

今週末も東京で過ごしてました。
金曜日に有休を取ったので三連休だったのだけど、
一週間くらいに感じる、良質な休日でした。

金曜日は三ヶ月のブランクをおいての日舞のお稽古。
意外にちゃんと体が動くことに自分でびっくりする。
習い始めの四年目に三ヶ月休んだ後は、
何もかも抜け落ちて大変だったけど、
八年過ぎて三ヶ月休んでも、体は覚えていてくれるらしい。

土曜日も午後イチでお稽古を入れてもらった。
前日「足が痛くなって明日踊れないと困るから、控え目よ」と、
短めのお稽古だったにも関わらず、
すっかり前腿が筋肉痛で階段の登り降りが辛い状態に。
不思議とお稽古中は痛みは無いんだけど、
終わると途端に立ち上がれなくなる感じ。

ぎこちない足取りで渋谷へ。
シアターコクーンでコクーン歌舞伎を見る。
「盟三五大切」救いようの無い話。
役者は良かった。
中村橋之介も尾上菊之助も中村勘太郎もすごい良かった。
しかし凄惨なイメージを拭えない、拭わないまま幕が降りるのは、
私にはちと辛かった。
殺人者の心理を暗く掘り下げて、狂気をエグく描くのは構わないのだけど
それには「後始末(=地獄に仏)」が必要。
救われない、いたたまれない気持で劇場を出るのは辛い。
切られたまま終るイリュージョンを見たような気分。
やはり私はハッピーエンドじゃなきゃ嫌だな。

軽い頭痛を抱えて帰途につく。
劇場から出て携帯の電源を入れたら、
誕生日の贈り物をした相手からのお礼メールが届き、ふわっと心が軽くなる。
今日一番に幸せな瞬間。
その後、脳みそが疲れきったような睡魔がきた。

気晴らしに深夜まで漫画を読みふける。
その内に同居人が帰ってきたので団欒。
ありゃ、いつの間にか朝だよ。

日曜日は手品仲間とアジア飯。
秋のショーの話とか、カメラの話とか、昨日の歌舞伎の話とか。
私が元気でいることをとても喜んでくれた。
私は基本、人の心配ばかりして、
親も含め、自分の心配をしてくれる人に気がつかないことが多い。
いつもすみません、ありがとうございます。

そろそろ名古屋に着くようです。
家を空けていたのはたった三日間なのに、
久しぶりに海外から帰って来た!くらいな感覚です。不思議。
このパラレルワールド気分は悪くない。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-26 22:02 | 今日ノ出来事
2011年 06月 24日

ノミカイダラケ

出向先のグループ会社全体が7月1日に人事異動があるので、
壮行会やら席の配置替えやら、てんやわんやです。
月末で書類の〆も多いのに、仕事がはかどらないことこの上ない。

毎日壮行会。
昨日は名古屋若手の会。
(そんなに若くないのに、どうやら見た目だけで呼んでもらえたっぽい。
だって、ほとんど二十代だったもの。。。)
世間一般の二十代の社会人って、飲み会でふつーに恋愛話とかするんだね。へー。
今日は部飲み(有休取ってたのでパス)。
月曜日は仲良しグループでの飲み。
火曜日は女子会。
この他にもランチ会など。

残業が出来ないので、異動がからんでいる人は、
引き継ぎや業務引越しがなかなか進まないらしい。そりゃそうだ。

ちなみに今日の部飲みは、いわゆる「宴会場」らしい。
お座敷で、お膳で、瓶ビールで、みたいな。
私が来てから、このスタイルはすでに三回目である。
今どきそんなん有り!?と最初は思ったが、
おじさんだらけの部だからね、こんなもんか。

宴会場はお酒注いで回ったりとかの風習が、嫌い。
気を使うのが嫌いなのではなく、
「すみません、ビール飲めないんで」って、毎回断るのがめんどくさい。
それに、ビール注ぎに来られて、飲まないのも失礼だよなと思って、
一口飲んでも、やっぱり美味しくないからブルーになるだけで、
なんか、いろいろいたたまれない。
プラス、お膳というものは、そんなに美味しいものではない。
基本、冷めてるし。量少ないし。

あと三ヶ月で私の出向復帰だが、送る会とかやってくれるのかしら。
宴会場じゃない方向でお願いしたい。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-24 10:28 | 今日ノ出来事
2011年 06月 21日

幸せだなぁ 2

日曜日はサークルのOB会。
現役生の演技を見て、あーだこーだ言う会。

の前に、吉祥寺で色々お買い物。
まず改造中の吉祥寺駅で出口迷子&ロッカー難民になりかける。
普段使うことのない京王改札側のロッカーでようやく中型発見。
買い物。やっぱり新ユザワヤは良くない。
欲しいものは見つかったけど、選択肢は狭いなぁ。

OB会。
ここ数年は「良かった」「楽しかった」「面白くない」「意味がわからない(伝わらない)」の
4パターンのどれかを言い、なんでそう思ったか、を伝えている。
と、なるべく、私だから気付くこと、を言うようにはしている。
それをどれぐらい納得できるか、理解出来るか、なのよね。
ハードルは下げて言うけども。

名古屋に戻らなきゃいけない大命題があったので、交流会はパス。
こうやって、段々に後輩の顔と名前が分からなくなっていくのだ。
近いOBとは久々にたくさんしゃべった。
やっぱり何年経っても楽しいところです、うちの部は。
今年の夏はたくさん遊べるといいなー。

批評会の最中、急に熱っぽく語ったものだから、
血圧が急激に上がったせいだからだと思うけど、酷い頭痛がおこって、
でもしばらくしたら治った。
少し前だったらたぶん治らなかったと思う。
体調が確実に良くなってるのが、確信できて嬉しかった。
(簡単に言うと、ここ数ヶ月、
低血圧症が業務や日常に支障をきたすくらいひどかったのだ)

ほんとにこの週末は楽しかった。
これまでしばらくもやもやしてた分を遊び倒した気分。
実に爽快也。
これでまた、ぼちぼち仕事しまさぁ。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-21 01:41 | 今日ノ出来事
2011年 06月 18日

幸せだなぁ

久々に出張での(=会社のお金での)上京。
金曜日はおもちゃショー見学。
いろんなブースで馴染みの営業さんと絡んだり絡まれたり。
品川本社に立ち寄って、以前一緒に仕事してた方々に4ヶ月ぶりに再会。
口々に「痩せた?」と聞かれる。
まぁ、少し顔肉は落ちましたが。
そして口々に「売上数字見たよ、すごい売れてるね!」と褒められる。
別れ際に「体壊さないでね」と心配される。

わ。なんか、温かくて泣きそう。

都内を少し北上して、この日発売の愛読雑誌(ワンダージャパン)をゲット。
人待ちの間に、喫茶店で読みふける。
鹿児島にとても素敵なレンガ建築があるらしい。一目惚れ。
いずれ見に行こう。

また行きたいところが増えたよ。
楽しみが尽きなすぎて、ニヤニヤしちゃう。

夜、友人の行きつけの寿司屋に連れてってもらう。
お客さん同士が仲良くて良い雰囲気。
むちゃくちゃはしゃいで、むちゃくちゃ笑った。
毎日それなりに楽しんでるつもりだけど、
もっとうんと楽しいことは、まだまだある。

かなりエネルギー使ったけど、心の栄養がたまった。
こうやって毎日の活力を養うってほんとに大事。

そして終電を見送って、そのまま友人宅へ収容される。
私は人に頼られたい人なんですよね的な話し。
この時期に東京に居ない自分の身の上が口惜しい。

スーツ着て朝帰りってさ。
埼玉アネックス帰って身支度してまたすぐ出掛ける。
この日は姫と買い物デート。
買い物っても手品用の素材ですから!
浅草橋の改札を出るところで、前に見覚えのある白髪+ジーンズの老人を発見。

あ、あれは!
手品界の仙人!

ということで仙人をゲット。
姫と一緒に蕎麦とぜんざいをご馳走になる。
ちなみに私が街中で仙人に会ったのはこれが二回目である。

造花を物色。なかなかに気に入ったものが手に入りました。
来週から花束作りだ。
浅草に移動し、姫ご所望の和小物を物色。

お茶の後、姫のお宅訪問。
トイプードルにめちゃめちゃに指をあまがみされる。
人懐っこい、いい子でした。

家主帰宅後、三人で外食。
なんじゃその豆腐サラダ、何人前だよ!?みたいな。
「トリクリームチーズ焼き」の正体が知れて、満足でした。

二日間連続で継続的に楽しいなんて、素敵すぎる。
明日はサークルのOB会だし、ほんとにこの出張は有意義だ。

ここ二、三ヶ月、仕事が忙しいことと、諸々の体調不良で
積極的に人と会うことを無意識に避けていたようなのだけど、
今回のでだいぶ自分の体力や社会性が復活していることがわかりました。
大好きな夏に向け、本調子を取り戻せそうです。
四ヶ月近くお休みしていた日舞も、今月末から再開することにしましたし。

とにかく今週末は「なんだか今すげー幸せだなぁ」と思うことが何度もありました。
付き合ってくださった皆さまのおかげです。
ほんとうにありがとうございました。

来週は四日間仕事して三連休。
再び都内でまったり過ごす予定。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-18 23:21 | 今日ノ出来事
2011年 06月 17日

ダサいとおしゃれの紙一重っぷり

季節柄、雨がちなわけですが。
今年はおしゃれレインブーツがよく売れているとか。
レインブーツというか、長靴。
靴は結構好きなので、靴屋さんやネットショップをよく覗くのですが、
(というかスーツに合う、とんがり低ヒールパンプスを探しているのだけど、
なかなかちょうどいいものが見つからなくて困っているのだ。。。)
スニーカーっぽいデザインの長靴、編み上げブーツっぽい長靴、
確かにかわいいもの、おしゃれなものが多い。

で、雨の日はそういうのを履いている人も多く見かけるようになった。
おしゃれ、かわいいが3分の2。
あとの3分の1は、残念ながらダサいにくくられてしまう。
その足元、どうみても魚屋のおかあさんにしか見えない。。。

シンプルなデザイン、黒や紺やカーキといった色の「レインブーツ」は、
残念ながら本当に「長靴」にしか見えないのだ。
カンペールとか、物が良いし、シンプルで何にでも合いそうで、
買いたくなってしまう気持ちは分らないでもないけど、
あれはヨーロッパ人の脚にはかれてかっこいいのであって、
日本人の脚に履かれた瞬間、長靴になってしまう気がする。

シンプルなレインブーツ、買おうと思ったけどあきらめた理由。
特に身長の低い私には不向きすぎる。

今はむしろレインコートが欲しい感じ。
使う機会があるわけではなく、たぶんほとんど使わないんだろうけど、
気が付いたら雑貨屋で探している自分がいる。

でも梅雨は早くあけてほしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-17 00:54 | 雑言タハゴト
2011年 06月 15日

昭和の芸人は偉大です

先日、おそらくテレ東系だと思うのだけど、
ベテラン漫才師・漫談師が集まっての番組があった。
ケーシー高峰の医学漫談をテレビで見たのなんて、
15年ぶりくらいだろうか。とても珍しい。

その中で、あした順子と内海桂子の漫談があって、
これは演芸ファンなら「何ィ!?」と驚く組み合わせ。
超ベテラン女性漫才師2人が並ぶ絵は、
ものすごい神々しい感じでした。
もう二度と見られないかも。

桂子師匠が最後に、「奴さん」という御座敷舞を踊ったのだけど、
御歳89歳で、きちんと体が動くのを見てびっくりした。
確かにおばあちゃんなりの動きではあるのだけど、
身に染み付いている所作は、きちんとしていた。
こういうおばあちゃんは素敵だなぁ。

エンディングのトークで、桂子師匠が
「あした順子は”妻(づま)”もできるんだよ」と言っていた。
手つきが手品だったので、”妻”はおそらく”手妻”のことだと思うけど、
それは初耳。
苦労してきたであろう昭和の芸人さんだから、
わりと何でもできるんだろうなぁ、というのは、なんとなく想像がつくけど。
それにさらっと”妻”という言葉が出てくる桂子師匠もすごいや。

昭和の芸人さんもだいぶ少なくなってきてしまいました。
今見ないと、一生後悔するような。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-15 00:41 | 今日ノ出来事
2011年 06月 11日

どこいく

ここ半年、どっか行ってばっかりのような印象がありますがね。
今年の夏~秋は、行きたいところがいっぱいです。

①「はやぶさ」に乗って青森に行く
今、JR東日本のエリア内で1日1万円で乗り放題のフリー切符を販売している。
指定席の手配さえすれば、新幹線にも乗れちゃう。
仙台以北に行くなら、断然お得。
どうせ行くなら、新型車両のはやぶさに乗りたいじゃない。
難点は、私は今名古屋にいるということ。。。
まず東京まで出ないといけないのね。

飛行機だったら小牧から青森まで、FDAが週末1往復だけ飛ばしているらしい。
これもちょっと興味アリ。

とにかく、東北に少しでもお金を落とすのだ。
東北に、1人でも多く行くのだ。

②立山黒部
これは名古屋だからこそ行きやすい。
黒部ダムの観光放水が6月下旬から。
確か時期になると、立山黒部をつっきるいろんな乗り物に乗れるフリーパスが
発売されるはずだが。去年ちらっとそんなパンフを見た。

頭の中ではずっと「地上の星」が流れるんだろうな。

③Japanese beauty HOKURIKU
というキャンペーンを去年やっていて、ポスターのセンスがとてもよく、
北陸行ってみたくなった。
鯖江でメガネを作るか。

④山陰山陽ぐるっと
名古屋→神戸(明石海峡大橋リベンジ)
→広島(修学旅行ぶりの宮島)
→瀬戸内のコンクリ船とか見る。このエリアは戦争遺産が多い
→山口(秋吉台)
→島根(出雲大社再訪、石見銀山遺跡)
→鳥取(鳥取砂丘再訪)
→大阪経由→名古屋

前回天候不良などで不発だった場所を中心に(鳥取砂丘も前回雨)。
3泊4日ぐらいですかね。9月かな。

泊まりが絡むのはこんなところでしょうか。
他にも飛騨高山とか長浜、近場では犬山とか、東海エリアはいくつかあります。
うん、まだまだまだまだ日本は楽しい。

ベッキ―の曲の歌詞に「きれいな景色を見ると 君にも届けたくなるよ」
というのがありますが、これってそうだなと思います。
私は「きれいな景色」ばかり見て回っているわけではないですが、
自分が見て「おぉ!」と思ったことは、周りの人にも見てもらいたいのです

4月半ばぐらいからちょっと前まで、あまり体調が良くなかったみたいで、
休日に少し出歩いただけで、ものすごく疲れてしまったり、
頭痛が止まないことが多々あったのですが、
(気分転換しよう!と思って外に出て、かえって具合が悪くなってしまうパターン。)
このところ前の健全な状態に戻ってきたようです。
梅雨が明けたら、あちこち遊び歩くいつもの生活に戻ります。
「どこいく」のタイトルを見たら、
またどこかほっつき歩いているのか、と思っていただければ。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-11 00:57 | 雑言タハゴト
2011年 06月 08日

おうちでイタリアン

b0024051_146078.jpg

b0024051_146056.jpg

新潟弁でいうところの「イタリアン」。
分かりやすく言うと、焼きそばにミートソースをかけた、
古くからある新潟のB級グルメです。
「みかづき」というファストフードチェーンで食べられます。

先日、実家に帰った時にスーパーで監修品を見つけ、
名古屋まで保冷剤抱かせて持ってきました。

再現度は80%くらいですかね。
炒めすぎるくらい炒めると本物に近くなる。
当たり前だけど、お店のほうが美味しいや。
お店で出来ない食べ方をしようと思って、とろけるチーズのせてみたけど、
元々の味の濃さにチーズが負けてしまい、意味無し。

今度は冷蔵便で送ってもらうかな。
カレー味もあるらしい。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-08 01:46 | 今日ノ出来事
2011年 06月 05日

カメラ記念日

一眼デジカメ買ってから、ちょうど1年です。
よく私の旅のお供をしてくれています。
今までとはちょっと違う目線での旅をするようになりました。
もしくは、「物が綺麗に見える角度」を探すようになりました。
もちろん自分の主観でしかないですけどね。

特徴のあるのを何枚か。

半年ぐらい前に望遠のレンズを買い足して、
「月の表面の撮影が可能」と売り文句にあったのを試してみたとき。
これを撮った時は「うは。ほんとだー!」と喜。
b0024051_01447.jpg


夜景をブレずに取るのは難しいと実感した日。
四日市の工場夜景を、コンビナート隣接の展望ビルから。
b0024051_0174335.jpg

目に見えるのはここまでは明るくないのだけど、
写真にしてみるといろんな色の光を拾っていることが分かって、新しい発見。

同じく四日市のコンビナートの一景だけど、こういうのも有りかと。
b0024051_0222131.jpg

この1枚は1年のベストショットかもしれないくらい、気に入っています。

長瀞の夜紅葉を見に行った時の。
闇夜の紅は格別に美しいものでした。
b0024051_0571720.jpg


熊野古道の竹林。竹取の翁になった気分で。
一番の異世界体験だったかも。また行きたい、ここは。
b0024051_0285425.jpg


神がかり的だった英虞湾の夕陽。
あれはずるかった、自分。
b0024051_030732.jpg


恋い焦がれた北海道のタウシュベツ川橋梁。
凍った湖の上を往復3時間歩いてきました。
いずれ崩れゆく運命を背負った建造物独特の雰囲気。
b0024051_0405412.jpg


その他多数。
人を撮るところに興味が向いていないので、
今のところ自然物か、建造物か、どっちかです。
くくり的にはカメラ女子なんだろうだけど、テーマが女子じゃない。

1年経って、同じ機種が値崩れしているのを見るとちょっとへこみます。
気に入っているので、長く大事に使います。
少し前にレンズプロテクターをボディカラーに合わせて赤いふちにしました。
今年はどこかのタイミングで広角のレンズを買いたいです。
あとはカメラを持っていきやすいリュックを(今のは小さすぎる)。

来月ボーナスかぁ(ぼそ)。
[PR]

by pocket-xiao | 2011-06-05 00:54 | 今日ノ出来事